タグ別アーカイブ: 『007/リビング・デイライツ』

『Bond 25』ロケ地のノルウェー大西洋道路にアストンマーティンV8ヴァンテージ登場

VG(2019年6月5日付)によると、映画007シリーズ最新作『Bond 25』にボンド・カーとしてアストンマーティンV8ヴァンテージが登場するかもしれません。

『Bond 25』では、6月上旬にノルウェーの大西洋道路(Atlantic Ocean Road)を封鎖しロケ撮影を実施することが明らかになっていましたが、6月5日朝、この道路上でアストンマーティンV8ヴァンテージとカメラを搭載したオレンジ色のヘリコプターが目撃されました。

V8ヴァンテージはティモシー・ダルトン主演の『007/リビング・デイライツ』(1987)にボンド・カーとして登場しています。大西洋道路に姿を見せたV8ヴァンテージが付けているナンバープレートは、同作劇中車と同じ番号(B549WUU)だったとのことです。

このV8ヴァンテージはリハーサルで使っているだけなのか、実際に『Bond 25』のスクリーンに映るのかは不明です。

また、Dagbladet(同日付)によると、6月4日にはV8ヴァンテージのほかに、レンジローバーと2台のトヨタ・ランドクルーザーも高速でテスト走行していた模様です。


6/5追記
NRK(同日付)は、大西洋道路で6月5日午後に行われた『Bond 25』ロケ撮影の模様を動画で伝えています。


6/6追記
rbnett.no(6月5日付)によると、地元制作会社Truenorthは、6月5日の大西洋道路での撮影を中断したと発表したそうです。理由はヘリコプターによる空撮の際、メディアや見物人が映ってしまうからで、陸上から見学せず船を利用するように促している模様です。撮影は6月6日に再開するようです。

ビリー・ジョエル 『007/死ぬのは奴らだ』をレコーディング

Telegraph(11月7日付)によると、ビリー・ジョエルがポール・マッカートニーの『007/死ぬのは奴らだ』をレコーディングしました。

ジョエルが歌う同曲は、ポール・マッカートニーの名曲を様々なアーティストがカバーしたアルバム『The Art of McCartney』に収録されています。ジョエルは大ヒットしたこの曲が気に入っており、自身のサウンドチェック曲としても使用しているのだそうです。

他に、『007/リビング・デイライツ』エンディング・テーマ、『イフ・ゼア・ワズ・ア・マン』を歌ったプリテンダーズのクリッシー・ハインドもこのアルバムで『レット・イット・ビー』を披露しています。

『The Art of McCartney』は11月17日にイギリスで発売されるようです。

元候補者のサム・ニール ジェームズ・ボンド役について語る

The Independent(8月25日付)はニュージーランドの俳優サム・ニールとのインタビューを掲載しています。

ジェームズ・ボンド役のオーディションに参加した経験について尋ねられたサム・ニールは、ボンド役のイメージが一生つきまとうのは良い気分じゃない、とコメント。続けて、自分がボンドを演じたとしてもうまくやれなかっただろう、と語ったようです。

サム・ニールはロジャー・ムーアが映画007シリーズから引退した後にボンド役の候補者としてスクリーン・テストを受けましたが、最終的に4代目ボンドの座を勝ち取って『007/リビング・デイライツ』に出演したのはティモシー・ダルトンでした。

『007/リビング・デイライツ』が日曜洋画劇場で放送

12月17日午後9時からの日曜洋画劇場(テレビ朝日)で、『007/リビング・デイライツ』が地上デジタル・ハイビジョン初放送となります。

『007/ リビング・デイライツ』は1987年製作のシリーズ第15作目。主演はジェームズ・ボンド役にティモシー・ダルトン、ボンド・ガールはマリアム・ダボ。悪 役はジョー・ドン・ベイカーらです。監督はジョン・グレン。音楽はこれを最後に007シリーズを引退するジョン・バリーが担当、カメオ出演もしています。