タグ別アーカイブ: 『007/スカイフォール』

『Bond 23』配給権 ソニーが取得か

Hollywood Reporter によると、MGM は007シリーズ第23作『Bond 23』の劇場配給契約を、米ソニー・ピクチャーズと間もなく結ぶ見通しです。

『Bond 23』の配給会社として有力視されていたパラマウントは、MGM が求める配給手数料のレートを受け入れられず、交渉を断念。また20世紀フォックスが年内に切れる MGM とのビデオグラム契約更新に興味を失っていると見られており、ソニーは『Bond 23』の劇場配給に加え、MGM 作品のDVD/ブルーレイ販売も手がける可能性があります。

ハビエル・バルデム 『Bond 23』出演交渉を認める

Los Angeles Times によると、スペイン人俳優のハビエル・バルデムは、007シリーズ次回作への出演オファーがあったことを認めています。

バルデムはジェームズ・ボンド・シリーズの大ファンで、子供の時からショーン・コネリーの007映画を観ており、悪役は「非常に興味がある」とのことです。

『Bond 23』配給権 FOX が MGM と交渉

The Hollywood Reporter によると、米20世紀フォックスの幹部は1月14日、MGM の会長と007シリーズ次回作『Bond 23』の配給について交渉を行ったようです。

20世紀フォックスはこれまでも、MGM 作品の劇場配給やホームビデオの販売を海外で行っています。

『Bond 23』の配給を巡る交渉は、今後数週間で決着する見通しです。

『Bond 23』 スペクターのブロフェルドが再登場?

The Daily Mirror によると、007シリーズ第23作『Bond 23』の悪役にイギリス人俳優マイケル・シーンが検討されているようです。マイケル・シーンは『アンダーワールド』、『クィーン』などに出演しています。

また既にイギリスの舞台俳優で、BBCの人気シリーズ『MI-5 英国機密諜報部』に出演のサイモン・ラッセル・ビールの名も、悪役候補として挙がっています。

2011-01-16 追記
マイケル・シーンが検討されている役は、007の宿敵スペクターの首領ブロフェルド、と報じています。

『Bond 23』配給会社 パラマウントが有力

The Hollywood Reporter によると、007次回作『Bond 23』の配給会社はパラマウントに決まる可能性が高いようです。

ソ ニー・ピクチャーズは007シリーズ制作会社イオン・プロダクションのプロデューサーらと良好な関係を保持していますが、その一方、スパイグラスの CEO で MGM の新会長ゲイリー・バーバーとロジャー・バーンボームはパラマウント幹部と親しく、既に『Bond 23』の配給についての交渉が MGM とパラマウントの間で開始されたようです。さらにイオン側もパラマウントを候補として認めたとしています。

また、製作費は1億5千万ドル以内になるようです。

007次回作『Bond 23』 公開日が正式決定

映画007シリーズの制作会社イオン・プロダクションと MGM は1月11日、共同で007次回作に関する発表を行いました。このプレス・リリースによると、第23作目となる『Bond 23』は2012年11月9日に世界公開されます。

ジェームズ・ボンド役はこれが3度目となるダニエル・クレイグ、監督はサム・メンデス、脚本にはニール・パービス、ロバート・ウェイド、ジョン・ローガンの3名が選ばれています。

制作は2011年末に開始されるとのことです。

007次回作『Bond 23』 配給会社はソニー?

Variety によると、007シリーズの次回作『Bond 23』の配給会社はソニー・ピクチャーズになるかもしれません。

同 誌は業界筋の話として、連邦破産法第11条の適用を受け再建中の MGM が探している『Bond 23』の共同出資者は、前2作(『007/カジノ・ロワイヤル』、『007/慰めの報酬』)同様、ソニーとなる可能性を示唆しています。しかし、配給は北 米以外の一部の国に限定される場合もあり得るようです。

『Bond 23』は007シリーズ第1作の公開から50周年となる2012年に公開予定です。

Bond 23 脚本家にピーター・モーガン

MGM が6月12日付けで発表したプレス・リリース(PR Newswire)によると、イオン・プロダクション制作の007シリーズ第23作となる “Bond 23″ の脚本家にピーター・モーガン、ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイドの3名が選ばれました。

イギリス出身のピーター・モーガンの主な作品には、『クィーン』、『フロストXニクソン』などがあり、コンビを組むニール・パーヴィスとロバート・ウェイドは、1999年の『ワールド・イズ・ノット・イナフ』から5作続けての007シリーズ参加となります。

主人公ジェームズ・ボンドには既にダニエル・クレイグの続投が決定。また、本作より配給はSony からMGM に戻ります。”Bond 23” の公開時期はまだ正式に発表されていません。