タグ別アーカイブ: 『007/カジノ・ロワイヤル』(1967)

ジェマ・アータートン 伝記映画『So Much Love』でダスティ・スプリングフィールド役に

The Hollywood Reporter(2018年9月6日付)によると、『007/慰めの報酬』ボンド・ガールのジェマ・アータートンが、映画『So Much Love』でダスティ・スプリングフィールドを演じるようです。

『So Much Love』はスプリングフィールドの伝記映画。人気絶頂にあった1968年、アメリカでアルバム『ダスティ・イン・メンフィス』をレコーディングする際の出来事などに焦点を当てているようです。

監督はフィリス・ナギー。制作はイギリスのNumber 9 Films。現在トロント国際映画祭でプリセールス中、2019年春からアメリカとイギリスで撮影予定とのことです。

ダスティ・スプリングフィールドは1967年版の映画『007/カジノ・ロワイヤル』挿入歌『The Look of Love』(恋の面影)を歌ったことでも知られています。

『007/カジノ・ロワイヤル』のQ役 ジェフリー・ベイルドンさんが死去

BBC(2017年5月11日付)によると、英国俳優のジェフリー・ベイルドンさんが亡くなりました。93歳でした。

イギリスの映画やテレビなどで活躍したジェフリー・ベイルドンさんは1967年、007シリーズ番外編となるパロディ映画『007/カジノ・ロワイヤル』にQ役で出演。ピーター・セラーズ演じるイヴリン・トレンブル/ジェームズ・ボンドに秘密兵器の腕時計を渡すなどしていました。

ベイルドンさんの演じたQは「Q」印のティーカップで紅茶を飲んでおり、後に『007/スカイフォール』で登場した若いQ(ベン・ウィショー)も同様に「Q」のマグカップを使用しています。

ダリア・ラヴィさん死去 『007/カジノ・ロワイヤル』(1967)に出演

Variety(2017年5月4日付)によると、女優のダリア・ラヴィさんが5月3日、ノースカロライナ州の自宅で亡くなりました。74歳でした。

ダリア・ラヴィさんは1942年、イギリス統治下のパレスチナ生まれ。得意の語学を生かし、ドイツ、イタリア、フランス、スペインの映画に出演。

ハリウッドではスパイ・コメディ映画『サイレンサー/沈黙部隊』(1966)でディーン・マーチンと共演。続けて同様ジャンルの映画『ブルドッグ作戦』(1966)、『007/カジノ・ロワイヤル』(1967)に出演(デテイナー役)しました。