イギリスで007切手が発売予定

イギリスの Royal Mail では、007小説の著者イアン・フレイングの生誕100周年と、処女作『ドクター・ノオ』の出版50周年を記念して、小説の表紙をデザインに採用した切手を発行することになりました。

選 ばれた小説は “Casino Royale” (『カジノ・ロワイヤル』)、”Dr. No” (『ドクター・ノオ』)、”Diamonds are Forever” ( 『ダイヤモンドは永遠に』)、”For Your Eyes Only” (『薔薇と拳銃』)、”From Russia with Love” (『ロシアから愛をこめて』) で、2008年1月8日から発売されます。

マネーペニー役のロイス・マックスウェル亡くなる

BBC によると、2007年9月29日、ジェームズ・ボンドの上司 M の秘書、マネーペニー役で知られるロイス・マックスウェルさんがガンのためオーストラリアの病院で亡くなりました。80歳でした。

マッ クスェルさんは1927年カナダ生まれ。ロジャー・ムーアと同時期にロンドンの王立演劇学校へ通いました。ミス・マネーペニーを演じたのは、1962年の シリーズ第1作『007/ドクター・ノオ』から1985年の『007/美しき獲物たち』までで、007シリーズ連続出演記録(14作)を持っています。

Bond 22 イタリア・トスカーナで競馬シーンを撮影

Italy Magazine によると、2007年8月16日、007シリーズ第22作の撮影がイタリア・トスカーナ州のシエナで行なわれました。

この日はパリオと呼ばれる伝統の競馬を14台のカメラが撮影、ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグも現地入りし、レースを見学したようです。

シエナでは来年早々、再び撮影が行なわれる予定です。

『007/ダイ・アナザー・デイ』 9月14日に地上派で放送予定

9月14日、日本テレビの『金曜ロードショー』枠で21時03分より、2002年制作のシリーズ第20作『007/ダイ・アナザー・デイ』が放送されます。30分の拡大版です。

ジェームズ・ボンド役はピアース・ブロスナンで、オスカー女優のハル・ベリーが共演しています。監督はリー・タマホリです。

Bond 22 オーストリアがロケ地に?

オーストリアの公共ラジオ放送 ORFによると、007シリーズ第22作(Bond 22)のロケ地として、オーストリアのブレゲンツが候補に挙がっています。

6月末、毎年開催されているブレゲンツ音楽祭の会場へ、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリ、マーク・フォスター監督のほか、撮影監督らがロケハンに訪れた様子です。

計画が実現すれば、2008年春に3日間撮影が行なわれるそうです。

ダニエル・クレイグ イギリスで最も稼ぐ俳優に?

イギリスのタブロイド新聞 Sunday Express によると、ジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグは、全英で最も高い出演料を受け取るかもしれません。

『007/カジノ・ロワイヤル』の成功を受けて、007シリーズ製作会社のイオンはクレイグへの報酬を次回作で500万ポンド、その次は800万ポンドと、当初の契約金額の2倍に引き上げるようです。

007次回作 チェコの撮影所は使用せず

Variety によると、007シリーズの次回作 Bond 22 では、チェコのバランドフ・スタジオを使用しないようです。

007映画の製作会社イオン・プロは、チェコ政府の映画製作に対する財政支援が足りないことをその理由としてあげています。

チェコの首都プラハにあるバランドフ・スタジオは、『007/カジノ・ロワイヤル』の拠点撮影所として利用されました。Bond 22 ではこれまで007シリーズのほとんどが製作されてきたパインウッド・スタジオに戻ります。