タグ別アーカイブ: ダニエル・クレイグ

ヒュー・ジャックマンが次のジェームズ・ボンドに?

Press Association によると、ヒュー・ジャックマンは007シリーズのジェームズ・ボンド役に興味を示しています。

『007/ カジノ・ロワイヤル』で新しいボンド俳優探しが行われていた時、007をやる気はないかとエージェントから電話があったそうです。ジャックマンは『X- MEN2』の撮影を直前に控えており、ウルヴァリンとボンドを同時に演じられないと考え、興味はないと答えたようです。

しかし現在の ジャックマンは「男だったらみんなジェームズ・ボンドになりたがるもの。その時はタイミングが合わなかったけど、またチャンスが戻ればやるかもしれない」 と考えており、ダニエル・クレイグ引退後はヒュー・ジャックマンが新ジェームズ・ボンドになるかもしれません。

『Bond 23』がダニエル・クレイグの007引退作に?

ドイツの雑誌 TV Movie によると、ダニエル・クレイグは007シリーズ次回作『Bond 23』への出演を最後に、ジェームズ・ボンド役から引退したい、と発言した模様です。

ダニエル・クレイグは、ジェームズ・ボンドを演じる為には1年前から準備を始める必要があり、最近は週に6日間のトレーニングを続けていて、これらが大変な重労働で、ボンド役を若い俳優に譲りたいと語ったようです。

『Bond 23』 ダニエル・クレイグが準備開始へ

Showbiz 411 によると、ダニエル・クレイグは007シリーズ次回作『Bond 23』の撮影に向けたトレーニングを間もなく始めるようです。

ニューヨークで9月21日、ジョージ・クルーニー監督作『The Ides of March』のプレミアに参加したダニエル・クレイグは、来週から『Bond 23』(のトレーニング)が始まる、と語りました。

正式なクランクインはまだ先のようです。

ダニエル・クレイグ新作『カウボーイ&エイリアン』 全米で封切り

007俳優ダニエル・クレイグの最新作『カウボーイ&エイリアン』が7月29日、アメリカで公開されました。

Variety によると、公開初日の興収は1,299万ドルで、ファミリー映画『スマーフ』の1,330万ドルよりも下回って興行成績は2位となりましたが、週末3日間の合計では『カウボーイ&エイリアン』がトップになる見通しです。

ハリソン・フォード共演の『カウボーイ&エイリアン』は、日本でも10月22日からロードショー予定です。

007次回作『Bond 23』 公開日が正式決定

映画007シリーズの制作会社イオン・プロダクションと MGM は1月11日、共同で007次回作に関する発表を行いました。このプレス・リリースによると、第23作目となる『Bond 23』は2012年11月9日に世界公開されます。

ジェームズ・ボンド役はこれが3度目となるダニエル・クレイグ、監督はサム・メンデス、脚本にはニール・パービス、ロバート・ウェイド、ジョン・ローガンの3名が選ばれています。

制作は2011年末に開始されるとのことです。

『007/慰めの報酬』 ジャパン・プレミア開催

11月25日、東京のTOHOシネマズ六本木で『007/慰めの報酬』のジャパン・プレミアが行なわれ、主演のダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、監督のマーク・フォースターが舞台挨拶に参加しました。

これに先立って始まったアリーナ・イベントでは、雨が断続的に降る悪天候の中、野球選手、モデル、俳優などの日本人ゲストもレッドカーペット上を通りながら登場。

ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マーク・フォースターの3人は、他国でのプレミア同様、会場に集まったファンからのサインのリクエストに応じていました。

『007/慰めの報酬』 東京で記者会見

文化通信によると、11月25日、ザ・リッツ・カールトン東京で『007/慰めの報酬』の記者会見が行なわれました。

ジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグやオルガ・キュリレンコ、マーク・フォースター監督、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリが出席しています。