タグ別アーカイブ: 『The Rhythm Section』

ハル・ベリー 依頼あれば再度ボンド・ガールを「演じる」

Metro.co.uk(2019年5月12日付)によると、ハル・ベリーには再びボンド・ガールを演じたいとの意欲があるようです。

2002年公開のシリーズ第20作『007/ダイ・アナザー・デイ』にNSAエージェントのジアシンタ・ジョンソン(通称「ジンクス」)役で出演したハル・ベリー。また007映画に出演したいかと問われると、「今は忙しい」としながらも、数年後にオファーがあれば「演じる」と返答。ボンド・ファミリーとの仕事はキャリアの中でも特に素晴らしい経験だったとし、最新作も楽しみにしていると語ったようです。

ハル・ベリーは『007/ダイ・アナザー・デイ』撮影中にアカデミー主演女優賞を受賞し、同作後にハル・ベリーの演じるジンクスを主人公にしたスピンオフ映画製作が決定。イオン・プロダクション制作、スティーヴン・フリアーズ監督、ニール・パーヴィス&ロバート・ウェイド脚本で、ハビエル・バルデムを恋人役に想定したジェイソン・ボーン風のスパイ・スリラー映画になる予定でしたが、MGMの方針転換によりこのプロジェクトは潰れました。

しかし、イオンは女スパイ映画の制作を諦めず、ブレイク・ライヴリー主演の映画『The Rhythm Section』を制作。本作は2019年11月22日全米公開予定となっています。

イオン・プロの『The Rhythm Section』 全米公開日が2019年11月22日へ変更

Variety(2019年1月25日付)によると、映画『The Rhythm Section』の北米公開日が、2019年11月22日に延期となりました。

マーク・バーネル原作(邦題『堕天使の報復』)を映画化した『The Rhythm Section』はブレイク・ライヴリー主演、ジュード・ロウ主演のスパイ・スリラー。監督はリード・モラーノ。撮影の始まった2017年の時点で、公開日は2019年2月22日と決定していましたが、配給会社パラマウントは、11月のホリディ・シーズンに打って出る戦略へと変更したようです。

なお、同じイオン・プロダクションが制作する007映画『Bond 25』の公開が、当初予定の2019年11月から3ヶ月後に延期されており、これが今回の変更理由の一つになったと思われます。

映画『The Rhythm Section』公開延期か

Deadline(2019年1月14日付)によると、映画『The Rhythm Section』の公開が延期になりそうです。

『The Rhythm Section』はイオン・プロダクションが制作するスパイ・スリラー。主演はブレイク・ライヴリー、共演にジュード・ロウ。監督はリード・モラーノ。当初はパラマウント配給で、2019年2月22日全米公開予定となっていましたが、公開日前月である現時点においても、ポスターのキーアートや、予告編、公式サイトなどの情報が発表されておらず、宣伝活動を実施している気配がありません。

Deadlineは、理由や明確な時期を記していないものの、同作公開が延期になりそうだと伝えています。

『The Rhythm Section』はブレイク・ライヴリーの負傷で撮影が2度中断。2018年7月には何とか撮影を完了させたようですが、その後に製作会社で出資しているGlobal Road Entertainment(旧・IM Global)社が破産するなど、度々トラブルに見舞われています。また、この間にイオン・プロが手がけている『Bond 25』でも問題が発生し監督交代と制作・公開時期の延期が決まっており、この事も影響を与えた可能性があるかもしれません。

『The Rhythm Section』製作会社Global Roadが破産の危機

Variety(2018年9月4日付)によると、米映画製作会社のGlobal Road Entertainment社が近く破産する見通しのようです。

同社の前身はIM Global社とOpen Road Films社。この2つの映画会社をTang Media Partners社がそれぞれ買収して統合、Global Road Entertainmentとしてリブランドしていました。

IM Global時代はイオン・プロダクションと組んで映画『Film Stars Don’t Die In Liverpool』を製作。イオンとの協業はこの後も続き、マーク・バーネル原作でブレイク・ライヴリー主演のスパイ映画『The Rhythm Section』に出資。

イオンが制作する『The Rhythm Section』はライヴリーの負傷で撮影が2度中断するトラブルに見舞われましたが、7月に撮影完了。パラマウント配給で2019年2月22日に全米公開予定となっており、IM Globalはイオンと共に同作をシリーズ化し、複数の作品を製作する計画が伝えられていました。Global Roadがどのような形で破産するのか不透明のようですが、映画部門は銀行が既に差し押さえた模様で、イオンの計画は見直しを迫られる可能性が考えられます。


9/6追記:
Deadline(9月6日付)によると、Global Road Entertainmentは連邦破産法第11条の適用を申請したとのことです。この破産申請はOpen Road部門が対象で、IM Global部門が担当していたビジネスは別の取り扱いとなる模様です。

映画『The Rhythm Section』 2018年6月にスペインで撮影再開

La vos de Cádiz(2018年4月30日付)によると、映画『The Rhythm Section』の撮影が6月2日と3日にスペインのカディスで行われるようです。

同作は主演女優ブレイク・ライヴリーの負傷で撮影が2度も中断していましたが、再開の目処がたったようです。同市での撮影には、1,000人以上のエキストラと250人のスタッフが参加。必要な宿泊数はのべ5,000泊と、地元経済への好影響が期待されるようです。

スペインではカディスの他、アルメリアやマドリードでも撮影されるとのことです。

映画『The Rhythm Section』 2018年6月に撮影再開か

Deadline(2018年2月5日付)によると、映画『The Rhythm Section』の撮影が2018年6月に再開される見通しのようです。

『The Rhythm Section』は主人公ステファニー・パトリックを演じるブレイク・ライヴリーが昨年12月にダブリンで手を負傷し、撮影が一時中断。1月に入りニューヨークで撮影に挑む姿が目撃されましたが、その直後に制作休止が改めて発表される事態となっていました。制作側はライヴリーの怪我の快復を待って、スペインで6月から撮影を再び始める模様です。

スパイ・スリラー映画『The Rhythm Section』の監督はリード・モラーノ。ブレイク・ライヴリーの他、ジュード・ロウも出演。プロデューサーはイオン・プロダクションのマイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリ。007シリーズで特殊効果などを担当しているクリス・コーボールドが参加との未確認情報もあります。配給はパラマウントで、当初発表された北米公開日(2019年2月22日)に変更はないようです。

映画『The Rhythm Section』制作が再び中断

The Hollywood Reporter(2018年1月29日付)によると、映画『The Rhythm Section』の制作が再び中断したそうです。

主演のブレイク・ライヴリーは昨年12月にダブリンで撮影中に手を負傷し、制作が一時ストップ。その後1月に入ってニューヨークで撮影を再開している様子が報じられていました。しかし、当初の想定よりも回復状態が悪く、2度目の手術が必要になったとのこと。撮影再開の目処は立っていない様子で、5ヶ月後になるとの観測も。これまでに撮り終えたのは予定の半分とのことです。

『The Rhythm Section』はイオン・プロダクションが制作するスパイ映画で、予算は約5千万ドル。ジュード・ロウ共演で監督はリード・モラーノ。パラマウント配給で北米公開は2019年2月22日となっていましたが、この予定が変更になるか今のところ不明のようです。

ブレイク・ライヴリー ニューヨークで『The Rhythm Section』撮影中

Daily Mail Online(2018年1月13日付)によると、ニューヨークの街頭で1月13日、映画『The Rhythm Section』の撮影が行われたようです。

撮影には主演のブレイク・ライヴリーと共演者ジュード・ロウが参加。

ライヴリーは昨年12月にアイルランド・ダブリンでの撮影中に手を負傷、制作が一時中断していました。数日前にニューヨークで撮影された写真では、右手にサポーターを付けた状態で写っていましたが、撮影できるまでに回復したようです。

『The Rhythm Section』は007シリーズで知られるイオン・プロダクション制作のスパイ映画。監督はリード・モラーノ。原作・脚本はマーク・バーネル。配給はパラマウントで、北米公開予定日は2019年2月22日となっています。

『The Rhythm Section』 カディスで2018年1月撮影へ

Diario de Cádiz(2017年12月15日付)によると、スペインのカディス市は、同市で撮影されるイオン・プロダクション制作のスパイ映画『The Rhythm Section』への協力を発表しました。カディスでの撮影は2018年1月の開始予定。

12月19日には現地でエキストラの募集を実施予定。子供や70歳までの男女(人種・国籍不問)が参加できるとのことです。

『The Rhythm Section』のプロデューサーは、007シリーズを手がけるマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリ。アイルランド・ダブリンでの撮影中に主演のブレイク・ライヴリーが手を負傷、制作が中断するハプニングが発生しています。

カディスでは『007/ダイ・アナザー・デイ』(2002)でピアース・ブロスナンとハル・ベリーが参加するロケ撮影が行われ、キューバのハバナとしてスクリーンに登場。この他、トム・クルーズ主演のスパイ・コメディ『ナイト&デイ』(2010)も同市で撮影されました。

ブレイク・ライヴリー 『The Rhythm Section』撮影中の怪我で制作中断

The Hollywood Reporter(2017年12月4日付)によると、ブレイク・ライヴリーが映画『The Rhythm Section』の撮影中に手を負傷しました。

制作会社側が同誌に伝えた内容では、アクション・シーンを撮っている際の事故で、制作は中断しているとのことです。

12月3日には、アイルランドの首都ダブリンの街中で、ジュード・ロウと共にロケ参加しているブレイク・ライヴリーの様子が目撃されていました。