タグ別アーカイブ: 『トゥモロー・ネバー・ダイ』

シェリル・クロウ 007主題歌は「名誉」

BBC(2017年5月18日付)はシェリル・クロウとのインタビューを掲載しています。

新アルバム『Be Myself』を4月に発表したシェリル・クロウ。ロンドン公演を控えインタビューに応じていたところ、クリス・コーネル死去のニュースが。二人は同じレーベルにいたことがあり、この一報にクロウはショックを受けたそうです。

二人のもう一つの共通点は、007映画の主題歌を作り歌ったこと。シェリル・クロウは『トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997)での経験を振り返り、様々な人々にリーチする良い機会で、とても名誉なことだったと語りました。

マッツ・ミケルセン 『悪党に粛清を』のプロモーションで初来日

マッツ・ミケルセンが主演映画『悪党に粛清を』プロモーションのため初来日、5月12日には東京の新宿武蔵野館で舞台挨拶を行いました。

マッツ・ミケルセンは『007/カジノ・ロワイヤル』悪役のル・シッフルや、NBCのテレビ・シリーズ『ハンニバル』のタイトル・ロールなどで知られるデンマーク俳優。『悪党に粛清を』には『007/カジノ・ロワイヤル』で共演したボンド・ガールのエヴァ・グリーン、007シリーズ第18作『トゥモロー・ネバー・ダイ』悪役ジョナサン・プライスらも出演しています。

『悪党に粛清を』は6月27日から全国の劇場で公開予定です。

『The Salvation』にマッツ・ミケルセン、エヴァ・グリーン、ジョナサン・プライスらが出演

The Hollywood Reporter(4月22日付)によると、映画『The Salvation』に007シリーズ出演の俳優3名が出演します。

監督はクリスチャン・レヴリング。家族を殺された男の復讐劇で主演は『007/カジノ・ロワイヤル』の悪役マッツ・ミケルセン。同作のボンド・ガール、エヴァ・グリーンと007シリーズ第18作『トゥモロー・ネバー・ダイ』で悪役を演じたジョナサン・プライスも出演するようです。

『The Salvation』は現在、南アフリカで撮影中。言語は英語で、デンマーク、南アフリカ、イギリスの共同製作とのことです。

ミシェル・ヨー リュック・ベッソン監督の映画で主演

Guardian によると、元ボンド・ガールのミシェル・ヨーが、映画でミャンマーの民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんを演じます。

リュック・ベッソン監督の新作”Dans La Lumiere”は同女史の生涯を描く映画で、既にこの作品の撮影がタイで行われたようです。

ミシェル・ヨーはピアース・ブロスナン主演の『トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997)で中国側のスパイとして登場しました。

『007/カジノ・ロワイヤル』 地上波で初放送へ

ダニエル・クレイグ主演の007シリーズ21作目『007/カジノ・ロワイヤル』が、10月11日のテレビ朝日『日曜洋画劇場』枠で放送されます。地上波初登場です。

10月4日はシリーズ第18作『トゥモロー・ネバー・ダイ』も放送されます。ジェームズ・ボンド役はピアース・ブロスナンです。

『トゥモロー・ネバー・ダイ』 日曜洋画劇場で放送

テレビ朝日の日曜洋画劇場で、1月14日、007シリーズ18作目『トゥモロー・ネバー・ダイ』が放送されます。

ジェームズ・ボンド役は5代目のピアース・ブロスナン。メインのボンド・ガールにはアジア人として2人目となるマレーシア出身のミシェル・ヨー。悪役はジョナサン・プライス。監督はロジャー・スポティスウッドです。