タグ別アーカイブ: アワード

ナオミ・ハリスが大英帝国勲章OBEを受章

イギリス政府は2016年12月30日、「New Year Honours List 2017」(新年の大英帝国勲章・叙勲者リスト)を発表しました。

この中で、『007/スカイフォール』(2012)、『007/スペクター』(2015)にミス・マネーペニー役で出演した英国女優のナオミ・ハリスはOBE(Officer of the Most Excellent Order of the British Empire)を受章することが明らかとなりました。

他にOBEの受章者として、『007/スカイフォール』で議員を演じたヘレン・マックロリーや『007/慰めの報酬』(2008)の外務大臣役ティム・ピゴット=スミスらも選ばれました。

ナオミ・ハリスらは年明けにOBEを授与されます。

ピアース・ブロスナン ヨーロッパ映画賞の名誉賞を受賞

Variety(2016年12月10日付)によると、12月10日、ポーランドで開催されたヨーロッパ映画賞(
European Film Awards)の授賞式で、ピアース・ブロスナンが名誉賞となる「European Achievement in World Cinema」を受賞しました。

この賞はこれまでの功績を讃えるもので、同賞のプレゼンターはブロスナン主演映画『愛さえあれば』を監督、007次回作監督候補との噂も流れたスサンネ・ビアが務めています。

サム・メンデス監督 第73回ベネチア国際映画祭の審査員長に就任

ベネチア国際映画祭公式サイト(2016年4月27日付)は、8月31日から9月10日まで開催される第73回ベネチア国際映画祭の審査員長に『007/スカイフォール』、『007/スペクター』を手がけたサム・メンデス監督が就任すると発表しました。

メンデス監督は他の審査員らと共に、コンペティション部門のトップとなる金獅子賞など計8つの賞に相応しい作品を選出し、最終日に各賞を授与することになります。なお、出品作品は7月に発表される予定です。

サム・メンデス監督は審査員長の就任に、「大変光栄です」とコメント。学生だった1984年にベネチアのグッゲンハイム美術館で働いた経験があり、自身の監督作『ロード・トゥ・パーディション』が第59回の同映画祭で出品されたことなどからも、ベネチアへの想いはひとしおのようです。

バーバラ・ブロッコリが英国映画テレビ芸術アカデミーのヴァイス・プレジデントに

英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)は2016年4月4日、同アカデミーの映画分野のヴァイス・プレジデント(副代表)として、バーバラ・ブロッコリを任命したと発表しました。任期は最長6年間。

BAFTAは英国アカデミー賞の授与団体。今後、ブロッコリ氏は同団体の顔となり、プレジデント(代表)を務めるウィリアム王子を補佐しながら、映画関連の活動を行っていくことになります。

バーバラ・ブロッコリ氏はプロデューサーとして、最新作『007/スペクター』を含め8作の007映画をマイケル・G・ウィルソン氏と共に制作。ウエストエンドやブロードウェイの舞台制作にも積極的で、2016年12月からニューヨークで公演予定の『Othello』(ボンド俳優ダニエル・クレイグが出演)にも関わっているようです。

サム・メンデス監督 ダニエル・クレイグのボンド役続投の可能性について語る

Empire(2016年3月22日付)によると、『007/スペクター』のサム・メンデス監督もダニエル・クレイグがボンド役を続けるのか、まだはっきり分からないようです。

『007/スペクター』は3月20日にイギリスで開催された Empire Awards でスリラー賞と英国映画賞をダブル受賞。授賞式に参加したメンデス監督は、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役を続投するのか尋ねられたようです。

クレイグのボンド役引退の噂は『007/スペクター』を撮り終えた直後に始まりましたが、監督も、ダニエルはボンドをもう辞めるつもりなのか、と感じたのだそう。しかし、それはダニエルが決めることで、続けるのならやる気を完全に出さないといけない。休暇を取ったり、他の役にチャレンジすることも必要だし、その後で彼がどう答えを出すのか見守りたい、と語ったようです。

また Empire は、『007/スペクター』でオーベルハウザーを演じたクリストフ・ヴァルツが合計3作の007映画出演契約を結んでいる可能性も伝えています。

『007/スペクター』主題歌 アカデミー歌曲賞を受賞

第88回アカデミー賞受賞式が2016年2月28日、ロサンゼルスで開催され、サム・スミスの歌う『007/スペクター』主題歌、『ライティングズ・オン・ザ・ウォール』が歌曲賞を受賞しました。

『ライティングズ・オン・ザ・ウォール』の作詞・作曲はサム・スミスとジミー・ネイプスが共同で手がけたもの。

007映画でアカデミー歌曲賞を受賞するのは、アデルが歌った『007/スカイフォール』(2012)に続き、2回目となります。

サム・スミスの『007/スペクター』主題歌がアカデミー歌曲賞にノミネート

アメリカの映画芸術科学アカデミーは2016年1月14日、第88回アカデミー賞各部門のノミネート作品を発表しました。

歌曲賞には、サム・スミスの歌う『007/スペクター』主題歌、『ライティングズ・オン・ザ・ウォール』を含む5タイトルがノミネートを受けました。授賞式はロサンゼルスのドルビー・シアターにて、2月28日(日本時間29日)開催予定です。

007シリーズで過去にアカデミー歌曲賞ノミネートを受けた作品は『007/死ぬのは奴らだ』(1973)、『007/私を愛したスパイ』(1977)、『007/ユア・アイズ・オンリー』(1981)、『007/スカイフォール』(2012)。このうち、アデルの『007/スカイフォール』はシリーズ初の受賞を果たしました。シリーズ外では、バート・バカラック作曲でダスティー・スプリングフィールドが歌った『007/カジノ・ロワイヤル』(1967)主題歌『恋の面影』もノミネートされています。

サム・スミスの『007/スペクター』主題歌 ゴールデン・グローブ主題歌賞を受賞

第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式が2016年1月10日、ロサンゼルスのホテル「ザ・ビバリー・ヒルトン」で開催され、サム・スミスが歌った『007/スペクター』のテーマ・ソング、『ライティングズ・オン・ザ・ウォール』が主題歌賞(Best Original Song)を受賞しました。

授賞式にはサム・スミスと、彼と共に作詞・作曲を手がけたジミー・ネイプスが姿を見せ、トロフィーを受け取っています。

映画007シリーズの主題歌がゴールデン・グローブを受賞するのは、アデルが歌った前作『007/スカイフォール』(2012)の主題歌に引き続き、これが2度目となります。

『007/スカイフォール』 グラミー賞2部門で受賞

第56回グラミー賞授賞式が1月26日、ロサンゼルスで開催されました。

アデルとポール・エプワースが共作した『007/スカイフォール』主題歌は「Best Song Written For Visual Media」(最優秀映像メディア楽曲賞)を受賞。トーマス・ニューマンによる『007/スカイフォール』スコアは「Best Score Soundtrack For Visual Media」(最優秀映像メディア・サウンドトラック賞)を受賞しました。

007シリーズ・プロデューサー PGA名誉賞を受賞

Deadline.com(1 月19日付)によると、1月19日、全米製作者組合主催の第25回PGA賞授賞式が開催され、映画007シリーズのプロデューサー、マイケル・G・ウィル ソンとバーバラ・ブロッコリが名誉賞である David O. Selznick Achievement Award を受賞しました。

受賞の際にはユナイテッド・アーチスツ元社長のデヴィッド・ピッカーが祝辞を述べ、ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグもプレゼンターとして登場したとのことです。