タグ別アーカイブ: 『Bond 25』

ソニー・ピクチャーズとMGMの映画007シリーズ共同製作・配給契約が『007/スペクター』後に終了へ

Variety(2015年6月2日付)はソニー・ピクチャーズの、MGMとの映画007シリーズ配給契約が、最新第24作『007/スペクター』を最後に終了すると伝えています。

次の『Bond 25』(第25作)配給スタジオとしては、トップ同士(MGMのゲイリー・バーバー会長とワーナーのケヴィン・ツジハラ会長)が親しい間柄であること、共同製作の『ホビット』シリーズをヒットさせた実績があることなどから、ワーナー・ブラザースを有力視する向きがあるようです。

ソニー・ピクチャーズ・モーション・ピクチャー・グループ会長のトム・ロスマンは、007シリーズの配給契約をめぐって複数のスタジオ間で激しい争いが起きることを認めつつ、ソニーがこの競争に再び参戦することを明らかにしています。

映画007シリーズの著作権は米国企業DanjaqとMGMが共同所有。MGMは同シリーズを単独で製作するスタジオでしたが、2004年にソニーが投資会社と組んでMGMを買収した後は、ソニー・ピクチャーズとMGMが共同製作(出資)・配給契約を結び、『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)と『007/慰めの報酬』(2008)をリリース。その後MGMがソニーの手を離れ2010年に破産法の適用を受けると、MGMは積極的に各社と作品ごとの共同製作契約を結ぶようになります。そこでソニーは再びMGMと契約を結び『007/スカイフォール』(2012)を共同製作・配給。2012年の報道(Deadline.com)では、『Bond 24』(『007/スペクター』)だけでなく『Bond 25』もソニーが参加するとされていました。

ソニー・ピクチャーズは、手がけた007映画3作品がいずれもヒット。『007/スカイフォール』では世界興収11億ドル突破の実績があります。また、Danjaqと制作会社イオン・プロダクションのトップでプロデューサーであるブロッコリ・ファミリーとも良好な関係を保っていると見られていました。しかし2014年にソニー・ピクチャーズはサイバー攻撃を受け、『007/スペクター』の脚本を含む様々な情報が漏洩し、社会問題に。プロデューサー側とも親しかったスタジオ・トップのエイミー・パスカル共同会長が退任する結果をも引き起こしました。現状で、ソニー・ピクチャーズを取り巻く環境はかなり厳しいと言わざるを得ません。

007映画次回作はオーストラリアでロケの可能性?

news.com.au(2015年3月29日付)は、『007/スペクター』のプロデューサー、マイケル・G・ウィルソン氏とバーバラ・ブロッコリ氏のインタビューを掲載しています。

最新第24作『007/スペクター』ロケ地のメキシコシティで撮影の合間に話しをしたプロデューサーの二人。007映画がオーストラリアで一度も撮影されていないことを問われるとウィルソン氏は、これは自分の犯した過ちであり準備ができれば直ぐにでも撮影に向かいたい、と語ったようです。

これを受けてブロッコリ氏も、オーストラリアで撮るならゴールドコースト、と返答。同国メディアへのリップ・サービスかもしれませんが、いずれジェームズ・ボンドがオーストラリアを訪問する日もありそうです。

『Bond 25』は『007/スペクター』の直接的な続編に?

Film Divider(2015年2月12日付)によると、現在撮影中の映画007シリーズ最新第24作『007/スペクター』(原題)と第25作『Bond 25』は、それぞれストーリーが直結する2部構成的な作品になるかもしれません。

同サイトは事情通から得た情報として、007シリーズに『007/スペクター』で初めて登場する複数の俳優が『Bond 25』でも出演契約を結ぶことになるだろう、と伝えています。

『Bond 24』(『007/スペクター』)と『Bond 25』が2部構成になるとの噂は2012年から流れ始め、MGM会長は同年11月、ジョン・ローガンが同時に『Bond 24』と『Bond 25』の脚本執筆に取り掛かっている旨を発言。その後、サム・メンデス監督は2014年に出演したテレビ番組で、当人の希望によって『Bond 24』と『Bond 25』の2部作構想はキャンセルとなったことを明かし、むしろ『007/スカイフォール』と『Bond 24』に2部構成的な繋がりがあることを示唆していました。

『SPECTRE』のクリストフ・ヴァルツ 『Bond 25』にも出演の可能性

La Repubblica(12月23日付)は映画007シリーズ第24作『007/スペクター』(原題)の俳優クリストフ・ヴァルツとのインタビューを掲載しています。

『007/スペクター』の次回作となる『Bond 25』(『ボンド25』)に出演する可能性を尋ねられたクリストフ・ヴァルツは、分からないと返答。しかし脚本の出来具合によっては出演を検討したいと語ったようです。ヴァルツは『007/スペクター』でボンドの敵を演じると思われていますが、少なくとも同作中でボンドに倒されることはないようです。

オバマ大統領 ソニー・ピクチャーズへのサイバー攻撃は北朝鮮の犯行と発表

Reuters(12月19日付)によると、アメリカのオバマ大統領は12月19日の記者会見で、米ソニー・ピクチャーズエンタテインメントに対するハッキングは北朝鮮が起こしたものだと断定し発表しました。このサイバー攻撃に対しオバマ大統領は、アメリカは適切な時期と方法で相応の対応をとるつもりであるとも語りました。ソニー・ピクチャーズが映画『The Interview』の公開中止を決め、結果的にハッカー側の要求を呑む形になったことに対しては、誤った決定とし、事前に相談して欲しかった、とも語っています。

ソニー・ピクチャーズのマイケル・リントンCEOはCNNとのインタビュー(12月19日付)で、映画館側が次々と上映中止を決めたため、『The Interview』のクリスマス劇場公開は中止せざるを得なかったと語りました。また、リントン氏はNPR(12月19日付)とのインタビューでは、現時点で協力企業が見つけられないとしながら、VODやネット公開の手段を模索中であることを明かしました。

一連のサイバー攻撃では、ソニー・ピクチャーズのコンピューター・システムから大量の機密情報が流失。その中には映画007シリーズ最新作『007/スペクター』(原題)の初期版脚本があり、制作会社イオン・プロダクションは脚本内容を公開する者に対して法的手段に訴える姿勢を示しています。

ソニーは2004年に映画007シリーズの著作権を有するMGMを投資会社と共同買収。ソニー・ピクチャーズは『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)と『007/慰めの報酬』(2008)はMGMと共同で製作・配給を手がけました。MGM売却後も『007/スカイフォール』(2012)と2015年11月公開予定の最新作『007/スペクター』(原題)の製作・配給に参加。その次回作『Bond 25』でもMGMとの協力関係を続けることになっています。

脚本家ジョン・ローガン 映画007シリーズからの離脱を示唆か

『007/スカイフォール』の脚本家ジョン・ローガンが Chicago Sun-Times(6月10日付)とのインタビューに応えています。

シカゴで6月25日から本公演が始まるスティングのミュージカル『The Last Ship』台本も手がけたジョン・ローガン。話題が次のミュージカル作品になると、「007映画や大作映画はもうやり尽した感があって次第に興味は薄れてきている… 将来的にはシアターやテレビにほぼ専念することになると思う」と語りました。

ジョン・ローガンは2012年の時点で007シリーズ次回作『Bond 24』に加え『Bond 25』の脚本執筆に入っていることが明らかになっています。007映画のファンであることを公言し『007/スカイフォール』は最高の経験と語ったこともあるローガンですが、『Bond 26』からはシリーズを降板し別の脚本家が担当することになるのかもしれません。

『Bond 24』と『Bond 25』は2部作ではない サム・メンデス監督が明かす

米 PBS のインタビュー番組『Charlie Rose』(4月11日放送)に出演した『007/スカイフォール』のサム・メンデス監督が次回作『Bond 24』(『ボンド24』)について語りました。

サム・メンデス監督は、最初は辞退しながらも『Bond 24』を引き受けることにした理由を司会のチャーリー・ローズから尋ねられます。そこでメンデス監督は、制作開始までに時間的余裕が与えられたこと、『007/スカイフォール』で設定した新しい M、Q、マネーペニーなどのキャラクターが中途半端な状態になっており、『Bond 24』は『007/スカイフォール』後編のようにしてそれらのストーリーを発展させたいという気になったことを挙げました。

さらには、『Bond 24』とその次の『Bond 25』が2部作となるはずだった当初の計画を変更し、自身の強い希望だった『Bond 24』の単独作品化に制作側が同意したことも、再登板を決意した理由になったとのことです。

『Bond 24』と『Bond 25』は『007/スカイフォール』路線を踏襲

IGN(1月17日付)は『007/スカイフォール』の脚本家で007シリーズ次回作『Bond 24』、『Bond 25』の脚本も手がけているジョン・ローガンとのインタビューを掲載しています。

2015年10月英国公開予定の『Bond 24』(『ボンド24』)と次の『Bond 25』(『ボンド25』)について尋ねられたローガン。『007/スカイフォール』で築いたテーマ、アイディア、キャラクターを踏襲すると答えたようです。

MGMが2013年に権利取得を発表したボンドの宿敵ブロフェルドを『Bond 24』に登場させるかとの問いには、明言を避けた模様です。

『BOND 24』と『BOND 25』は2部構成?

Showbiz411(5月28日付)は、映画007シリーズ第24作『BOND 24』と第25作『BOND 25』が2部作だと伝えています。

ジョン・ローガンが両作の脚本を手がけていることは昨年、製作会社のMGMが明らかにしました。その構成については公表されていませんが2部作になるとの噂はこれまでにも度々報じられています。

『BOND 24』 ジョン・ローガンの脚本が完成か

Comoyo Filter(5月29日付)によると、007シリーズ次回作『BOND 24』(ボンド24)脚本の初稿がもう完成しているのかもしれません。

同シリーズのプロデューサー、マイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリはノルウェーのモーテン・ティルダム監督と接触。ティルダムに『BOND 24』の脚本を読む気はないかと尋ね、スケジュールの空き具合も確認したようです。この話し合いがいつもたれたのかは不明ですが、プロデューサーは複数の『BOND 24』監督候補者と面会していたことが、今週になって様々な報道で明らかになっています。

MGMのCEOは2012年11月、『007/スカイフォール』の脚本家ジョン・ローガンが既に『BOND 24』と『BOND 25』の脚本に取り掛かっていることを公表していました。