タグ別アーカイブ: ジョン・ローガン

ポール・ハギスが『Bond 25』脚本に参加?

Geeks WorldWide(2019年1月1日付)は、ポール・ハギスが映画007シリーズ次回作『Bond 25』の脚本を提出した、と伝えています。

ハギスが2018年11月22日付で提出したとされる脚本は、ニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドのバージョンに手を加えたもので、中途を示す表示があるのだそう。同サイトは、ハギスはキャリー・ジョージ・フクナガ監督の就任以前に呼ばれたのだろうと推測。フクナガ監督が完成に向けて動いている脚本は、このハギスのバージョンではないかとも指摘しています。

しかし2018年頭、ハギスは複数の女性から性的被害の告発を受けていることが報道され、現在もこの問題は終結していない模様。ハギス側はサイエントロジーの陰謀である可能性を示唆し疑惑を否定しているものの、映画界における女性進出のサポートに尽力しているイオン・プロダクションのプロデューサーが極めて重大な犯罪の嫌疑がかかっている渦中の人物に脚本修正の依頼を出したとは、俄かには信じ難い話です。

ポール・ハギスはニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドと共に、『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)と『007/慰めの報酬』(2008)の脚本を担当。その後は007シリーズから離れましたが、シリーズへの復帰の意欲は示していました。

そもそも『Bond 25』(2020年公開予定)には、『007/スペクター』(2015)との2部作構想で連続制作する計画があり、2012年にはジョン・ローガンが『Bond 25』の脚本執筆を開始。その後、ダニエル・クレイグやサム・メンデス監督の反対で連続制作のプランは没になり、ローガンは『Bond 25』から離脱。

2017年には仕切り直しでパーヴィス&ウェイドの2人が脚本を書いていたようですが、2018年にダニー・ボイルが監督に就任するとジョン・ホッジが脚本を担当。ホッジはボイル監督の案を発展させ撮影準備も進んでいましたが、数ヶ月でボイル&ホッジは降板。結局、パーヴィス&ウェイドのコンビが呼び戻され作業を再開していたようです。

『007/スペクター』 ボンド役ダニエル・クレイグが脚本を修正か

Daily Mail Online(2015年6月19日付)は、『007/スペクター』の脚本を、主人公ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグがリライトしていると伝えています。

シリーズ最新第24作『007/スペクター』脚本は『007/スカイフォール』のジョン・ローガンが単独で手がける予定でしたが、途中からサム・メンデス監督たっての願いで007シリーズ5作品を手がけたニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドのベテラン・コンビが再登板し、ローガン単独版の脚本を修正したといわれています。

しかしその後も脚本がうまくまとまらなかった様子で、2014年12月に本撮影が開始された後も、ダニエル・クレイグ自ら修正作業をしているとのことです。

なお、クレイグは、『007/慰めの報酬』(2008)制作時にも、脚本家組合ストライキの為、マーク・フォースター監督と共に脚本のリライトを行っています。

『007/スペクター』は現在も撮影が継続しており、今週末にはロンドン・テムズ川周辺で再びロケ予定でモロッコ・ロケも控えています。『007/スペクター』の世界公開日は2015年11月6日、日本公開は12月4日です。

『Bond 24』 撮影開始は11月下旬か12月上旬

Mail Online(8月1日付)によると、ニール・パーヴィスとロバート・ウェイドが担当していた『Bond 24』(『ボンド24』)の脚本修正作業が完了、11月下旬から12月上旬にかけて撮影が始まる見通しのようです。

当初はジョン・ローガンが単独で『Bond 24』の脚本を担当していましたが、サム・メンデス監督の強い希望でニール・パーヴィスとロバート・ウェイドが呼び戻されることに。二人はローガンの脚本にユーモアを増やすだけではなく、大掛かりな修正を加えたようです。

出演者はボンド役ダニエル・クレイグの他に、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベン・ウィショーら『007/スカイフォール』のキャストが続投。ボンド・ガールはまだ決定していないとのことです。

映画007シリーズ第24弾『Bond 24』は2015年10月23日イギリス公開、11月6日アメリカ公開予定です。

『Bond 24』 脚本が完成か

Deadline.com(7月24日付)によると、サンディエゴで開催されているコミコンに映画007シリーズ次回作『Bond 24』の脚本家ジョン・ローガンが参加しました。

ローガンはパネル・ディスカッションで、『Bond 24』の脚本を終えた、と発言した模様です。しかし、リライトに加わったと6月に報じられていたニール・パーヴィスとロバート・ウェイドの作業分も含めて完成したのか、ローガンが担当した部分のみを終えたという意味なのか、詳細は不明です。

『Bond 24』 脚本の修正で撮影開始が12月に延期か

Mail Online(6月27日付)によると、映画007シリーズ次回作『Bond 24』(『ボンド24』)脚本の大掛かりな見直しが進行しているようです。

本来はジョン・ローガンが単独で執筆を始めていた『Bond 24』の脚本。『ワールド・イズ・ノット・イナフ』から『007/スカイフォール』まで連続5作の007作品を担当し一旦はシリーズから引退していたロバート・ウェイドとニール・パービスのコンビが、ここへ来て急遽呼び戻され脚本の修正作業に参加しているようです。『Bond 24』の関係者は、現場のこの様子を「静かな騒動」だと表現したようです。

ウェイドとパービスの作業に求められているのはユーモアの要素。ボンドとマネーペニーとの間での機知に富む会話や、ボンドとMとの人間関係を深く掘り下げて描くことなども期待されているようです。

『Bond 24』の撮影開始時期は10月や11月などと報道されていましたが、この関係者のコメントでは、脚本の完成待ちのために12月へ延期となるようです。また、プロデューサーやソニー側は『リア王』と『キャバレー』のステージの演出で忙しいメンデス監督の手が空くのを待つことにしていた為、前々からクランクインの遅れは織り込み済みだったとも同紙は伝えています。

また、メンデス監督や制作スタッフらは現在ロケーション候補地を調査中だとのことで、まだ撮影地は決定していない模様です。

脚本家ジョン・ローガン 映画007シリーズからの離脱を示唆か

『007/スカイフォール』の脚本家ジョン・ローガンが Chicago Sun-Times(6月10日付)とのインタビューに応えています。

シカゴで6月25日から本公演が始まるスティングのミュージカル『The Last Ship』台本も手がけたジョン・ローガン。話題が次のミュージカル作品になると、「007映画や大作映画はもうやり尽した感があって次第に興味は薄れてきている… 将来的にはシアターやテレビにほぼ専念することになると思う」と語りました。

ジョン・ローガンは2012年の時点で007シリーズ次回作『Bond 24』に加え『Bond 25』の脚本執筆に入っていることが明らかになっています。007映画のファンであることを公言し『007/スカイフォール』は最高の経験と語ったこともあるローガンですが、『Bond 26』からはシリーズを降板し別の脚本家が担当することになるのかもしれません。

『Penny Dreadful』上映会に007シリーズのメンバーらが出席

Mail Online(5月12日付)によると、5月12日、テレビ・シリーズ『Penny Dreadful』の上映会がロンドンのホテルで開かれ、主だった出演者らが参加しました。

同紙は、4代目ジェームズ・ボンドのティモシー・ダルトン、『007/カジノ・ロワイヤル』ボンド・ガールのエヴァ・グリーン、『007/慰めの報酬』と『007/スカイフォール』のロリー・キニア、『007/スカイフォール』と『Bond 24』の監督で『Penny Dreadful』ではエグゼクティブ・プロデューサーを務めているサム・メンデスらが一堂に会した写真を掲載しています。

『Penny Dreadful』はヴィクトリア時代のロンドンを舞台にしたゴシック・ホラー。クリエイターは『007/スカイフォール』、『Bond 24』、『Bond 25』の脚本家ジョン・ローガン。アメリカでは5月11日から放送が始まっており、イギリスでは5月20日の開始予定です。

脚本家ジョン・ローガン 『Bond 24』を語る

007シリーズ次回作『Bond 24』(『ボンド24』)の脚本家ジョン・ローガンが Empire(3月5日付)とのインタビューに応じ、同作の脚本について語りました。

『Bond 24』は最初の草稿がほぼ完成しており、『007/スカイフォール』のテーマを踏襲することに。『007/カジノ・ロワイヤル』と『007/慰めの報酬』の要素も盛り込まれている可能性があるようです。また、ボンド役のダニエル・クレイグは前作までと同様、脚本作成に深く関わっているとのことです。

Empire が投げかけた以下の質問、『Bond 24』と『Bond 25』は2部作か、犯罪組織 Quantum は復活するか、ブロフェルドは登場するか、ボンド以外のダブル・オー・エージェントは登場するか・・・については全て「ノー・コメント」を貫いたようです。

『007/スカイフォール』の脚本作りは自身が手がけた映画の中で一番楽しかったというジョン・ローガン。『Bond 24』でも同じように仕事を楽しんでいる様子で、最後に『Bond 24』は『007/スカイフォール』のような大作になるかと訊かれたローガンは、もっと凄い映画になるとコメントしています。

『Bond 24』の仮題(仮称)で知られる映画007シリーズ第24作はイギリスで2015年10月23日公開予定です。

『Bond 24』と『Bond 25』は『007/スカイフォール』路線を踏襲

IGN(1月17日付)は『007/スカイフォール』の脚本家で007シリーズ次回作『Bond 24』、『Bond 25』の脚本も手がけているジョン・ローガンとのインタビューを掲載しています。

2015年10月英国公開予定の『Bond 24』(『ボンド24』)と次の『Bond 25』(『ボンド25』)について尋ねられたローガン。『007/スカイフォール』で築いたテーマ、アイディア、キャラクターを踏襲すると答えたようです。

MGMが2013年に権利取得を発表したボンドの宿敵ブロフェルドを『Bond 24』に登場させるかとの問いには、明言を避けた模様です。

サム・メンデス監督がアイルランドで『Bond 24』のロケハン?

entertainment.ie(10月11日)によると、007シリーズ次回作『Bond 24』(『ボンド24』)のサム・メンデス監督は、現在アイルランドで同作のロケハン中かもしれません。

同サイトはサム・メンデスが10月10日、恋人レベッカ・ホールとアイルランドのダブリン行き航空機に搭乗している姿が目撃されたとの未確認情報を得た模様で、アイルランド訪問の目的が『Bond 24』ロケハンである可能性を示唆しています。

しかし、サム・メンデスは『Bond 24』脚本家のジョン・ローガンと共にテレビ・シリーズ『Penny Dreadful』でエグゼクティブ・プロデューサーを務めており、アイルランドで行われているこのドラマの撮影に参加することが実際の渡航目的なのかもしれません。

また、ジョン・ローガンは9月の記者会見で、アイルランドを『Bond 24』のロケ地とすることに前向きであることを発言しています。