タグ別アーカイブ: デヴィッド・アーノルド

デヴィッド・アーノルド 007シリーズ復帰を願う

Digital Spy(9月29日付)は映画007シリーズ5作品で音楽を担当したデヴィッド・アーノルドとのインタビューを掲載しています。

『トゥモロー・ネバー・ダイ』から『007/慰めの報酬』まで連続で007シリーズに作曲家として加わってきたアーノルド。ロンドン・オリンピックのために『007/スカイフォール』は降板したとも言われていますが、実際にはサム・メンデス監督の意向でトーマス・ニューマンとその座を交替しました。

次回作『Bond 24』(『ボンド24』)にはサム・メンデスの続投が決定している為、アーノルド自身は同作での復帰はあきらめている様子ですが、プロデューサーの2人とは親しい関係を続けており、指名を受ければすぐに駆けつけると語りました。

誰に007映画のテーマ曲を歌ってほしいとの問いには、ガービッジのシャーリー・マンソン(『ワールド・イズ・ノット・イナフ』主題歌担当)のように劇中に登場したとしてもおかしくない、独自のスタイルを持ったアーティストが良いと答えました。またこの会話の流れで、ケイト・ブッシュ、アデル、FKAツイッグス、エラ・エアなどが気に入っていると明かしています。

ジェマ・アータートン ミュージカル『Made in Dagenham』に主演へ

PRWeb 掲載のプレスリリース(3月3日付)によると、『007/慰めの報酬』のボンド・ガール、ジェマ・アータートンがミュージカル『Made in Dagenham』で主演を務めます。

これは職場の性差別と闘った女性たちの実話を基にしているイギリス映画『ファクトリー・ウーマン』のミュージカル化。監督はルパート・グールド。音楽担当は007シリーズ5作のスコアを手がけたデヴィッド・アーノルド。

劇場はロンドンの Adelphi Theatre、10月9日からプレビュー開始です。

デヴィッド・アーノルド 『BOND 24』参加も期待できず?

映画007シリーズ5作で音楽を担当しているデヴィッド・アーノルドが The Guardian(8月4日付)とのインタビューに応えています。

007ファンで『トゥモロー・ネバー・ダイ』から『007/慰めの報酬』まで連続してスコアを手がけたアーノルド。『007/スカイフォール』に参加できなかったことについては、サム・メンデス監督がトーマス・ニューマンを起用するのは分かっていたと発言。007映画の作曲を諦めるのは肝心だとしつつ、まだやり残したことがあると意欲も残っているようです。

しかし『BOND 24』(『ボンド24』)はメンデス監督の続投が決まっており、デヴィッド・アーノルドは次回作参加も既に諦めているのかもしれません。トーマス・ニューマンは『007/スカイフォール』を含め、メンデス監督5作品で音楽を担当しています。

デヴィッド・アーノルド 007シリーズ復帰を希望

Screen International(4月29日付)によると、映画音楽作曲家デヴィッド・アーノルドは4月28日に開催された Sundance London のパネル・ディスカッションに登場、自身のキャリアについて語りました。

アーノルドが作曲家を志すことになったのは、7歳の時に観た『007は二度死ぬ』『ジャングル・ブック』『オリバー!』で感銘を受けたため。『スターゲイト』 『インデペンデンス・デイ』などのスコアを手がけた後、映画007シリーズに第18作『トゥモロー・ネバー・ダイ』から参加。『007/慰めの報酬』まで連続5作の007音楽を担当しています。

007シリーズに抜擢されたのは、ハリウッドでの実績や007主題歌カヴァー・アルバム 『Shaken & Stirred』が認められたのがきっかけだろうと思っていたそうですが、実際にはロンドンのレコード店員がプロデューサーのバーバラ・ブロッコリにアーノルドを薦めたのが発端だったようです。

007映画の作曲を世界最高峰エベレスト登山に例えたデヴィッド・アーノルド。『007/スカイフォール』ではサム・メンデス監督の意向でトーマス・ニューマンが作曲を担当していましたが、007シリーズの音楽を再び手がけるのかと訊かれ、「ぜひや りたい」と語っています。

ステレオフォニックス 007映画の主題歌を希望

Daily Record(2月22日付)によると、ステレオフォニックスが007映画のテーマを歌いたいようです。

ステレオフォニックスの最新アルバム『グラフィティ・オン・ザ・トレイン』(2月27日国内発売)では、007シリーズ5作品の音楽を手がけたデヴィッド・アーノルドが加わりストリングスをアレンジ。演奏は007シリーズ第1作から『007/スカイフォール』まで全作を担当したという36人編成のオーケストラで、ボーカルのケリー・ジョーンズは「ものすごい経験だった」と話したようです。

また、ジョーンズは007主題歌のオファーがあれば受けると語った模様です。

デヴィッド・アーノルド音楽監督でロンドン・オリンピック閉会式開催

ロンドン・オリンピックの閉会式が8月12日夜、開催されました。音楽監督を務めたのは「007」シリーズ5作のスコアを手がけたデヴィッド・アーノルドで、イギリス出身の歌手が多数、歌声を披露しました。

また、開会式終盤には次のオリンピックが行われるブラジルをテーマにしたショーが行われ、同国出身で『007/カジノ・ロワイヤル』に出演したモデルのアレッサンドラ・アンブロジオが登場しています。

『007/スカイフォール』主題歌 作曲家がクイーン担当の噂を否定

Daily Star は11月24日付けの記事で、シリーズ最新第23作『007/スカイフォール』(原題)の主題歌をクイーンやレディー・ガガが担当する可能性を示唆していますが、これは誤りのようです。

同紙は、作曲家デヴィッド・アーノルドが「自分はクイーンの大ファンで、ぜひ彼らにテーマを担当してもらいたい」と発言した、と報道。さらにクイーンのメン バー、ブライアン・メイが語ったとされる「将来ガガと何かやりたい」とのコメントを引用。これらの発言を Daily Star は結び付け、『007/スカイフォール』の主題歌をクイーンとレディー・ガガが共に手がける可能性をほのめかしていました。

しかし、デヴィッド・アーノルドは自身の Twitter でコメントを否定。アーノルドが語ったのは、クイーンではなくザ・フーについてで、それも昔の話だとのことです。また、アーノルドは『トゥモロー・ネ バー・ダイ』(1997)から5作連続で007シリーズの音楽を担当していますが、『007/スカイフォール』で続投するかは、まだ決まっていません。

『007/カジノ・ロワイヤル』 テーマ歌手名がまもなく発表に

BBC によると、『007/カジノ・ロワイヤル』のテーマを歌うアーティストがもうすぐ発表されるようです。

最近、タブロイド等で Goldfrapp が主題歌を担当するとの情報が流れていましたが、作曲家デヴィッド・アーノルドはこの噂を否定しました。

デヴィッド・アーノルドは現在、すでに決定済みのアーティストと共同作業中とのことです。