タグ別アーカイブ: クリストファー・ノーラン

クリストファー・ノーラン 『Bond 25』監督就任の噂を否定

Daily Mail Online(PA、2018年2月18日付)によると、クリストファー・ノーランは、007シリーズ次回作『Bond 25』を自身が監督するとの噂を否定したようです。

クリストファー・ノーランは2月18日11時15分(ロンドン時間)から放送予定の BBC Radio 4 の番組『Desert Island Discs』に出演。この番組では、もし無人島に行くなら持ち込みたい音楽などをゲストに尋ねていますが、ノーランは『女王陛下の007』のサウンドトラックなどを挙げたようです。

話題が2019年公開予定の『Bond 25』の監督に及ぶと、ノーランは「自分じゃない、全く違う」と否定。プロデューサーのバーバラ・ブロッコリやマイケル・G・ウィルソン、それにサム・メンデス監督は素晴らしい仕事をしている、と評価した上で、自分は特に必要とされている訳ではない、とコメント。しかし、007シリーズからは常にインスピレーションを受けており、いつの日かぜひ監督したい、と語ったようです。

クリストファー・ノーランはこれまでに007プロデューサーらと複数回面談していることを公言。昨年から彼が『Bond 25』を監督するとの噂が度々流れており、ファンの間では、アカデミー賞の会員投票締切り後か受賞式前後のタイミングで、ノーラン起用の発表があるのではと期待する向きがあります。

クリストファー・ノーランに『Bond 25』と『Bond 26』の噂

Reddit(2017年12月7日付)に、007シリーズ次回作『Bond 25』とそれに続く『Bond 26』に関する興味深い噂が投稿されています。

ニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドの書いた『Bond 25』脚本はダニエル・クレイグの最後に相応しいもので、ヤン・ドマンジュの監督する公算が高いと見られていたようですが、契約はせず数ヶ月に渡って保留状態に。その間もイオン・プロダクションはドゥニ・ヴィルヌーヴなど複数の監督候補者の検討を続けているようです。

そこへクリストファー・ノーランが参上し、独自アイディアを披露。イオン側はこれを気に入ったようで、古い脚本を破棄する可能性があるとのこと。ノーランは『Bond 25』に何らかの形で関与し、『Bond 26』で監督として参加するかもしれないとのことで、基本的にイオンは様々な可能性を模索中の段階にあるそうです。

また『Bond 25』完成後には、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンが引退し、イオン・プロダクションが保有する007シリーズの権利を売り渡す可能性が高いことも指摘しています。

このRedditユーザーは、ヤン・ドマンジュが『Bond 25』監督候補者になっていることを、映画業界サイトが報じる1年前に指摘済み。自身は英国映画界とのコネクションがあることを示唆していますが、真偽の程は定かではありません。

007次回作『Bond 25』の監督にクリストファー・ノーラン?

スペインのファン・サイト Archivo 007(2017年12月2日付)は、007シリーズ次回作『Bond 25』監督に、クリストファー・ノーランの起用される可能性が高いと指摘しています。

同サイトは、米英の異なる筋から得た情報として、ノーランが『Bond 25』の作業を開始しており、公式発表の時期は2018年1月か2月頃になりそうだと伝えています。

このサイトは先月にも、複数のノーラン作品でスタント・コーディネーターを務めてきたトム・ストラザーズが、『Bond 25』に登用される可能性の高いことを報じていました。

007ファンで知られるクリストファー・ノーランは、007プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンやバーバラ・ブロッコリらと、数年間に渡って007映画監督就任の協議をしていたことを認めており、話し合いは少なくとも『007/スカイフォール』制作前から始まっていた模様です。

以前からノーランには、新しい俳優を使って007映画をやりたいとの希望があるとされていますが、『Bond 25』ではダニエル・クレイグの続投が既に決定済み。ノーランが心を変えて、クレイグ=ボンド作品の監督を手がけることにしたのか、その去就が注目されます。

クリストファー・ノーラン監督 007映画用に秘密のアイディアが、トム・ハーディは「素晴らしい」ボンド役に

クリストファー・ノーラン監督はMTVのポッドキャスト『Happy Sad Confused』(2017年7月19日付)に参加し、007映画に関する質問に答えています。

自身の監督作品でイギリス俳優のトム・ハーディを度々起用してきたクリストファー・ノーラン。ハーディがもしボンド役に就任すれば、素晴らしいものになるだろう、と語りました。

またノーラン監督は、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリやマイケル・G・ウィルソンらと007映画監督就任の話を続けていたことを改めて認め、これまで誰も思い付いていない様な、驚愕のアイディアを温めていることを明かしました。そのアイディアの中身について問われたノーランは、自分が監督する時に備えて明かせないと返答しています。

現時点で007シリーズ次回作『Bond 25』の監督は未定となっている模様です。

クリストファー・ノーラン 007映画の監督就任に再び意欲を示す

Variety(2017年7月10日付)は、Playboyが掲載したクリストファー・ノーラン監督のインタビューについて伝えています。

クリストファー・ノーランは、数年前にプロデューサーのバーバラ・ブロッコリやマイケル・G・ウィルソンらと話し合ったことに触れ、007シリーズは再度作り直す必要があると主張。自分の出番が来た暁には、007映画監督をぜひやりたい旨を語ったようです。

『Bond 25』監督にクリストファー・ノーランの噂

映画007シリーズ次回作『Bond 25』はクリストファー・ノーランが監督するのではないかとの憶測がインターネット上で急速に飛び交っています。

発端は映画データベース・サイトのIMDb。同サイトの『Bond 25』制作会社の項目でイオン・プロダクションと共にクリストファー・ノーランが率いる会社シンコピーが掲載され、同様にシンコピーのセクションには『Bond 25』が。この内容がもし事実であれば、ノーランの『Bond 25』監督就任は、ほぼ間違いないと思われます。

ただし、IMDbは一般人でも登録すれば情報の追加・編集が可能。情報の正確性についてIMDb側は基本的に保証しておらず、より多くのユーザーを誘うことで集約された情報が精査されることを期待するという運営方針。なお現時点(2017年5月5日)では、『Bond 25』のページからシンコピーが削除されています。

今回の情報の信憑性は不明ですが、ノーランは007シリーズのファンで監督への意欲も公の場で示しており、過去にはイオンのプロデューサーとも面談したとされています。時期はともかく、将来007映画の監督に就任しても不思議ではありません。

クリストファー・ノーラン 007映画の監督にコメント

The Daily Beast(11月10日)はクリストファー・ノーラン監督とのインタビューを掲載しています。

これまでにも007シリーズのファンであることを公言しているノーラン。007映画監督就任について、プロデューサーと何年かに渡って話し合いを続けていながらも、その話はまとまっていないと語りました。

また、『007/スカイフォール』を手がけたサム・メンデス監督の才能は素晴らしいと称えたうえで、次回作『Bond 24』(『ボンド24』)の公開時には真っ先に劇場へ駆けつける、とコメントしたようです。

『BOND 24』 クリストファー・ノーラン監督と製作者が協議中

Mail Online(5 月17日付)は、映画007シリーズのプロデューサーがクリストファー・ノーランに接触、次回作『BOND 24』(『ボンド24』=007シリーズ第24作)の監督就任についての話し合いを開始したと伝えています。この非公式の協議に加わっているのはノーラン本人と彼のエージェント、007プロデューサーのバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンとのことです。

現在、クリストファー・ノーランは2014年11月北米公開予定のSF映画『Interstellar』のプリ・プロダクション中。ノーランが『BOND 24』の監督に決定した場合、当分の間は準備に入れないため、同作の公開時期は2015年頃になるかもしれません。

これまでクリストファー・ノーランは007シリーズのファンであることを度々公言。監督への意欲も示していました。