カテゴリー別アーカイブ: SONY-MGM-EON

SONY/MGM/EON

イオン・プロダクションが自社ウェブサイトを開設

映画007シリーズ制作会社のイオン・プロダクションが自社紹介のウェブサイトを公開しています。

URLは www.eon.co.uk

コンテンツは、イオン/ダンジャックの会社概要、同社代表を務めるプロデューサー、マイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリの略歴、同社の手掛けてきた映画・舞台の作品情報など。ニュース・ページもあり、007映画を含めた様々な最新情報が今後も随時掲載されるようです。なお、現在の形でサイトが公開されたのは、2017年末から今年頭の間と思われます。

映画『The Rhythm Section』 2018年6月に撮影再開か

Deadline(2018年2月5日付)によると、映画『The Rhythm Section』の撮影が2018年6月に再開される見通しのようです。

『The Rhythm Section』は主人公ステファニー・パトリックを演じるブレイク・ライヴリーが昨年12月にダブリンで手を負傷し、撮影が一時中断。1月に入りニューヨークで撮影に挑む姿が目撃されましたが、その直後に制作休止が改めて発表される事態となっていました。制作側はライヴリーの怪我の快復を待って、スペインで6月から撮影を再び始める模様です。

スパイ・スリラー映画『The Rhythm Section』の監督はリード・モラーノ。ブレイク・ライヴリーの他、ジュード・ロウも出演。プロデューサーはイオン・プロダクションのマイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリ。007シリーズで特殊効果などを担当しているクリス・コーボールドが参加との未確認情報もあります。配給はパラマウントで、当初発表された北米公開日(2019年2月22日)に変更はないようです。

映画『The Rhythm Section』制作が再び中断

The Hollywood Reporter(2018年1月29日付)によると、映画『The Rhythm Section』の制作が再び中断したそうです。

主演のブレイク・ライヴリーは昨年12月にダブリンで撮影中に手を負傷し、制作が一時ストップ。その後1月に入ってニューヨークで撮影を再開している様子が報じられていました。しかし、当初の想定よりも回復状態が悪く、2度目の手術が必要になったとのこと。撮影再開の目処は立っていない様子で、5ヶ月後になるとの観測も。これまでに撮り終えたのは予定の半分とのことです。

『The Rhythm Section』はイオン・プロダクションが制作するスパイ映画で、予算は約5千万ドル。ジュード・ロウ共演で監督はリード・モラーノ。パラマウント配給で北米公開は2019年2月22日となっていましたが、この予定が変更になるか今のところ不明のようです。

ソニー・ピクチャーズ会長 自社と映画業界の今後を語る

Variety(2018年1月17日付)によると、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントのトニー・ヴィンシクエラ会長兼CEOがマイアミで開催中のテレビ番組見本市NATPEに参加し、同社や映画・テレビ業界の今後について語ったようです。

公開トークの席でヴィンシクエラ会長は、先頃発表されたディズニーの21世紀フォックス資産買収に触れ、現在6社あるハリウッドのメジャー・スタジオは、今後数年内に3社か4社にまで減るとの見方を披露。

自社のソニー・ピクチャーズに関しては、「成長するか、さもなくば誰かに買収されてしまう」との危機感を露わに。巨大なIT系企業FAANG(Facebook、Amazon、Apple、Netflix、Google)がその気になれば、サイズ面で見劣りするソニー・ピクチャーズは踏み潰されるとも語りました。

会長は業界で生き残るためには、大きなスケールを保つことが必要と考えている様子。21世紀フォックス資産の買収劇でソニー・ピクチャーズは終始劣勢だったそうですが、現在も他社との新しい提携や合併などを通じた規模拡大を計画していることを明かしています。

ブレイク・ライヴリー ニューヨークで『The Rhythm Section』撮影中

Daily Mail Online(2018年1月13日付)によると、ニューヨークの街頭で1月13日、映画『The Rhythm Section』の撮影が行われたようです。

撮影には主演のブレイク・ライヴリーと共演者ジュード・ロウが参加。

ライヴリーは昨年12月にアイルランド・ダブリンでの撮影中に手を負傷、制作が一時中断していました。数日前にニューヨークで撮影された写真では、右手にサポーターを付けた状態で写っていましたが、撮影できるまでに回復したようです。

『The Rhythm Section』は007シリーズで知られるイオン・プロダクション制作のスパイ映画。監督はリード・モラーノ。原作・脚本はマーク・バーネル。配給はパラマウントで、北米公開予定日は2019年2月22日となっています。

『The Rhythm Section』 カディスで2018年1月撮影へ

Diario de Cádiz(2017年12月15日付)によると、スペインのカディス市は、同市で撮影されるイオン・プロダクション制作のスパイ映画『The Rhythm Section』への協力を発表しました。カディスでの撮影は2018年1月の開始予定。

12月19日には現地でエキストラの募集を実施予定。子供や70歳までの男女(人種・国籍不問)が参加できるとのことです。

『The Rhythm Section』のプロデューサーは、007シリーズを手がけるマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリ。アイルランド・ダブリンでの撮影中に主演のブレイク・ライヴリーが手を負傷、制作が中断するハプニングが発生しています。

カディスでは『007/ダイ・アナザー・デイ』(2002)でピアース・ブロスナンとハル・ベリーが参加するロケ撮影が行われ、キューバのハバナとしてスクリーンに登場。この他、トム・クルーズ主演のスパイ・コメディ『ナイト&デイ』(2010)も同市で撮影されました。

「オフィシャル・ベルヴェデール007マティーニ」が発表に

映画007シリーズ公式サイト 007.com は2017年12月7日、ベルヴェデールとイオン・プロダクションがパートナーシップを締結したと発表しました。これにより「The Official Belvedere 007 Martini」が世界各地のバーで提供されることになります。

「007 Martini」のレシピは、ステアでなくシェイクしたベルヴェデール・ウォッカ(60ml)とドライ・ベルモット(10ml)にレモン・ピールを絞って添えたもの。ウォッカ・マティーニは、ジェームズ・ボンドが映画の中で飲むカクテルとして知られています。

ベルヴェデールは、『007/スペクター』でも同様のパートナーシップを結んでいました。

ブレイク・ライヴリー 『The Rhythm Section』撮影中の怪我で制作中断

The Hollywood Reporter(2017年12月4日付)によると、ブレイク・ライヴリーが映画『The Rhythm Section』の撮影中に手を負傷しました。

制作会社側が同誌に伝えた内容では、アクション・シーンを撮っている際の事故で、制作は中断しているとのことです。

12月3日には、アイルランドの首都ダブリンの街中で、ジュード・ロウと共にロケ参加しているブレイク・ライヴリーの様子が目撃されていました。

ジュード・ロウ アイルランドで『The Rhythm Section』撮影に参加

Daily Mail Online(2017年12月3日付)によると、ジュード・ロウが12月3日、アイルランドで映画『The Rhythm Section』の撮影に参加したようです。

彼の役柄は不明ですが、主人公ステファニー・パトリックを演じるブレイク・ライヴリーと共に、ダブリンの街頭で行われたロケ撮影に挑む様子が目撃されています。

『The Rhythm Section』は映画007シリーズで知られるイオン・プロダクションが制作のスパイ・スリラー。監督はリード・モラーノ。パラマウント配給で2019年2月22日に北米公開予定となっています。

『Film Stars Don’t Die In Liverpool』 英国公開始まる

映画『Film Stars Don’t Die In Liverpool』が2017年11月17日、イギリスの劇場で封切りとなりました。

制作は007シリーズで知られるイオン・プロダクション。プロデューサーは同社のバーバラ・ブロッコリら。

本作は、英国俳優ピーター・ターナーが執筆した、米女優グロリア・グレアムについての回想録『Film Stars Don’t Die In Liverpool』の映画化。グレアムは『悪人と美女』(1953)でアカデミー助演女優賞を受賞するなどハリウッドで活躍しましたが、ガンを患いターナーのリバプールの実家で看病されることに。

グロリア・グレアム役を演じるのはアネット・ベニング。ピーター・ターナー役にジェイミー・ベル。他、ジュリー・ウォルターズ、ヴァネッサ・レッドグレイヴらが出演します。監督はポール・マクギガン。