タグ別アーカイブ: 「Q」

『Bond 25』のQもベン・ウィショー同様ゲイか

ET(2019年6月14日付)は、007シリーズのQ役ベン・ウィショーとのインタビューを掲載しています。

インタビューの2週間後に『Bond 25』の撮影をスタートするというウィショーは、この時点で台本をまだ読んでいないとのことで、一抹の不安を抱えているようです。

インタビュー実施日は不明ですが、ニューヨークの舞台『Norma Jeane Baker of Troy』の上演期間中とのことで、5月と思われます。

ウィショーの他にもレア・セドゥやナオミ・ハリスなどがクランクイン後も台本がないことを明かしていました。キャリー・フクナガ監督やフィービー・ウォーラー=ブリッジは脚本の修正を撮影と並行して続けており、出番の遅いキャストへの台本提供は後回しになった模様です。なお、6月8日付のThe Independentは、フィービーが『Bond 25』の脚本作業を終えたと伝えています。

ETに、Q役は大好きだと語ったベン・ウィショー。

これまでの007シリーズでQのプライベートな部分は描かれてきませんでしたが、ウィショーがゲイであることから彼の演じるQもそうではないかとの憶測が。ウィショーはQのセクシュアリティについて尋ねられると、自分の答えはハッキリしているとしながらも、観客には焦れったいまま謎として残るだろうと語ったようです。

なお、『Bond 25』にはQのネコが登場予定になっており、Qのキャラクターの深掘りが期待されます。

『Bond 25』は新しいストーリーでQネコが登場

シネマトゥデイ(2019年5月12日付)は、映画007シリーズ最新第25作『Bond 25』のプロデューサーとのインタビューを掲載しています。

インタビューはジャマイカで制作発表の行われた4月25日に電話で実施されたとのこと。

この中でバーバラ・ブロッコリは、ベン・ウィショーの演じるQについて、ジェームズ・ボンドとの絡みがたくさんあり、Qのネコも登場すると語ったそうです。

ウィショーはこれまで『Bond 25』にネコが登場する可能性を仄めかしていましたが、プロデューサーがこれを認めた形になります。

『Bond 25』はダニエル・クレイグにとって最後の007映画になるとされていますが、ブロッコリは同作をクレイグ=ボンドの完結編として作っている訳ではないそうで、独立した新しいストーリーが展開されるようです。

脚本リライトの人選に関して、スコット・Z・バーンズはキャリー・フクナガ監督、フィービー・ウォーラー=ブリッジはプロデューサーの要望だったとのことです。

また、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンは脚本修正が現状で続いていることを認めましたが、ストーリーにはひねりと驚きがあるとのことで、内容には自信をもっているようです。

ベン・ウィショーが『Bond 25』にゲイのキャラクターを提案?

The Sun(2019年5月3日付)は、ベン・ウィショーが007映画最新作『Bond 25』でゲイのキャラクター登場を希望している旨を伝えています。

ウィショーは影響力のあるキャラクターにゲイの設定をもたせたいと考え、制作側に訴えかけているのだとか。キャラクターの指定はないものの、脇役の誰かでと考えているそうです。

ベン・ウィショーは自身がゲイであることを公表していますが、彼の演じるキャラクター「Q」の人物設定には謎が多く、歴代「Q」の性的指向も描かれてきませんでした。

しかし、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリは、『Bond 25』がMeToo時代に則した内容になると明かしており、記事の真偽はともかく、ゲイのキャラクターが登場しても不思議ではありません。ウィショーは『Bond 25』制作発表時に公開されたキャラクター写真で、頬杖をつく乙女チックなポーズをとっていました。

なお、フレミングの原作では『007/ゴールドフィンガー』のプッシー・ガロアがレズビアンのキャラクターとして登場しますが、映画版では曖昧な描写に。他にもマドンナの演じたヴェリティなど、レズビアン/ゲイとされる複数のキャラクターが映画シリーズでも見られますが、いずれもそのセクシュアリティは深く示されていません。

『Bond 25』にQのネコが登場か

The Sunday Times(2019年3月24日付)は、ベン・ウィショーとのインタビューを掲載しています。

『007/スカイフォール』(2012)と『007/スペクター』(2015)で、ジェームズ・ボンドに秘密兵器を提供するQを演じたベン・ウィショー。次回作『Bond 25』への続投も決定していますが、ウィショーの話では、制作側はストーリーをどう仕上げるか、まだ調整を続けている最中のようです。

またウィショーは、『Bond 25』にQのネコが登場することになるかもしれない、と知らされたそう。

これを聞いたネコ好きのインタビュアー、クリッシー・アイリー氏は、“ロジャー・ムーア”と名付けた自分の飼いネコをオーディションに参加させたいと、ウィショーに頼み込んだようです。

するとウィショーは「パインウッドに来れる? ネコは眉毛を上げられる?」と質問。ボンド俳優ロジャー・ムーアは眉をつり上げる仕草を得意としトレードマークのようになっていましたが、ウィショーもこれを意識した上での問い掛けだったようです。

アイリー氏が「できる」と返答すると、ウィショーは「(プロデューサーの)バーバラ・ブロッコリに連絡しておくよ」と返答しています。

007/スペクター』では姿を見せなかったものの、Qはネコを2匹飼っていることが、ボンドとの会話で明らかになっています。007シリーズではQのプライベートな姿を描いておらず、その人物像は謎に包まれてきましたが、『Bond 25』は、過去作よりもQの性格を深く掘り下げるのかもしれません。

なお、ニューヨークで4月6日から5月19日まで行われる舞台『Norma Jeane Baker of Troy』では、マリリン・モンローの熱狂的なファンを演じるのだそうで、現在はそのリハーサル中。ウィショーは、映画『七年目の浮気』でモンローが着ていた、風で捲り上がるドレスのレプリカを着用するとのこと。

『Bond 25』の撮影は、この舞台の終了直後に参加するそうです。

ベン・ウィショー 『Bond 25』への出演をテレビ番組で明言

BreakingNews.ie(PA、2018年12月20日付)によると、ベン・ウィショーが007シリーズ次回作『Bond 25』への出演をテレビ番組で明言したようです。

ウィショーは『メリー・ポピンズ リターンズ』で共演したエミリー・ブラントらと共に、BBCのトーク番組『The Graham Norton Show』に出演。『Bond 25』に続投する可能性を問われると、「そう言われた」と語り、出演を認めたようです。

しかし、秘密のベールに包まれているため、詳細は明かせないのだそう。また、これまでとは「変わった」形で出演することが示唆された模様です。

ウィショーが出演した番組は、イギリスで12月21日夜(現地時間)に放送予定です。

ベン・ウィショー やはり『Bond 25』にQ役出演へ

Daily Mail Online(2018年12月21日付)によると、ベン・ウィショーは007シリーズ次回作『Bond 25』にQ役で出演するようです。

同紙記者に語った話では、ウィショーがニューヨークのThe Shedで2019年春開幕予定の舞台『Norma Jeane Baker of Troy』で、主人公マリリン・モンロー(旧・本名:ノーマ・ジーン・ベイカー Norma Jeane Baker)を演じるとのこと。

『Bond 25』の撮影には、この舞台閉幕後に参加するそうです。

ウィショーはVanity Fair(12月18日付)とのインタビューで、ハッキリ分からないとしながらも、同作に出演しない可能性に言及していました。

なお、それぞれのインタビューが実施された時期は記事に明記されていません。


12/21 マリリン・モンローの本名の表現を訂正しました。

ベン・ウィショー 『Bond 25』に出演しない可能性?

Vanity Fair(2018年12月18日付)はQ役俳優ベン・ウィショーとのインタビューを掲載しています。

最新作『メリー・ポピンズ リターンズ』の公開を直前に控え、ロサンゼルスでインタビューに応じたウィショー。サム・メンデス監督の抜擢で、『007/スカイフォール』(2012)と『007/スペクター』(2015)に「Q」として出演してきました。ウィショーにとっては007が初の大作映画で、これをきっかけに様々なことが変わり始めたそうです。

そのメンデス監督が去った今、2020年公開予定の次回作『Bond 25』に出演できるのかハッキリ分からないのだそう。サプライズで出演になる可能性も語ったようですが、これはキャリー・フクナガ監督とダニエル・クレイグが決めることだとコメント。2作に出演できたのは良い経験だったも語り、ウィショーには既に達成感があるようです。

一方、フクナガ監督は別のインタビューで、ベン・ウィショーを『Bond 25』に続投させたい旨を語っています。

また、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンは、ウィショーのQ役就任時、007シリーズ17作品に出演したデスモンド・リュウェリンのように、長くやってもらいたい旨を発言していました。

レア・セドゥ、レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリスが『Bond 25』に続投へ

Daily Mail Online(2018年12月6日付)によると、007シリーズ次回作『Bond 25』に、レア・セドゥ、レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリスが続投するようです。

レア・セドゥは『007/スペクター』(2015)で、マドレーヌ・スワンを演じていました。メインのボンド・ガールを演じた女優が再び同じ役で出演するのは、半世紀を超える007シリーズの歴史で初の快挙となります。

『007/スカイフォール』(2012)からMI6のMを演じているレイフ・ファインズ、Q役のベン・ウィショー、マネーペニー役のナオミ・ハリスら3人も、同様に『Bond 25』での出演が決定したようです。

以上の情報をもたらしたのは、キャリー・ジョージ・フクナガ監督にインタビューしたBaz Bamigboye氏。これまでにも007映画に関する数々の独占スクープを放ってきた人物です。

レア・セドゥの続投は、ボンド役のダニエル・クレイグとキャリー・フクナガ監督の意向だったそうです。またフクナガ監督は、ファインズ、ウィショー、ハリスら3人組を世界的にも素晴らしい俳優たちだと高く評価し、続投させない手は無いと語ったようです。

シリーズ第25作となる『Bond 25』は2019年3月4日に撮影開始、2020年2月14に世界公開予定となっています。

ベン・ウィショー 『Bond 25』出演話は未だなし

Vulture(2018年7月3日付)は、ベン・ウィショーとのインタビューを掲載しています。

ウィショーは、『Bond 25』の出演が正式決定したかとの問いに、「それが自分の理解だ」と返答。しかし、未だ台本を受け取っておらず、制作側と何の話もしていない、と語ったようです。

ただしウィショーは、この状況をいつものことだとし、出演については楽観視している様子。Q役のさらなる活躍を希望しているようです。

以前のインタビューでウィショーは、『Bond 25』の出演契約を結んでいることを明らかにしています。しかし、イオン・プロダクション側が俳優の出演契約を破棄した前例も。インタビューの実施日は不明ですが、プロデューサーやダニー・ボイル監督からの連絡を首を長くして待っている段階のようです。

ベン・ウィショー 『Bond 25』出演決定か、ダニー・ボイルの監督就任を歓迎

Metro(2018年5月11日付)によると、Q役のベン・ウィショーは、007映画次回作『Bond 25』への出演が決まったそうです。

Metroとのインタビューに応じたウィショーは、ダニー・ボイルが『Bond 25』を監督するとの一連の報道について、実現するかどうかは分からないとしながらも、ワクワクしている旨をコメント。クレイグ=ボンド作品には彼よりもふさわしい監督が思い当たらないとも語ったようです。

また、ウィショーは『Bond 25』続投が決定したのかとの問いかけに対し「イエス」と答えつつ「出演契約があるはず」と返答。Metroはウィショーの出演を確定的に報じていますが、ウィショーにはまだスッキリしない不明な点が残っているようにも見受けられます。