最初のボンド俳優 バリー・ネルソン氏が亡くなる

Hollywood Reporter によると、ジェームズ・ボンドを最初に演じたアメリカ人のバリー・ネルソン氏が4月7日、89歳で亡くなりました。死因は不明です。

バリー・ネルソン氏は1954年、米CBSのドラマ・シリーズ “Climax!” の一エピソードとして放送された”Casino Royale” に、Jimmy Bond として登場。ショーン・コネリーに先立ち、世界初のボンド俳優となりました。

Bond 22 フレミングの短編『危険』は採用せず

The Trades によると、007シリーズ次回作 Bond 22 はイアン・フレミングの短編小説 “Risico” (『危険』)と無関係のようです。

イギリスの新聞などは、”Risico” が Bond 22 の原案になると報道しましたが、 『007/カジノ・ロワイヤル』の脚本家で、Bond 22 も担当するロバート・ウェイドがこれを否定しました。

ヴェスパーの恋人が悪役で登場するという噂について、ウェイドは「コメントできない」としています。

『007/ムーンレイカー』 1月28日の日曜洋画劇場で放送

シリーズ第11作『007/ムーンレイカー』(1979)が1月28日、テレビ朝日の日曜洋画劇場で放送されます。

ジェームズ・ボンド役にロジャー・ムーア、ボンド・ガールはロイス・チャイルズ、悪役はマイケル・ロンズデールです。

『007/カジノ・ロワイヤル』同様、イタリアのベネチアで撮影されました。

『007/カジノ・ロワイヤル』 中国でシリーズ初の上映へ

Yahoo! News (AFP) によると、『007/カジノ・ロワイヤル』が中国の映画館で上映される初めての007映画となります。

1月29日に開催される北京でのプレミアには、ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグ、ボンド・ガールのエヴァ・グリーン、マーティン・キャンベル監督らが出席します。

上映規模は1,000スクリーン以上で、外国映画としては最大規模のようです。

『007/私を愛したスパイ』 日曜洋画劇場で放送

1月21日の日曜洋画劇場(テレビ朝日)で007シリーズ第10作『007/私を愛したスパイ』が放送される予定です。

主人公のジェームズ・ボンド役はロジャー・ムーア、ボンド・ガールは現在リンゴ・スター夫人のバーバラ・バック、悪役はクルト・ユルゲンスです。監督はルイス・ギルバート、撮影は印象派画家ピエール=オーギュスト・ルノワールの孫、クロード・ルノワールが務めました。

腕時計はそれまでのロレックスに替わり、セイコーが初登場。ボンド・カーはロータス・エスプリです。

『007/カジノ・ロワイヤル』 英アカデミー賞で9部門ノミネート

『007/カジノ・ロワイヤル』が英国映画テレビ芸術アカデミーが授与するBAFTA賞の9部門でノミネートを受けています。

ノミネーション・リストには、主演男優賞としてダニエル・クレイグも含まれています。またエヴァ・グリーンは Rising Star Award でノミネートされました。

授賞式は2月11日にロンドンで行なわれます。

『トゥモロー・ネバー・ダイ』 日曜洋画劇場で放送

テレビ朝日の日曜洋画劇場で、1月14日、007シリーズ18作目『トゥモロー・ネバー・ダイ』が放送されます。

ジェームズ・ボンド役は5代目のピアース・ブロスナン。メインのボンド・ガールにはアジア人として2人目となるマレーシア出身のミシェル・ヨー。悪役はジョナサン・プライス。監督はロジャー・スポティスウッドです。