タグ別アーカイブ: 『007/ユア・アイズ・オンリー』

ロジャー・ムーア主演『007/私を愛したスパイ』『007/ユア・アイズ・オンリー』が世界で劇場上映へ

配給会社 Park Circus(2017年5月26日付)はロジャー・ムーアの追悼として、『007/私を愛したスパイ』(1977)と『007/ユア・アイズ・オンリー』(1981)を世界の映画館で上映すると発表しました

この2作は最近4K修復されたもの。売り上げの半分は、ロジャー・ムーアが親善大使を務めていたユニセフへ寄付されます。

上映される映画館は Odeon Cinemas(イギリス)、AMC Theatres(アメリカ)、Hoyts(オーストラリア)で、2017年5月31日から上映開始。他地域での上映計画については、後ほど発表される予定です。

シーナ・イーストン 『42nd Street』でウエストエンド・デビュー

BBC(2016年11月4日付)によると、スコットランド出身の歌手シーナ・イーストンがウエストエンドの舞台に初出演します。

タイトルは『42nd Street』(『四十二番街』)。1933年の同名映画が基になっており、1980年にブロードウェイで初舞台化。その後はイギリスや日本などでも上演されてきました。

『007/ユア・アイズ・オンリー』や『モーニング・トレイン』などのヒット曲で知られるシーナ・イーストンが演じるのは準主役のドロシー・ブロック。主演のペギー・ソーヤー役はクレア・ホールス、ジュリアン・マーシュ役にトム・リスター。演出はマーク・ブランブル。劇場はロンドンの Theatre Royal Drury Lane で、公演期間は2017年3月20日からです。

シーナ・イーストンが『ベストヒット80’s ミーツ シンフォニー』にゲスト出演へ 東京で2016年10月開催

007シリーズ第12作『007/ユア・アイズ・オンリー』の主題歌を歌ったシーナ・イーストンが再び来日し、フルオーケストラを前にパフォーマンスを行います。

日程は2016年10月28日と29日の二日間。場所は東京ドームシティホール。イーストンが参加するこのイベントは、1980年代にヒットしたロックやポップスをオーケストラで再現する『ベストヒット80’s ミーツ シンフォニー』(公式サイト:besthit80s.jp)。演奏は東京フィルハーモニー交響楽団で、特別来日ゲストとしてシーナ・イーストンの他に、ジョディ・ワトリーが出演。MCは小林克也が担当します。

ジェレミー・アイアンズ ジェームズ・ボンド役の候補だった

The Telegraph(2016年3月29日付)は英国俳優ジェレミー・アイアンズとのインタビューを掲載しています。

現在公開中の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でアルフレッド・ペニーワース役を演じているジェレミー・アイアンズ。続編は5月に撮影開始とのことで、シリーズ映画に出演するのはこれが初の経験なのだそう。

話が「シリーズ」に及んだことからアイアンズが口にしたのが、ジェームズ・ボンド役の候補者だったという過去。『フランス軍中尉の女』(1981)をイギリスのライムレジスで撮影していたアイアンズを、007シリーズのプロデューサー、アルバート・R・ブロッコリ氏が訪問。このロケ地で話し合いの場が設けられたとのこと。しかし当時は、タイプキャストにはまるのではと思い込み、乗り気になれなかったそうです。

アイアンズがボンド役として検討されていた作品は、時期的にシリーズ第12作『007/ユア・アイズ・オンリー』(1981)と思われます。

カナダでアートハウス系007映画製作の動き

イアン・フレミングの007小説の著作権保護期間が2014年末に終了したカナダで、新たに映画007シリーズを製作する動きがあるようです。

007映画製作の企画を明かしたのはカナダのフィルムメーカー、リー・デマーベとイアン・ドリスコール。CBC Radio(2015年11月27日付)の番組に出演した二人は、『ユア・アイズ・オンリー』を含む計4作品の構想を既に練っていると語りました。

イオン・プロダクションが制作する大作志向の007シリーズとは異なり、アートハウス版のジェームズ・ボンドを目指すとのことですが、著作権保護期間が続いているアメリカやイギリスなどでは完成しても上映ができず、資金集めは難航している模様です。

『007/ユア・アイズ・オンリー』のシーナ・イーストン 2015年黄金週間に来日公演へ

『モダン・ガール』、『9 To 5(モーニング・トレイン)』や映画007シリーズ第12作『007/ユア・アイズ・オンリー』の主題歌を歌いヒットさせたシーナ・イーストンが2015年のゴールデン・ウィーク期間中に来日公演を行います。

スケジュールは以下の通りです。

5月2日(土)ビルボードライブ東京
5月4日(月)ビルボードライブ東京
5月5日(火)ビルボードライブ大阪

シーナ・イーストン 6月に東京と大阪でライブ

ポップ歌手シーナ・イーストンが2014年6月に来日公演を実施します。6月9日はビルボードライブ大阪、11日と12日はビルボードライブ東京が会場です。

シーナ・イーストンは1959年スコットランド出身。1980年、BBCの番組がきっかけとなり『モダン・ガール』でデビュー。続く『9 to 5(モーニング・トレイン)』は全米チャートで1位を記録。1981年にはビル・コンティが作曲した『007/ユア・アイズ・オンリー』の歌手に抜擢。イーストンは映画007シリーズ50年の歴史の中で、タイトル・シークエンスに姿を見せる唯一の歌手でもあります。

チャールズ・ダンス 007のオーディションを辞退していた

Contactmusic.com(4月8日付)によると、イギリスの俳優チャールズ・ダンスにはジェームズ・ボンド役のオーディションを辞退した過去があるようです。

ロジャー・ムーア主演『007/ユア・アイズ・オンリー』(1981)に敵の手下クラウス役で出演した経験もあるチャールズ・ダンス。ティモシー・ダルトンがジェームズ・ボンドを引退した後、ボンド役オーディションに誘われたものの、エージェントからキャリアを台無しにする旨の助言を受け、参加しなかったとのことです。

ジュリアン・グローバー 大英帝国勲章CBEを授かる

York Press(12 月6日付、Press Association)によると、英国俳優ジュリアン・グローバーが大英帝国勲章「CBE」(Commander of the Most Excellent Order of the British Empire)をチャールズ皇太子から授かりました。

ジュリアン・グローバーは『007/ユア・アイズ・オンリー』(1981)で悪役クリスタトスを演じています。

シーナ・イーストン 3月にビルボードライブで来日公演へ

スコットランド出身の歌手シーナ・イーストンが来日しビルボードライブに出演します。日程は東京が3月13日と14日、大阪は16日と18日の予定です。

シーナ・イーストンの代表作は『モダン・ガール』、『9 To 5(モーニング・トレイン)』など。アカデミー歌曲賞ノミネートを受けた『007/ユア・アイズ・オンリー』のテーマも歌ったほか、007シリーズのアーティストとしては唯一、タイトル・シークエンスでの出演を果たしています。

イーストンはこれまでに度々来日し公演。過去のビルボードライブでは、歌いながら観客と握手するファン・サービスも行いました。