タグ別アーカイブ: ダニエル・クレイグ

銀色アストンマーティン・ヴァルハラが『Bond 25』のパインウッド撮影所に到着

The Sun(2019年6月19日付)によると、『Bond 25』が撮影されているロンドン郊外のパインウッド・スタジオに6月18日、シルバー・カラーのアストンマーティン・ヴァルハラ(Valhalla)が到着、ダニエル・クレイグがチェックを行ったようです。

ヴァルハラのコードネームは「AM-RB 003」で、正式名称は同日に発表されたばかり。この新モデルは『Bond 25』にボンド・カーとして登場する模様。

また、007ステージで発生した爆発事故については、安全衛生庁(HSE)の調査が18日に完了。追加調査は必要がないとのことで、撮影継続に事実上のゴーサインが出たようです。

なお、ダニエル・クレイグは足首を痛め手術を受けていましたが順調に回復している様子で、既に固定具は外れているとのこと。そして主要キャストの一人、ダリ・ベンサーラは自身のInstagramにパインウッドのセット写真を18日に投稿。マネーペニー役のナオミ・ハリスも19日から『Bond 25』の撮影に入ることが明らかになっており、同作の撮影はいよいよ軌道に乗ってきたようです。

ヴァルハラのボンド・カーとしての発表は今週中に行われる模様で、『Bond 25』題名の発表もそろそろあるかもしれません。

ダニエル・クレイグに会い『Bond 25』セットを訪問できるチャンスが

チャリティ・ファンドレイジング団体のOmazeは2019年6月18日から、ダニエル・クレイグ夫妻が理事を務める学生サポート団体The Opportunity Networkへの寄付を募っています。

寄付者の中から抽選で、1名とその同伴者にジェームズ・ボンド俳優ダニエル・クレイグとロンドン郊外のパインウッド・スタジオで会える権利が当たります。クレイグは当選者からの質問も受け付けるとのことで、『Bond 25』に関する情報が得られる可能性も。クレイグは『Bond 25』のセットの案内役も務めてくれるとのこと。また、パインウッド内で過去に撮影された007映画の跡を巡るツアーも用意されているそうです。

他に、ロンドンへの航空券と、4つ星ホテル宿泊も付いています。

申し込みはOmaze公式サイトから。募集締め切りは7月25日のようです。

ダニエル・クレイグ 『Bond 25』撮影復帰へ

映画007シリーズ公式Twitterは2019年6月16日、ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグが来週から『Bond 25』の撮影に復帰することを発表しました。

写真集『Bond on Set』で知られるグレッグ・ウィリアムズが撮った写真には、パインウッド・スタジオでプラスチック製ギプスを装着したままトレーニングに励むダニエル・クレイグの姿が写っています。

クレイグは5月上旬、ジャマイカで『Bond 25』の撮影中に足首を負傷。5月22日以降にニューヨークで手術を受けた模様で、手術後は2週間のリハビリに入ることが発表されていました。

また、キャリー・フクナガ監督は自身のInstagramに、パインウッド・スタジオで組まれたセットの写真(カチンコの日付は6月13日)を投稿。クレイグ不在中もパインウッドでの撮影は進行していたようです。

なお、パインウッドの007ステージでは6月4日に爆発事故が発生。同ステージ内での撮影はその後再開された様子がありません。007シリーズではこれまでにも、パインウッドにある複数のサウンドステージにセットを組んで撮影しており、今は007ステージ以外のステージを活用しているようです。

杖をついたダニエル・クレイグ NY空港に姿を見せる

Daily Mail Online(2019年6月10日付)は、ニューヨークで撮影されたダニエル・クレイグの写真を掲載しています。

クレイグの姿が目撃されたのは6月9日午後で、場所はJFK空港。両手に杖を、左足にはプラスチック製のブーツ型ギプスをつけ、自力歩行していたようです。

クレイグは『Bond 25』の撮影に加わるため、ロンドンへ向かったものと思われます。

クレイグは5月上旬、ジャマイカで『Bond 25』を撮影中に転倒し足首を負傷。手術後は2週間のリハビリが必要と公式発表されていました。

『Bond 25』撮影スケジュールの組み直し中か

The Sun(2019年6月9日付)によると、制作側は『Bond 25』撮影スケジュールの組み直しに頭を悩ませているようです。

主演ダニエル・クレイグは、5月にジャマイカで足首を負傷、手術と2週間のリハビリを受けることが発表されました。メインの悪役を演じるラミ・マレックには他作品への出演契約があり、クレイグが復帰する頃にはその作品の撮影に参加する必要があるとのこと。

この二人が面と向かって演技をする場面は必要不可欠ですが、現状で二人同時に撮影できる日は無くなったそうです。

また、6月4日にはパインウッド・スタジオの007ステージで爆発事故が発生。

当初は9月のクランクアップ予定だったそうですが、クレイグの負傷に事故が重なり、10月末か11月上旬へずれ込みそうだとのこと。

プロデューサーは、撮影スケジュール全体の組み直しを余儀なくされており、ダニエル・クレイグとラミ・マレックが同じ日に撮影できるよう、調整を続けている模様です。

なお、このSunの記者は、パインウッドの事故をいち早くスクープしていました。

『Bond 25』撮影で負傷のダニエル・クレイグ 足首手術後は2週間リハビリへ

映画007シリーズ公式サイトは2019年5月22日、ジャマイカで007映画最新作『Bond 25』を撮影していたダニエル・クレイグが足首を負傷し、簡単な手術を受ける予定だと発表しました。

リハビリは手術後に2週間行われ、その間も『Bond 25』撮影は継続されます。また、2020年4月の英米公開スケジュールに変更はないとのことです。

クレイグの足首負傷は5月13日に初めて報じられましたが、キャリー・フクナガ監督はジャマイカでの撮影が完了したことを5月10日にInstagramで伝えており、少なくとも5月10日以前に負傷したものと思われます。現在クレイグは自宅のあるニューヨークへ戻っているようです。

クレイグは『007/スペクター』撮影中にも膝を負傷し手術。この際は撮影が全面的に中断し、サム・メンデス監督は現場を離れ休暇を取っていました。


5/24追記
ダニエル・クレイグ負傷をスクープしたThe Sun(5月23日付)によると、クレイグは5月23日の時点でロンドン郊外のパインウッド・スタジオにいた模様です。クレイグはジャマイカでの負傷後ニューヨークへ戻り検査を受けたと報道されていました。その後イギリスでのスタジオ撮影に入ったものの、状態が悪く手術を決断したものかもしれません。同紙は、今日(米国時間5月23日?)手術を受けるとも伝えています。


5/24追記
Daily Mail Online(5月24日付)は、5月23日に撮影された、パインウッド・スタジオにいるダニエル・クレイグの写真を掲載しています。説明文によると、セットから出てきたクレイグは痛みを堪えながら歩いていたようです。

ボンド・ガール候補だったリサ・レイ 『007/慰めの報酬』オーディションを振り返る

Scroll.in(2019年5月22日付)は、カナダ女優リサ・レイの自叙伝『Close to the Bone』からの抜粋を掲載しています。

カナダ出身のリサ・レイはモデルや女優としてインド、カナダ、アメリカ等で活躍。2008年製作・公開『007/慰めの報酬』のボンド・ガール、カミーユ・モンテス役オーディションに参加した経験を書いています。

自身の名前がプリントされている『007/慰めの報酬』台本を読んだリサ・レイ。チリのアクセント習得が必要だと思い、チリ人にセリフを吹き込んでもらい事前準備したそうです。

ファースト・クラスのチケットを渡されロンドンへ。宿泊は高級ホテルのザ・ランドマーク。そこには別のボンド・ガール候補者2人(オルガ・キュリレンコとガル・ガドット)がいたそうですが、顔は合わせなかったとのこと。

次の日はパインウッド・スタジオへ。ドレッシング・ルームにはマーク・フォースター監督や、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリが顔を出し「頑張って」と声を掛けてきたのだそう。

スタジオにはこのオーディション専用に作られた荒野のセットが。そこで待機していると、後光が差す中、ダニエル・クレイグが登場。それは最高にドラマチックな出会いで、彼からオーラが放出されていたそうです。

場を和ませようと、クレイグにジョークを言ったものの失敗。最初のテイク後には、監督からそのアクセントはいらないと駄目出しされ混乱。緊張もあってか、思い通りにはいかなかったようです。

2007年のクリスマスが近づき、再度オーディションを開くという噂が耳に入ったそうですが、すぐにオルガ・キュリレンコに決まったことを知り、自分には元々チャンスがなかったと諦めたようです。

なお、リサ・レイは最後まで残ったカミーユ役候補者3人の中のひとりだった模様です。

『Bond 25』ベッドシーンにコーチを雇う?

The Sun(2019年5月19日付)は映画007シリーズ最新第25作『Bond 25』でインティマシー・コーチが雇われたと伝えています。

インティマシー・コーチ/コーディネーターの役割は、ベッドシーンの監修や指導。制作者と俳優の間や俳優間に入り込み、相手に対しどこまで触っていいのか・触らせていいのか、どんな表現まで許せるのか、その線引きを手伝っているようです。

プロデューサーは『Bond 25』を最新の流れに合わせようとしており、#MeToo時代を迎えて007映画も変化したとのこと。

インティマシー・コーディネーターはダニエル・クレイグとアナ・デ・アルマスのシーンが書かれた台本をチェック、セットでも立ち会うそうです。007シリーズでこのコーチ/コーディネーターが雇われたのは『Bond 25』が初めてとのこと。

#MeTooの始まったハリウッドやイギリスでは同様の動きが急速に広まっている模様です。

なお、007シリーズのボンド・ガールはセックス・シンボルとして注目を浴びてきましたが、劇中での性描写は比較的マイルドで、アメリカでのレーティングは第1作から第15作までが年齢制限のないPG。第16作はアクション場面のバイオレンスが原因でPG-13となり、以降も全作このレートで続いていますが、性描写はPG時代からほぼ変化を見せていません。

ダニエル・クレイグ 『Bond 25』セットでフクナガ監督と激論か

Metro News(2019年5月15日付)によると、ボンド役のダニエル・クレイグは『Bond 25』のセットでキャリー・フクナガ監督と激論を交わしていたようです。

掲載された写真にはジャマイカのセットで真剣な表情のクレイグとフクナガ監督の姿が。同サイトは、二人のジェスチャーなどから、白熱した議論が交わされたようだと伝えています。

写真の撮影日は不明ですが、その様子からクレイグが足首を負傷するよりも前だろうと推測しています。

また、Daily Mail Online(同日付)も同様の写真を掲載。ダニエル・クレイグが水辺で何かを投げる様子も写っています。

なお、ジャマイカでの撮影は既に完了。クレイグは近日中にパインウッド・スタジオでの撮影に入る模様です。

ダニエル・クレイグの怪我は軽傷 『Bond 25』撮影にまもなく参加へ

The Sun(2019年5月14日付)によると、ダニエル・クレイグの怪我は軽傷だったようです。

同紙は先日、クレイグがジャマイカでの『Bond 25』撮影中に転倒し足首を負傷。今週末から予定されていたパインウッド・スタジオでの撮影が中止になったと伝えていました。

しかし、足首の具合は当初の見立てよりも良く、足首への負担を減らせば今週中に撮影参加できる見込みのようです。