タグ別アーカイブ: ナオミ・ハリス

『Bond 25』のダニエル・クレイグ続投可能性は高い OBE受章のナオミ・ハリスが語る

Telegraph(2017年2月23日付)によると、ナオミ・ハリスはダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役を続ける可能性は高いと考えているようです。

英国女優のナオミ・ハリスは2月23日、バッキンガム宮殿でエリザベス女王より大英帝国勲章OBEを受章。

受章時のインタビューで007次回作『Bond 25』が話題に上ると、ダニエル・クレイグが続投する可能性は高いと思う、と自らの考えを明らかにしました。また、プロデューサーを含めた誰もがクレイグの続投を熱望しているとコメント。2015年のクレイグの発言「(次回作を今考えるくらいなら)手首を切ったほうがマシ」はクレイグなりのジョークだった、とも語ったようです。

ダニエル・クレイグ 『Bond 25』出演の決断はまだか

BBC(2017年2月23日付)は007シリーズのミス・マネーペニー役で知られるナオミ・ハリスとのインタビューを掲載しています。

ハリスは新作映画『ムーンライト』でアカデミー賞助演女優賞にノミネート。大英帝国勲章OBEの受章も決まるなど、俳優として目覚ましい活動を続けています。

記者から、007映画次回作『Bond 25』の撮影時期や、ダニエル・クレイグ続投の可能性について尋ねられると、「本当に何も知らない」と返答。どうなるか分かっているのはクレイグただ一人で、みんな彼の決断を待っている状況だと思う、と語りました。

ナオミ・ハリス自身はこれまで度々、007シリーズへの続投を希望するコメントをしています。しかしクレイグが続投しない場合は、彼女にも降板の可能性があり、クレイグの去就はハリスにとっても気になる問題だと思われます。

ナオミ・ハリスが大英帝国勲章OBEを受章

イギリス政府は2016年12月30日、「New Year Honours List 2017」(新年の大英帝国勲章・叙勲者リスト)を発表しました。

この中で、『007/スカイフォール』(2012)、『007/スペクター』(2015)にミス・マネーペニー役で出演した英国女優のナオミ・ハリスはOBE(Officer of the Most Excellent Order of the British Empire)を受章することが明らかとなりました。

他にOBEの受章者として、『007/スカイフォール』で議員を演じたヘレン・マックロリーや『007/慰めの報酬』(2008)の外務大臣役ティム・ピゴット=スミスらも選ばれました。

ナオミ・ハリスらは年明けにOBEを授与されます。

ナオミ・ハリス 007次回作『Bond 24』出演を認める

The Hollywood Reporter(12月31日付)によると、『007/スカイフォール』でイヴ・マネーペニーを演じたナオミ・ハリスは『Bond 24』(『ボンド24』)への出演を認めたようです。

イタリア・カプリで開催中のハリウッド映画際に参加予定のナオミ・ハリス。地元メディアとのインタビューに応えた際、映画007シリーズ次回作『Bond 24』に出演することを明言した模様です。ハリスはこれまでにも『Bond 24』に出演する前提でメディアと対応していましたが、明確な出演宣言はしていませんでした。

映画会社から公式に発表されている配役はジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグのみです。『Bond 24』は2015年10月23日からイギリス公開予定です。