タグ別アーカイブ: 『007/死ぬのは奴らだ』

ペッパー保安官役のクリフトン・ジェームズ氏が死去 007シリーズ2作に出演

The Guardian(AP、2017年4月15日付)によると、アメリカの俳優クリフトン・ジェームズさんが4月15日、オレゴン州にある娘の自宅で亡くなりました。96歳でした。糖尿病を患っていたとのことです。

映画、テレビ、舞台で活躍していたクリフトン・ジェームズ氏ですが、はまり役は007シリーズ2作で演じたルイジアナ州のJ・W・ペッパー保安官。

ペッパー保安官は『007/死ぬのは奴らだ』(1973)で初登場。ジェームズ氏はロジャー・ムーア演じるジェームズ・ボンドに振り回される南部気質丸出しの保安官(シェリフ)を好演。続く『007/黄金銃を持つ男』(1974)でも旅先のタイでボンドに遭遇、危険な目に遭わされていました。象がペッパーを川へ突き落とすシーンは当初意図していたものではなく、ハプニングだったようです。

ジェームズ氏のペッパー保安官役は好評で、『大陸横断超特急』(1976)、『スーパーマン II/冒険篇』(1980)やテレビ・シリーズ『特攻野郎Aチーム』など、複数の作品で保安官を演じました。

ジョージ・マーティン氏が死去 『007/死ぬのは奴らだ』スコア担当

BBC(2016年3月9日付)によると、イギリスの音楽プロデューサー、ジョージ・マーティン氏が亡くなりました。90歳でした。この一報はリンゴ・スターがツイッター経由で明らかにしたもの。

ザ・ビートルズのプロデューサーとして知られたジョージ・マーティン氏。ポール・マッカートニーが主題歌を手がけた映画007シリーズ第8作『007/死ぬのは奴らだ』(1973)では、スコアを担当しました。

ジュリー・ハリスさん亡くなる 『007/死ぬのは奴らだ』の衣装デザイナー

BBC(2015年5月31日付)によると、イギリスのコスチューム・デザイナー、ジュリー・ハリスさんが5月30日、ロンドンの病院で亡くなりました。94歳でした。

ジュリー・ハリスさんは007シリーズ第8作『007/死ぬのは奴らだ』(1973)でジェームズ・ボンド役ロジャー・ムーアの衣装を担当、パロディ作品『007/カジノ・ロワイヤル』(1967)も手がけています。

『007/死ぬのは奴らだ』悪役のヤフェット・コットー 「ブラック・ボンド」に否定的

Big Issue(2015年4月9日付)は『007/死ぬのは奴らだ』(1973)にドクター・カナンガ/ミスター・ビッグ役で出演したヤフェット・コットーとのインタビューを掲載しています。

映画007シリーズで初めてメインの悪役を演じた黒人俳優として、黒人がジェームズ・ボンド役になる可能性についての感想を訊かれたコットー。ボンドはイアン・フレミングによって白人として創られたキャラクターであり、黒人はジェームズ・ボンドになるべきではない、との考えを語りました。逆に、もし自分がジョン・F・ケネディの役を演じたいと言ったら、一笑に付されるだろうとも答えたようです。

ビリー・ジョエル 『007/死ぬのは奴らだ』をレコーディング

Telegraph(11月7日付)によると、ビリー・ジョエルがポール・マッカートニーの『007/死ぬのは奴らだ』をレコーディングしました。

ジョエルが歌う同曲は、ポール・マッカートニーの名曲を様々なアーティストがカバーしたアルバム『The Art of McCartney』に収録されています。ジョエルは大ヒットしたこの曲が気に入っており、自身のサウンドチェック曲としても使用しているのだそうです。

他に、『007/リビング・デイライツ』エンディング・テーマ、『イフ・ゼア・ワズ・ア・マン』を歌ったプリテンダーズのクリッシー・ハインドもこのアルバムで『レット・イット・ビー』を披露しています。

『The Art of McCartney』は11月17日にイギリスで発売されるようです。

『007/死ぬのは奴らだ』のサメディ男爵 ジェフリー・ホルダー氏が死去

BBC(10月6日付)によると、トリニダード・トバゴ出身の俳優ジェフリー・ホルダー氏が10月5日、ニューヨークで亡くなりました。84歳でした。

トニー賞を二度受賞するなど舞台で活躍したホルダー氏。007シリーズ第8作『007/死ぬのは奴らだ』にも敵役バロン・サメディ(サメディ男爵)として出演しています。

ポール・マッカートニー 5月17日・18日の国立競技場公演が中止

ポール・マッカートニーの『アウト・ゼアー ジャパン・ツアー』公式サイトによると、東京の国立競技場で5月17日(土)と18日(日)に予定されていたポール・マッカートニーの来日公演が病気(ウイルス性炎症)の為、中止となりました。17日の公演は当日になって、19日(月)への振り替えが案内されましたが、これも中止が決定。現時点(5月18日夜)の情報では、このまま中止が確定となるのか、振り替えや延期が発表されるのかは未定のようです。

『アウト・ゼアー ジャパン・ツアー』は2013年11月に続く2回目。5月21日(水)の武道館、5月24日(土)の大阪・ヤンマースタジアム長居での公演は当初の予定通り行う模様です。

5/22 追記:アウト・ゼアー・ジャパン・ツアー公式サイトは5月20日、東京・大阪で予定されていた全公演の中止を発表しました。

ボランジェ 007次回作『Bond 24』とタイアップへ

The Drinks Business(2月6日付)によると、シャンパーニュ・メゾンのボランジェは007シリーズとの協力関係を次回作『Bond 24』でも維持する模様です。

ボランジェはジェームズ・ボンドが嗜むシャンパーニュとして、ロジャー・ムーア主演『007/死ぬのは奴らだ』(1973)で映画007シリーズに初登場。ダニエル・クレイグの『007/慰めの報酬』公開時には銃弾型のケースに収められた『Bollinger La Grande Année 1999』が、『007/スカイフォール』ではワルサーPPKのサイレンサーを模したケースに『Bollinger La Grande Année 2002』を入れた商品『002 for 007』が限定発売されました。

ジェニファー・ローレンス 新作で『007/死ぬのは奴らだ』を歌う

TheHuffingtonPost.com(12月16日付)は映画『アメリカン・ハッスル』のミュージック・スーパーバイザー、スーザン・ジェイコブスとのインタビューを掲載しています。

同作にはジェニファー・ローレンスがポール・マッカートニーの『007/死ぬのは奴らだ』を歌うシーンがあるようです。ジェイコブスの話では、出演者のコリーン・キャンプが007プロデューサーのバーバラ・ブロッコリの友人で、さらにジェイコブスにはポール・マッカートニー側とコネがあったため、両者から使用許諾を得るのは簡単だったようです。また、マッカートニー側は『007/死ぬのは奴らだ』の使用をかなり喜んでいる模様です。

『アメリカン・ハッスル』は現在アメリカで公開中。日本では2014年1月にロードショーが始まります。

12/19追記:『アメリカン・ハッスル』のサウンドトラックはマッカートニーの『007/死ぬのは奴らだ』を収録し発売される模様です。

ポール・マッカートニー 11月に11年ぶりの来日公演

映画007シリーズ第8作『007/死ぬのは奴らだ』のテーマを歌ったポール・マッカートニーが11年ぶりで来日公演を行います。

ポール・マッカートニー アウト・ゼアー ジャパン・ツアー』の日程は福岡ヤフオク!ドームが11月15日(金)、東京ドームが11月18日(月)・19日(火)・21日(木)。大阪公演の詳細は後日発表予定となっています。