ヤング・ボンドの小説第3弾が発売に

BBC によると、1月3日、ロンドンの書店で、少年ジェームズ・ボンドを主人公にした小説 “Young Bond” シリーズ第3作の題名が “Double or Die” と発表されました。

これは3つの候補名(”Double or Die”、”N.E.M.E.S.I.S.”、”The Deadlock Cipher”)から一般投票によって選ばれたものです。

著者はチャーリー・ヒグソン。イギリスでは1月4日から発売されます。

『007/カジノ・ロワイヤル』 シリーズ最高の興収記録

12月24日の Variety によると、『007/カジノ・ロワイヤル』の世界興行収入合計額は4億4800万ドルとなり、前作を抜いて007シリーズの最高記録となりました。

ただし、入場者数ベースでは、1965年の『007/サンダーボール作戦』が最大のヒット作です。

『007/リビング・デイライツ』が日曜洋画劇場で放送

12月17日午後9時からの日曜洋画劇場(テレビ朝日)で、『007/リビング・デイライツ』が地上デジタル・ハイビジョン初放送となります。

『007/ リビング・デイライツ』は1987年製作のシリーズ第15作目。主演はジェームズ・ボンド役にティモシー・ダルトン、ボンド・ガールはマリアム・ダボ。悪 役はジョー・ドン・ベイカーらです。監督はジョン・グレン。音楽はこれを最後に007シリーズを引退するジョン・バリーが担当、カメオ出演もしています。

『ワールド・イズ・ノット・イナフ』 12月3日地上波で放映

007シリーズ第19作『ワールド・イズ・ノット・イナフ』が12月3日午後9時から日曜洋画劇場(テレビ朝日)で放送されます。

出演はジェームズ・ボンド役にピアース・ブロスナン、ボンド・ガールはデニース・リチャーズとソフィー・マルソー。マイケル・アプテッド監督作品です。

『007/カジノ・ロワイヤル』写真展 伊勢丹で開催中

東京の伊勢丹新宿店メンズ館にて、『007/カジノ・ロワイヤル』の写真展が開催されています。

エレベーター側壁に劇中シーンの写真が飾られているほか、幾つかのフロアでは007をテーマにした商品ディスプレイも実施されています。正面玄関前にはアストンマーティンが展示中です。

伊勢丹によると、この写真展は12月5日まで、アストンマーティン展示は12月3日までとなっています。

 

 

 

 

伊勢丹前のアストンマーティンDB9

『007/カジノ・ロワイヤル』のタキシードが競売に

BBC によると、映画『007/カジノ・ロワイヤル』でジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグが着用したブリオーニのタキシードがオークションに出品されます。

このオークションはイギリスの ChildLine によって開催されるチャリティ・イベントです。入札は12月1日から受付開始で、9日が最終日のようです。