カテゴリー別アーカイブ: SONY-MGM-EON

SONY/MGM/EON

「オフィシャル・ベルヴェデール007マティーニ」が発表に

映画007シリーズ公式サイト 007.com は2017年12月7日、ベルヴェデールとイオン・プロダクションがパートナーシップを締結したと発表しました。これにより「The Official Belvedere 007 Martini」が世界各地のバーで提供されることになります。

「007 Martini」のレシピは、ステアでなくシェイクしたベルヴェデール・ウォッカ(60ml)とドライ・ベルモット(10ml)にレモン・ピールを絞って添えたもの。ウォッカ・マティーニは、ジェームズ・ボンドが映画の中で飲むカクテルとして知られています。

ベルヴェデールは、『007/スペクター』でも同様のパートナーシップを結んでいました。

ブレイク・ライヴリー 『The Rhythm Section』撮影中の怪我で制作中断

The Hollywood Reporter(2017年12月4日付)によると、ブレイク・ライヴリーが映画『The Rhythm Section』の撮影中に手を負傷しました。

制作会社側が同誌に伝えた内容では、アクション・シーンを撮っている際の事故で、制作は中断しているとのことです。

12月3日には、アイルランドの首都ダブリンの街中で、ジュード・ロウと共にロケ参加しているブレイク・ライヴリーの様子が目撃されていました。

ジュード・ロウ アイルランドで『The Rhythm Section』撮影に参加

Daily Mail Online(2017年12月3日付)によると、ジュード・ロウが12月3日、アイルランドで映画『The Rhythm Section』の撮影に参加したようです。

彼の役柄は不明ですが、主人公ステファニー・パトリックを演じるブレイク・ライヴリーと共に、ダブリンの街頭で行われたロケ撮影に挑む様子が目撃されています。

『The Rhythm Section』は映画007シリーズで知られるイオン・プロダクションが制作のスパイ・スリラー。監督はリード・モラーノ。パラマウント配給で2019年2月22日に北米公開予定となっています。

『Film Stars Don’t Die In Liverpool』 英国公開始まる

映画『Film Stars Don’t Die In Liverpool』が2017年11月17日、イギリスの劇場で封切りとなりました。

制作は007シリーズで知られるイオン・プロダクション。プロデューサーは同社のバーバラ・ブロッコリら。

本作は、英国俳優ピーター・ターナーが執筆した、米女優グロリア・グレアムについての回想録『Film Stars Don’t Die In Liverpool』の映画化。グレアムは『悪人と美女』(1953)でアカデミー助演女優賞を受賞するなどハリウッドで活躍しましたが、ガンを患いターナーのリバプールの実家で看病されることに。

グロリア・グレアム役を演じるのはアネット・ベニング。ピーター・ターナー役にジェイミー・ベル。他、ジュリー・ウォルターズ、ヴァネッサ・レッドグレイヴらが出演します。監督はポール・マクギガン。

ブレイク・ライヴリー ダブリンで『The Rhythm Section』を撮影中

Daily Mail Online(2017年11月5日付)によると、ダブリン市街で11月5日、ブレイク・ライヴリーが映画『The Rhythm Section』の撮影に参加したようです。

ブレイク・ライヴリーが演じる役柄は、麻薬中毒の売春婦になりながらもスパイに転向する女。アイルランドでの撮影は約8週間に渡って行われる模様。監督はリード・モラーノ。制作会社はイオン・プロダクション、配給はパラマウント。2019年2月22日全米公開予定です。

バーバラ・ブロッコリ 『The Rhythm Section』は7年来のプロジェクト

The Hollywood Reporter(2017年11月2日付)は、バーバラ・ブロッコリとのインタビューを掲載しています。

現在、ハリウッドでは女性を主人公に据えたスパイ映画やアクション映画が流行中。シャーリーズ・セロン、ジェニファー・ローレンス、キーラ・ナイトレイなどが次々とスパイ映画で主役を演じることになり、ガル・ガドットの『ワンダーウーマン』も大ヒットを放ちました。

007シリーズを制作してきたイオン・プロダクションのバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンも今年7月にブレイク・ライヴリー主演のスパイ映画『The Rhythm Section』を発表。ブロッコリの話では、流行を追いかけたというより、同作の映画化は7年前から計画していたのだそうです。

この流行の背景としてブロッコリは、観客の半分は女性(イギリスでは52%)という点がようやく注目されたこと、その女性たちが従来とは変わったものを求めていること、を指摘しています。

『The Rhythm Section』 全米公開は2019年2月22日

Deadline(2017年10月30日付)によると、映画『The Rhythm Section』の全米公開が2019年2月22日に決まったようです。

配給会社はパラマウント。制作は007シリーズのイオン・プロダクション。プロデューサーは同社のマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリ。主演にブレイク・ライヴリー、共演はジュード・ロウ。監督はリード・モラーノ。既にアイルランドで撮影が始まっている模様です。

MGMが自社配給を復活 アンナプルナとの提携で

MGMは2017年10月31日、アメリカの劇場配給におけるアンナプルナ・ピクチャーズとの提携を発表しました。

この提携により、MGMはアンナプルナが構築したマーケティング・配給網を活用し、2018年3月からMGMの名の下でアメリカ国内市場での劇場配給を再開します。

007シリーズ次回作『Bond 25』の世界配給計画については「後日発表する」とのことですが、同作のアメリカ配給も今回の提携に含まれるのか、対象外なのか、明確になっていません。

なお、『Bond 25』は今のところ、北米公開日(2019年11月8日)のみが発表されています。

『The Rhythm Section』 アイルランドでの撮影は8週間を予定

The Hollywood Reporter(2017年10月19日付)によると、イオン・プロダクション制作の映画『The Rhythm Section』は、アイルランドで約8週間に及ぶ撮影を予定しているそうです。

同国の首都ダブリンと山間部で撮影が行われますが、それぞれロンドンとスコットランドのハイランド地方との舞台設定になっているらしく、脚本上にアイルランドは登場しないようです。

同作では他にもスペインなど複数の国でのロケが予定されているようですが、アイルランドでの撮影期間は、全体の半分以上を占めるとのことです。

MGMがゲイリー・バーバー会長との契約を延長 『Bond 25』配給会社とは未契約

The Hollywood Reporter(2017年10月5日付)によると、MGMはゲイリー・バーバーとの契約延長を発表しました。同氏は2022年12月までMGMの会長兼CEO職を続けることになります。

ゲイリー・バーバーはプロダクション会社 Spyglass Entertainment の創設者。2010年からは、MGMを支える投資企業の支持を受け、MGMの会長兼CEOに就任していました。

なお、現時点でMGMは、『Bond 25』の配給会社とまだ契約を済ませていないとのことです。