タグ別アーカイブ: キャリー・フクナガ監督

チャールズ皇太子が『Bond 25』セットを訪問

映画007シリーズ公式サイト(2019年6月20日付)によると、チャールズ皇太子が同日、パインウッド・スタジオの『Bond 25』セットを訪問、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリから案内を受けました。

MI6内部と思われる『Bond 25』セットでは、皇太子が主演のダニエル・クレイグ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ラッシャーナ・リンチ、キャリー・フクナガ監督らを訪問。

公開された写真に写っているのは、グレーのスーツ姿のダニエル・クレイグ、レイフ・ファインズ、フクナガ監督がMの執務室らしき部屋で皇太子と談笑する姿。皇太子は、秘書マネーペニーの部屋と思われるセットにいるナオミ・ハリスとノミ役ラッシャーナ・リンチとも挨拶されています。

プロデューサーらが立っているのはMI6内部の廊下と思われ、『007/スペクター』予告編にも映っていた、ボンドが歩く廊下のデザインに似ています。

『Bond 25』では007シリーズで初めて研修スタッフ受け入れ制度を導入したとのことで、チャールズ皇太子は007プロデューサーらが設立した映画学校London Film Schoolなどの学生にも会われています。

なお、同サイトはアストンマーティンDB5とV8が『Bond 25』に登場すると発表しています。

Daily Mail Online(同日付)の記事には、顔に傷のあるダニエル・クレイグの写真がアップで掲載されていますが、これは特殊メイクとのこと。ナオミ・ハリスの背景には、ジュディ・デンチが演じていたMの肖像画が飾られています。

チャールズ皇太子は『007/リビング・デイライツ』(1987)の際にもセットを訪問。同行したダイアナ妃から小道具の瓶で頭を殴られていました。


6/21:表現の修正、及びDaily Mail記事を追記しました。


6/21追記
イギリスの5 Newsはチャールズ皇太子訪問の映像(20分間以上)をYouTubeに投稿。この中で、ダニエル・クレイグは皇太子にDB5を紹介。『Bond 25』で飾られているM執務室の絵画は、第1作『007/ドクター・ノオ』のそれに酷似しています。また、皇太子は特殊効果のクリス・コーボールド、コスチューム・デザイナーのスティラット・ラーラーブとも挨拶。クレイグは皇太子に、撮影は約3分の1を終えたところで10月までかかると答えています。


6/21追記
People.com(6月20日付)掲載の写真には、「Palacio Velazquez」(ベラスケス宮殿)と名付けられたセットの前に立つチャールズ皇太子が写っています。舞台の一つとして噂になっているキューバの街を模しているのかもしれません。


6/21追記
007公式Instagramの映像では、『007/スペクター』に似たQのラボらしきセットが映っています。


6/21追記
ラッシャーナ・リンチの役名を訂正しました。

『Bond 25』スタッフが遅刻のキャリー・フクナガ監督と休日出勤に激怒か

The Sun(2019年6月17日付)によると、007映画最新作『Bond 25』撮影スタッフとキャリー・ジョージ・フクナガ監督の間に亀裂が生じているかもしれません。

多数のスタッフがロケ地でフクナガ監督を待っていたところ、監督は3時間遅れで到着。遅刻理由は、監督がプレイステーションでゲームに興じていたからなのだそう。

その後、上級スタッフが父の日を含む休日出勤をスタッフに頼んだそうですが、多くは抵抗したとのこと。ダニエル・クレイグの負傷などで撮影スケジュールは遅れがちのところへ監督が遅刻したため、スタッフの苛立ちは更にエスカレートした模様です。

記事内容の信憑性は不明ですが、この記者はクレイグの負傷やパインウッド・スタジオ事故を他メディアに先駆けて報じており、『Bond 25』関係者とのコネクションがあるものと思われます。


6/19追記
キャリー・フクナガ監督は6月18日、自身のInstagramを更新。監督は休む間も無く分刻みのスケジュールで準備や撮影をしており、どのスタッフも懸命に働き一致団結しているとし、スタッフに礼を失する態度はとっていないと投稿。ただし、プレイステーション好きは事実らしく、『レッド・デッド・リデンプション2』に夢中のようです。

ダニエル・クレイグ 『Bond 25』撮影復帰へ

映画007シリーズ公式Twitterは2019年6月16日、ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグが来週から『Bond 25』の撮影に復帰することを発表しました。

写真集『Bond on Set』で知られるグレッグ・ウィリアムズが撮った写真には、パインウッド・スタジオでプラスチック製ギプスを装着したままトレーニングに励むダニエル・クレイグの姿が写っています。

クレイグは5月上旬、ジャマイカで『Bond 25』の撮影中に足首を負傷。5月22日以降にニューヨークで手術を受けた模様で、手術後は2週間のリハビリに入ることが発表されていました。

また、キャリー・フクナガ監督は自身のInstagramに、パインウッド・スタジオで組まれたセットの写真(カチンコの日付は6月13日)を投稿。クレイグ不在中もパインウッドでの撮影は進行していたようです。

なお、パインウッドの007ステージでは6月4日に爆発事故が発生。同ステージ内での撮影はその後再開された様子がありません。007シリーズではこれまでにも、パインウッドにある複数のサウンドステージにセットを組んで撮影しており、今は007ステージ以外のステージを活用しているようです。

『Bond 25』ジャマイカで5月末頃まで撮影継続

Jamaica Gleaner(2019年5月18日付)によると、映画007シリーズ最新作『Bond 25』のジャマイカでの撮影が継続されているそうです。

ジャマイカでは『Bond 25』の為に約500人が雇用され、5月初めからポートランドで撮影に参加しているとのこと。役割は様々で、エキストラの他、セキュリティ、ドライバー、ケータリングや、パパラッチ監視担当も配置されたそうです。

また、このジャマイカではパーティー・シーンも撮影が行われたようで、エキストラがこれに参加した模様。

同紙は『Bond 25』に協力している地元制作会社Cinecom Productionsの代表にインタビュー。しかし、『Bond 25』関係の質問は2週間後(5月末頃)にして欲しいと言われたそうです。

キャリー・フクナガ監督は、自身のInstagramにジャマイカ・ロケが完了したことを5月10日付で投稿していましたが、どうやらこれは監督率いる第1班のことを指していたとみられます。

第2班など一部スタッフはこのままジャマイカに残留、地元のスタッフと共に5月末頃まで撮影を継続するものと思われます。

ダニエル・クレイグ 『Bond 25』セットでフクナガ監督と激論か

Metro News(2019年5月15日付)によると、ボンド役のダニエル・クレイグは『Bond 25』のセットでキャリー・フクナガ監督と激論を交わしていたようです。

掲載された写真にはジャマイカのセットで真剣な表情のクレイグとフクナガ監督の姿が。同サイトは、二人のジェスチャーなどから、白熱した議論が交わされたようだと伝えています。

写真の撮影日は不明ですが、その様子からクレイグが足首を負傷するよりも前だろうと推測しています。

また、Daily Mail Online(同日付)も同様の写真を掲載。ダニエル・クレイグが水辺で何かを投げる様子も写っています。

なお、ジャマイカでの撮影は既に完了。クレイグは近日中にパインウッド・スタジオでの撮影に入る模様です。

ノルウェー大西洋道路で『Bond 25』を6月に撮影へ

ノルウェーの公共放送局NRK(2019年5月13日付)によると、映画007シリーズ最新第25作『Bond 25』の撮影が同国で再開されるそうです。

ノルウェーでは主要撮影に先立ち、3月末に2ヶ所の湖(LangvannとLutvann)で撮影を数日間だけ行っていました。

新たな撮影場所に選ばれたのは、ムーレ・オ・ロムスダール県ノールモーレを通るアトランティック・オーシャン・ロード(大西洋道路)。全長約8キロの風光明媚な道路で、観光名所としても知られているようです。

NRKは、ヘリコプター運行会社Nord Helikopterが、地元航空当局に提出した飛行申請書の内容を入手。6月5日から14日の間、007映画撮影のためにヘリ2機がアトランティック・オーシャン・ロード上空を飛行するとの情報を掴んだ模様。1機はカメラを搭載、もう1機は人や機材の運搬用兼バックアップ。

この他にも、ムーレ・オ・ロムスダール県のラウマがロケ地になる可能性もあるとのこと。この地域にある町オンダルスネスはフィヨルドの景勝地で、ベースジャンプやロッククライミングが盛んなのだそうです。

なお、キャリー・ジョージ・フクナガ監督は2018年8月以前に、ムーレ・オ・ロムスダール県内各地のフィヨルドなどをロケハン旅行していた模様。具体的な地名はTrollstigen(ラウマの山道)、Ytre Standal、Norangsfjorden、Valldal。時期的にダニー・ボイル監督辞任の直前から直後にかけてと思われます。

これに同行していた友人Ameer Youssef氏がInstagramに旅の様子を投稿。同氏は『Bond 25』に参加している模様で、ロケ地ジャマイカでフクナガ監督がMacBookを使う様子や日の丸Tシャツを着ている姿も投稿しています。

『Bond 25』のキャリー・フクナガ 2年前から監督候補だった

シネマトゥデイ(2019年5月12日付)は、007シリーズ最新第25作『Bond 25』のキャリー・ジョージ・フクナガ監督との電話インタビュー内容を掲載しています。

インタビュー実施日はジャマイカで『Bond 25』の制作発表が行われた4月25日。

フクナガは『Bond 25』について話し合うため、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリからの依頼で約2年前に会っていたとのこと。

ダニエル・クレイグは同作続投を決断したのは2017年5月か6月頃と明かしており、クレイグの去就が明確になった直後の出来事だったと思われます。

その後、一旦はダニー・ボイルが監督に就任。ボイルの降板後にディスカッションが再開され、ようやくフクナガの監督就任に至ったとのこと。

『Bond 25』脚本は現在も修正を加えていることを認め、他の脚本家らとキャラクターやストーリーについて話し合っているとのこと。『Bond 25』をクレイグ=ボンド最終作という前提で撮ることはあまり考えていない様子です。

また、フクナガ監督はレア・セドゥの演じるマドレーヌ・スワンのキャラクターを『Bond 25』でさらに深く掘り下げる予定のようです。

この他、日系アメリカ人である監督は、日本についても語っています。

『Bond 25』ジャマイカ撮影が完了

キャリー・フクナガ監督の公式Instagram(2019年5月10日付)によると、007映画最新作『Bond 25』のジャマイカ・ロケが完了したようです。

フクナガ監督は海上から撮影したと思われる島の写真を投稿。テキストにはジャマイカでの撮影は終了、と書かれています。

ジャマイカでの撮影は4月28日開始。地元紙は5月末まで続くと報道していましたが、僅か2週間足らずで撮影を終えたことになります。


5/11追記
現地在住の方の写真付ツイート(5月9日付)によると、『Bond 25』の撮影に水上飛行機が使われたようです。

『Bond 25』の果てしなく続く脚本修正

Daily Mail Online(2019年5月10日付)によると、映画007シリーズ最新作『Bond 25』の脚本修正作業には撮影が進行している今も出口が見えてこないようです。

『Bond 25』は、ダニー・ボイル監督と彼の盟友である脚本家ジョン・ホッジが降板した後、ニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドが脚本家として返り咲き、キャリー・フクナガ監督も執筆に加わりました。

その後、フクナガ監督はリライトをスコット・Z・バーンズに頼みますが、その出来に満足できなかった為、クレイグはフィービー・ウォーラー=ブリッジを起用したそうです。

そして現在は、フィービー、フクナガ監督、ダニエル・クレイグの3人が加わりエンドレスに脚本修正を続けているのだとか。

制作関係者はフィービーがリライトのリライトを書いていると表現。筋書きはあっても台詞は突然修正されるらしく、恐らく編集室でつじつまを合わせるのだろうとコメント。一般的な映画では見られることでも、007映画は本来もっとまとまりがあったと嘆いているようです。

なお、ラミ・マレック、レイフ・ファインズ、ベン・ウィショーらはジャマイカの撮影には参加しない模様で、今後はヨーロッパでダニエル・クレイグに合流するとのことです。

記事の執筆者は、007映画情報に関するスクープでは信頼と実績があるBaz Bamigboye氏です。


5/11追記
同紙は、ダニー・ボイル監督が007を死なせる提案をして降板したと断定的に伝えています。

『Bond 25』がジャマイカで主要撮影開始 フクナガ監督が制作写真をインスタグラムに投稿

映画007シリーズ最新作『Bond 25』のキャリー・ジョージ・フクナガ監督がInstagramのアカウントを開設し公開しています。

今のところ投稿写真は2点。ジャマイカのゴールデンアイから見える海の写真と、『Bond 25』制作舞台裏写真。こちらには、カチンコが写っておりジャマイカでの撮影第1日目である4月28日の日付が。「Day 6」との投稿文もあり、これは撮影6日目を、カチンコの「78」はシーン番号を指すと思われます。ジャマイカは同作冒頭の話とプロデューサーのバーバラ・ブロッコリは説明していますが、この日撮影した部分はかなり物語が進行した状態のようです。また、カチンコには35mmとも記載。Kodakは同社Twitterで『Bond 25』が65mmと35mmを使うと公表していました。

007公式Twitterがフクナガ監督アカウントを紹介していることから、制作側公認で今後も写真を投稿していくことが期待されます。監督が007映画制作中にSNSアカウントを公に利用するのは、同シリーズで今回が初と思われます。

なお、フクナガ監督は以前からプライベートでInstagramを利用し100件以上の投稿もありますが、こちらは現時点で非公開アカウントとなっています。