タグ別アーカイブ: スタント

『007/黄金銃を持つ男』で回転ジャンプのAMCホーネット・ハッチバックが競売に

Auctions America は、映画『007/黄金銃を持つ男』の撮影で使用されたボンド・カーのAMCホーネットX・ハッチバックをオークションに出品します。期間は2017年8月31日から9月3日まで。予想落札価格帯は25万ドルから35万ドル。

『007/黄金銃を持つ男』(1974)では、敵のスカラマンガを追うジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)がタイの川沿いにホーネットを運転。途中崩落した橋を物ともせず、360度回転しながら対岸へジャンプします。

360度回転(アストロ・スパイラル)ジャンプ・スタントの考案者はスタント・ドライバーのジェイ・ミリガン。1972年頃の実演で成功させた後、007映画での採用をイオン・プロダクションのプロデューサーへ提案。採用されたアストロ・スパイラルの技術は他の映画で使われないよう特許出願されました。

バンコック郊外でのスタント・シーン撮影の為に、コンピューターを利用。安全な回転ジャンプに必要な速度やスロープの傾斜角度などが緻密に計算されました。劇中でスタント・ドライバーを担当したのはローレン・“バンプス”・ウィラード。綿密な事前準備が功を奏し、撮影は最初のテイクで成功。映画で初のアストロ・スパイラル・ジャンプとして、ギネス記録に認められました。

撮影後、このホーネットはニューヨークにあるジェイ・ミリガンの会社へ送られ、ミリガンのコレクションの一部に。1回しかジャンプが行われなかった模様で、このスタント撮影で実際に使われたホーネットは今回出品されるものが唯一となります。

『007/スペクター』ロンドン・ロケ地情報#6 ヴォクソール・ブリッジ

『007/スペクター』タイトル・シークエンス後、スピードボートでテムズ川を下るジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)とタナー(ロリー・キニア)。二人が最初にくぐる橋はヴォクソール・ブリッジで、南岸にMI6が、対岸にはCNS(Centre for National Security=国家安全保障センター)が見えます。

MI6は現実の諜報機関で、本部は映画と同じ場所に建っています。一方、CNSは架空の存在。CNS内部のシーンはロンドン市庁舎とスタジオで撮影されており、外観はCGで現実にあるのは建設中のマンション「Riverwalk」です。

クライマックスは再びMI6とCNSが舞台に。フランツ・オーベルハウザー(クリストフ・ヴァルツ)のヘリコプターがCNS横に駐機されていますが、この場所はリバーサイド・ウォーク・ガーデンズ。その名の通り、川沿いにある小さな公園で、普段は人影まばら。この場所でのロケ撮影時にはヴァルツの他に、007シリーズのスタントマンとして知られ『007/リビング・デイライツ』(1987)には兵士役で登場したポール・ウェストンがオーベルハウザーの運転手らしき姿で目撃されていましたが、その出演シーンは本編からカットされました。

『007/スペクター』ロンドン・ロケ地 - ヴォクソール・ブリッジ(MI6本部)
MI6本部
『007/スペクター』ロンドン・ロケ地 - ヴォクソール・ブリッジ
ヴォクソール・ブリッジ
『007/スペクター』ロンドン・ロケ地 - ヴォクソール・ブリッジ(Riverwalk)
ヴォクソール・ブリッジから見るRiverwalk
『007/スペクター』ロンドン・ロケ地 - ヴォクソール・ブリッジ(リバーサイド・ウォーク・ガーデンズ)
リバーサイド・ウォーク・ガーデンズ

 

『007/スペクター』の爆発シーンがギネス世界記録に

映画007シリーズ公式サイト 007.comGuinness World Records(共に2015年11月10日付)によると、映画『007/スペクター』の爆発シーンがギネス世界記録として認定されました。

「映画史上最大規模の爆破シーン」となったのは、モロッコのエルフードで2015年6月29日に撮影されたもの。灯油8,418リットルと爆薬33キロを使用し、TNT火薬68.47トンに相当する爆発が作り上げられたそうです。この記録が与えられたスタッフは『007/スペクター』で特殊効果とミニチュア撮影のスーパーバイザーを担当しているクリス・コーボールド。プロデューサーのバーバラ・ブロッコリ、ジェームズ・ボンド役ダニエル・クレイグ、マドレーヌ・スワン役レア・セドゥらがコーボールドの代理として11月10日、認定証を受け取ったとのことです。

『007/スペクター』 メキシコで再びヘリのアクション撮影

Daily Mail Online(2015年4月1日付)は、メキシコシティでの『007/スペクター』撮影の模様を伝えています。

3月30日は、市内中心部の憲法広場で、多数のエキストラが「死者の日」パレード参加者に扮する中、飛行するヘリコプターに乗った2人のスタントマンの闘うシーンが撮影されたようです。

ダニエル・クレイグのスタントマンはネイビーのスーツ姿で顔には複数のドットが見えます。編集の際にはCGを用いてクレイグの顔に置き換えられるものと思われますが、別の日にはクレイグの顔を模したマスクが使われていました。

また、Excelsior(3月31日付)によると、主演ダニエル・クレイグのメキシコでの撮影参加は3月28日が最終日。その後のメキシコ・ロケはボディダブル(スタントマン)が担当。メキシコシティを終えた後は、撮影第2班がチアパス州パレンケでヘリを使った撮影を継続するとのことです。

なお、メキシコのスクリーン時間は合計で約10分間になるとのことです。

『007/スペクター』メキシコ・ロケでヘリのアクションを撮影

Daily Mail Online(2015年3月29日付)によると、『007/スペクター』メキシコ・ロケで、ヘリコプターを使ったアクションが撮影されたようです。

撮影が行われたのは3月28日土曜日。ボンド役ダニエル・クレイグと敵役のボディ・ダブルたちが飛行中のヘリコプター内で闘ったようです。また、ダニエル・クレイグのボディ・ダブルは、クレイグの顔を模したマスクを装着していたとのことです。

Excelsior(2015年3月29日付)によると、この日はメキシコシティ・ロケ9日目。ロケがあったのはメキシコシティの憲法広場。ボディ・ダブルたちが撮影に参加したのは28日の午前11時過ぎから午後3時頃まで。午前8時50分頃から11時前まではダニエル・クレイグ本人と敵役の俳優も参加していたとのことです。

『007/スペクター』 ダニエル・クレイグとデイヴ・バウティスタが夜のローマでカーチェイス撮影

Repubblica.it(2015年2月24日付)によると、2月23日夜から翌朝にかけ、『007/スペクター』のカーチェイス・シーンがローマ市内で撮影されたようです。

撮影が行われたのは、タッソーニ広場からトッレ・アルジェンティーナ広場にかけてのストリート「Corso Vittorio Emanuele II」。22時20分からダニエル・クレイグが乗るボンド・カーのアストン・マーチンDB10と悪役デイヴ・バウティスタのジャガーC-X75とがカーチェイスを繰り広げたようです。

シスト橋にはエキストラが集結し通行人の役を演じたようですが、期待されていたパラシュート・ジャンプの撮影はなかった模様です。

Repubblica.it の写真掲載ページ

『007/スペクター』 ローマ・トラステヴェレ地区で空中アクション撮影へ

– この記事はアクション・シーンの内容について触れています –

Leggo(2015年2月23日付)によると、映画007シリーズ第24作『007/スペクター』のロケが続いているイタリアの首都ローマで、2月23日夜に空中アクション・シーンが撮影されるようです。

撮影場所はローマのトラステヴェレ。この地区にはテヴェレ川にかかるシスト橋があり、ジェームズ・ボンドがパラシュートで橋上に降りるシーンが撮影されるようです。撮影時間は23日19時から翌朝7時まで。テヴェレ川両岸沿いの道路は、マッジーニ橋からトラステヴェレ通りまでの間(途中、シスト橋を含む)で、駐車禁止などの規制が敷かれている模様です。

『007/スペクター』 オーストリア・ロケが終了

Tiroler Tageszeitung(2015年2月20日付)によると、映画007シリーズ最新作『007/スペクター』のオーストリア・ロケが2月18日に終了したようです。

オーストリア・ロケは2014年12月に開始。チロル州ゼルデンやオーバーティリアッハを中心に主役のダニエル・クレイグらが参加しアクション・シーンなどが撮影されていました。

撮影は順調に進んでいたようですが、最終日の18日には事故が発生。45歳のスタントマンが運転する車が撮影第2班のスタッフ3人に衝突。重傷の2人はヘリで病院に搬送されています。

また、Kleine Zeitung(2015年2月20日付)によると、オーバーティリアッハとゼルデンでの撮影日数は33日間。オーバーティリアッハでは平穏な日々が戻りましたが、村長は007映画のロケ地であることを観光の売り文句にしたい考えで、観光当局も同地に作られた通称「ボンド・ハウス」のセットを残そうとしているようです。

『007/スペクター』 ロケ地オーストリアで撮影中に車の事故発生

The Hollywood Reporter(2015年2月17日付)によると、映画007シリーズ最新第24作『007/スペクター』(原題)のロケ地オーストリアで2月17日、撮影中に事故が発生したようです。

事故があったのはゼルデン。カメラ搭載車が道路を外れて建物に突っ込んだ結果、2人のスタッフが重傷に。うち1人は『007/ユア・アイズ・オンリー』(1981)から007シリーズに参加している撮影第2班の助監督テリー・マッデンとのことです。

また、Daily Mail Online(2015年2月18日付)によると、事故の場所はインスブルックとのことで、2人は車の下敷きになり、うち1人はヘリコプターで病院に搬送。事故によって撮影機材も破壊され、撮影済みフィルムも使い物にならなくなった模様です。

『007/スペクター』 ローマ・シスト橋でのロケ計画に変更か

ー この記事はアクション・シーンの内容について触れています ー

Mirror Online(2015年1月24日付)によると、映画007シリーズ最新第24弾『007/スペクター』(原題)の撮影が行われる予定のローマで、一部ロケに対して反対の声が上がっているようです。

問題となっているのは、ローマ市内のテベレ川に架かるシスト橋(Ponte Sisto)でのロケ。計画では、橋の上や周辺でジェームズ・ボンド役ダニエル・クレイグの参加するアクション・シーンが3月に撮影されることになっています。

しかし、15世紀に建造された歴史的価値のある橋が撮影でダメージを受ける可能性を憂慮している人々や、ローマ教皇インノケンティウス10世の愛人オリンピア・マイダルキーニの霊が現れる場所だと信仰的理由からロケを反対する人々の抗議の声が、当局に寄せられているとのことで、同紙は、代替地を探す必要があるかもしれない、としています。

ローマ市内ではこの他にも、「Via delle Quattro Fontane」と「Via del Quirinale」の十字路でのカー・チェイス撮影計画が、建造物損傷の危険性を指摘する当局から変更を迫られているようです。