カテゴリー別アーカイブ: Skyfall

『007/スカイフォール』

チャリング・クロス駅で『007/スカイフォール』ロケ地ツアー実施へ

ロンドン交通博物館(London Transport Museum)は2019年夏、映画『007/スカイフォール』のロケ地となった地下鉄チャリング・クロス(Charing Cross)駅のツアーを開催します。

これは同博物館が実施している「Hidden London」の一環。このプログラムでは、通常は立ち入り禁止となっている廃棄された駅や施設を専門ガイドが案内しています。

地下鉄チャリング・クロス駅には、Bakerloo線とNorthern線の2路線が通っていますが、同駅には他にも数十年前から一般には利用されていないJubilee線のプラットホームや線路などの施設が残っており、映画撮影などで利用。『007/スカイフォール』でジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)がエスカレーターを滑り降りたり、ホームで走るシーンもこの場所で撮影されています。

同ツアーは2015年と2018年にも実施されましたが、2019年はツアー直後に博物館のキュービック・シアターにて『007/スカイフォール』上映も行われます。

ツアー開催日は、2019年5月4日・5日・19日、7月20日から8月4日までの土曜と日曜のみ。所要時間は約4時間で、ツアー開始時刻は12時30分、映画上映開始時刻は14時15分。チケット料金は大人65ポンドで、これにはツアーの他に、博物館見学、『007/スカイフォール』上映、マティーニ、ポップコーンが含まれています。

チケットの一般発売は3月8日からインターネットで。先行予約の対象者は、博物館のチャリティ会員かニュースレター購読者(現地時間3月6日夜までの登録者)のみとなっています。

『007/スカイフォール』の『Skyfall in Concert』が英で2019年開催

イギリスのRoyal Albert Hallは、『Skyfall in Concert』の開催を発表しました。これは、フル・オーケストラによるスコアのライブ演奏をバックに映画を上映するイベントで、「Film Concerts Live!」が手掛けています。

映画007シリーズでは、第21作の『007/カジノ・ロワイヤル』が初めて選ばれ、そのワールド・プレミアが2017年にRoyal Albert Hallで実施。今年は東京でも日本初開催されました。

今回はその第2弾として、第23作『007/スカイフォール』を世界初開催。Royal Philharmonic Concert Orchestraが、トーマス・ニューマンの手掛けた同作スコアを生演奏します。

開幕前には、007シリーズ5作で作曲を担当したデヴィッド・アーノルドの参加するQ&Aが予定。なお、『007/スカイフォール』でもアーノルドの曲『The Name’s Bond… James Bond』が一部引用されています。

『Skyfall in Concert』開催日は2019年10月4日と5日。開始時刻は14:30と19:30。チケットの優先予約は11月29日から、一般予約は11月30日から。Royal Albert Hall公式サイトで購入可能です。

『007/スカイフォール』サントラのヴィニール限定盤が米で発売へ

Brookvale Records は映画『007/スカイフォール』のサウンドトラックLPレコードを、アメリカで2017年11月17日にリリースします。

ヴィニール向けリマスターを使用。ブラックの180g重量盤と、ブラック&ゴールドの2種類。どちらも2枚組計4面で30曲を収録し、3Dジャケットには16ページのブックレットを封入。それぞれ500組限定となっています。

なお、アデルの主題歌は収録されていません。

『007/スカイフォール』の絵画を男が傷つけ逮捕 英ナショナル・ギャラリーで

Daily Mail Online(2017年3月19日付)によると、映画『007/スカイフォール』ロケ地として知られるロンドンのナショナル・ギャラリー「ルーム34」で3月18日、男が絵画をドライバーで傷つけ逮捕されたようです。

被害を受けた絵画はトマス・ゲインズバラの『Mr and Mrs William Hallett – “The Morning Walk”』(ウィリアム・ハレット夫妻:朝の散歩)。購入時の価格は3万ポンドでしたが、現在は数百万ポンドの価値がある模様。

男はその場でスタッフらに取り押さえられ、警察に逮捕。「爆弾を持っている」と主張していたという未確認情報もあります。この事件のため、ナショナル・ギャラリーはイースト・ウィング(東館)を2時間に渡って閉鎖。現在、ゲインズバラの絵を壁から取り外して損傷の程度を確認中ですが、少なくとも二本の長い傷が見られるようです。

「ルーム34」は『007/スカイフォール』でジェームズ・ボンドとQが落ち合う場所。スクリーンではボンドの座る後にゲインズバラのこの絵が映っています。

『007/スカイフォール』のアデル 主題歌を一旦辞退し後悔

Daily Mail Online(2017年3月11日付)によると、アデルは007主題歌のオファーを一旦は断っていたそうです。

オーストラリアの各都市をツアー中のアデルは、3月11日夜に開催されたシドニーでのコンサートに登場、聴衆に『007/スカイフォール』の裏話を披露しました。

彼女の話では、6年半から7年ほど前に初めて主題歌の依頼があったのだそう。その時のアデルはわざと気難しい人間を演じていたようで、注意を引きつける為に様々な誘いを断り続けていたとのこと。その流れで007主題歌の話も断り制作側から他をあたると言われた時には、「しまった、ちょっと待ってよ」と後悔したのだとか。

その後、幸いにもチャンスは再び巡り、オファーを受諾。アデルの歌った『007/スカイフォール』主題歌はアカデミー歌曲賞を受賞しています。

『007/スカイフォール』 ピーター・モーガン版のあらすじが明らかに

Digital Spy(2015年11月19日付)は、10月にイギリスで出版された映画007シリーズの解説本『Some Kind of Hero: The Remarkable Story of the James Bond Films』から、ピーター・モーガン版の『007/スカイフォール』あらすじを紹介しています。

シリーズ第23作『007/スカイフォール』(2012)で当初、脚本家として加わっていたのがピーター・モーガン。彼の作り上げたトリートメント(あらすじ)の題名は『Once Upon a Spy』で、冷戦時代からスタート。ジュディ・デンチの演じる「M」はその頃MI6のエージェントとしてベルリンに駐在しており、KGBエージェントと男女の関係に。男が亡くなって30年後、息子がMを脅迫。Mは解決のためジェームズ・ボンドを送り込みますが、最後にはボンドがMを殺す事態へと発展するそうです。

しかしモーガンのあらすじは『007/スカイフォール』のサム・メンデス監督やプロデューサーらによって却下。モーガンは『007/スカイフォール』の脚本家を降りることになりましたが、『007/スカイフォール』ではシルヴァがMを「mother」と呼ぶシーンもあり、完成版にはモーガンの影響が色濃く残ったと言えそうです。

なお、モーガン後は007シリーズ常連コンビのニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドが新たに脚本を執筆。最初の草稿『Nothing is Forever』では、バルセロナの地下鉄が爆破されるという設定だったとのことです。

インドの元鉄道大臣 『007/スカイフォール』撮影許可の条件を語る

Times of India(7月14日付)によると、インドの元鉄道大臣ディネーシュ・トリヴェディ氏が2011年の在職中、同国内での『007/スカイフォール』ロケ撮影申請に対して自らが提示した条件について語りました。

この条件とは、列車の屋根の上に乗客を乗せたまま撮影しない、ジェームズ・ボンドがインド国鉄のブランド・アンバサダーを務めること、「インド国鉄はジェームズ・ボンドより強い」という台詞を加えること、の3点だったそうです。

プロデューサー側は2番目と3番目の条件を承諾したそうですが、ジェームズ・ボンドが屋根で闘うという見せ場は削れない為、最初の条件が受け入れられずインドでの撮影計画を撤回。その替わりとしてトルコで撮影が行われることになりました。

『007/スカイフォール』のトム・フォード・スーツがオークションに

イギリスの映画学校 National Film and Television School(NFTS)によると、ロンドンで6月18日夜に NFTS 2014 Gala が開催されます。このガラは女性、アジア系、LGBTなどマイノリティーの学生をサポートするためのチャリティ・イベントで、出席予定のゲスト俳優はジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグ、タンディー・ニュートン、ヒュー・グラントら。

また、Variety(6月17日付)によると、このガラで行われるオークションのために007プロデューサーのバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンがトム・フォードのスーツを提供。これは『007/スカイフォール』でダニエル・クレイグが着用したものとのことです。

スタントマンのダミアン・ウォルターズ 『007/スカイフォール』でキャリアのハイライトに

Daily Express(6月5日付)がイギリス出身の元体操選手で現在ではハリウッド映画のスタントマンとして活躍中のダミアン・ウォルターズを記事で取り上げています。

ダミアン・ウォルターズはマシュー・ヴォーン監督の最新作『Kingsman: The Secret Service』を終えたばかり。映画『007/スカイフォール』では悪役パトリスのスタントマンとして列車の上や上海のビルのシーンでジェームズ・ボンドと闘ったウォルターズ。それほど難しいテクニックは要求されなかったようですが、同作は自身のキャリアにおけるハイライトの一つだとコメント。ダニエル・クレイグや列車のファイト・シーンを経験できたのは素晴らしかったと話しました。

オールバー・ブラウン 『007/スカイフォール』効果で売上げアップ

Telegraph(5月27日付)によると、水着などのリゾートウエアで知られるイギリスのブランド、オールバー・ブラウン(Orlebar Brown)の業績が『007/スカイフォール』のおかげで伸び続けているようです。

2012年公開の『007/スカイフォール』では、ジェームズ・ボンドに扮したダニエル・クレイグが上海のシーン(実際はロンドン・カナリーワーフのプール)でオールバー・ブラウンのブルーの水着「Setter」を穿いて登場。ちなみにこれは同社から頼み込んだわけではなく、『007/スカイフォール』のスタッフ側が選んだ結果だったようです。

『007/スカイフォール』が公開された月は売上げが4倍に。クレイグの水着は1年半が経った今でも人気商品で順調に売れており、同社全体の売上げは昨年が700万ポンド、今年は1200万ポンドを見込んでいるとのことです。