タグ別アーカイブ: パートナー

エス・テー・デュポン 『007/スペクター』リミテッド・コレクションを発売

エス・テー・デュポンは映画007シリーズ最新第24作『007/スペクター』とタイアップした限定商品「007 スペクター コレクション」の発売を発表しました。

(画像はクリックで拡大)

このうち、「プレミアム コレクション」はライン2ライターと筆記具から構成され、カラーはパラディウムとブラック。ライターはモノリシックメタルにギヨシェ彫りの飾面。艶消しと光沢の中間の仕上がりとなっており、007映画のガンバレル・ロゴを模した円筒状のトンネルがライターを通り抜けます。筆記具はラインDのデザインがベースで、万年筆とボールペンの2種類を用意。犯罪組織スペクターが映画に登場した年にちなみ、各品とも世界限定1963個です。

「プレミアム コレクター ギフトボックス」は「プレミアム コレクション」の各品を収めたボックス。カラーはパラディウムとブラックで、それぞれ世界限定150個。

「アクセス コレクション」に含まれるのはクローム仕上げのマキシジェットとミニジェットのライター、そしてシガー・カッター(以上、クロームのみ)。筆記具としてデフィボールペン(パラディウムとブラック)もあります。

いずれの商品にも、007とスペクターのロゴが刻まれています。

なお、エス・テー・デュポン商品は『007/スペクター』劇中にも登場。ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)がラインDのエリゼ万年筆ブラックラッカー&パラディウム、フランツ・オーベルハウザー(クリストフ・ヴァルツ)はラインDのシングル・ガセット・ブリーフケース・エリゼ・ブラックをそれぞれローマのシーンで使用しています。

各商品の問い合わせはエス・テー・デュポン銀座ブティック(TEL: 03-3575-0460)まで。日本発売日は後日改めて発表されます。


「007 スペクター コレクション」 構成商品リスト

「プレミアム コレクション」(パラディウムとブラック)
– ライン2ライター  (220,000円)
– 万年筆  (200,000円)
– ボールペン (170,000円)

– 007 スペクター プレミアム コレクター ギフトボックス(パラディウムとブラック) (865,000円)

「アクセス コレクション」
– マクシジェット クローム (33,000円)
– ミニジェット クローム (18,000円)
– シガーカッター クローム (22,000円)
– デフィボールペン(パラディウムとブラック) (45,000円)


資料&写真提供:エス・テー・デュポン

オメガ 『007/スペクター』タイアップCM映像を公開

オメガは2015年10月15日、007シリーズ最新第24作『007/スペクター』とタイアップした宣伝映像を公開しました。

30秒間のこのCMでは、ローマでのカー・チェイス、メキシコの「死者の日」、オーストリア・アルプスでのアクション・シーンなどが畳み掛けるように流れ、ミス・マネーペニー(ナオミ・ハリス)も登場。最後にはQ(ベン・ウィショー)がNATOストラップのオメガ・シーマスター300をジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)に支給。「どんな機能があるのか」と尋ねるボンドに、「時を刻むのさ」と答え、シーマスター300「スペクター」限定モデルのアップで締めくくります。

オメガはシリーズ第17作『ゴールデンアイ』(1995)で007映画のプロダクト・プレイスメントに初参加。『007/スペクター』は連続8作目となります。また、007映画とタイアップした宣伝映像は毎回制作。日本でも一部劇場にて本編前に上映されるのが慣わしとなっています。

10/15追記:オメガはシーマスター300「スペクター」リミテッド・エディションの宣伝映像も同日公開しました。バックには、カーリー・サイモンが歌うシリーズ第10作『007/私を愛したスパイ』主題歌、『Nobody Does It Better』が流れています。

ハイネケン 『007/スペクター』デザイン・ボトル&缶の日本発売を発表

ハイネケン・キリン株式会社は2015年10月13日、「ハイネケン007デザインボトル」と「ハイネケン007デザイン缶」の期間限定発売を発表しました(PR TIMES プレスリリースより)。

ハイネケンは『トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997)から連続7作で007のグローバル・パートナー。『007/スペクター』ロゴのハイネケンは、世界中で約5億本が販売されることに。国内では缶が10月下旬から順次店頭に展開され、ボトル4本パックは11月4日に主要量販店等で発売予定となっています。

また、『スペクター』ボトルや缶のハイネケン・ロゴをスキャンすることで、同作のロケ地(メキシコシティ、ローマ、ロンドン、オーストリア、モロッコ)での独占舞台裏映像が見られるとのことです。

ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドとして出演したハイネケンのCMは、9月21日からインターネットで公開中。今後は世界中のテレビや映画館で順次放映されます。

ハイネケン-缶
ハイネケン スペクター 缶
ハイネケン-ボトル
ハイネケン スペクター ボトル

写真提供:ハイネケン・キリン株式会社

『007/スペクター』でジェームズ・ボンドが身に着けるブランドは

GQ.co.uk(2015年10月7日付)は、映画『007/スペクター』の主人公、ジェームズ・ボンドが身に着けているファッション・ブランドとそのアイテムを紹介しています。

Tom Ford(トム・フォード)
ジェームズ・ボンドのスーツ、シャツ、ネクタイなどを提供しているトム・フォード。『007/スペクター』ラインは10月中旬から販売されるようです。

Mulberry(マルベリー)
ジェームズ・ボンドが使用している手袋はイギリスのレザー・ブランド、マルベリーの「Day Glove – Black Deerskin」。イタリア製で素材はカシミア。同社ウェブサイトで現在販売中。

Crockett & Jones(クロケット&ジョーンズ)
イギリスのショーズ・メーカー。ジェームズ・ボンドに提供された靴は「Camberley」、「Alex」、「Northcote」、「Norwich」、「Radnor」、「Swansea」の全6種類。全モデルが販売中です。

Matchless(マチレス)
英オートバイメーカーの名を冠したブランド、マチレスが提供したのは「Craig Blouson」(クレイグ・ブルゾン)。黒系の服が多い『007/スペクター』で、このブルゾンはカーキ色と目立っています。イタリア製で全世界700着の限定商品。

N.Peal(エヌ・ピール)
英ニット・ブランド。ジェームズ・ボンドがオーストリアの雪山シーンで着用しているのが、「Mock Turtle Neck」カシミア・セーター。ティーザー・ポスターのアートワークにも使われています。色は「Dark Charcoal Grey」。現在販売中です。

Globe-Trotter(グローブ・トロッター)
『007/スペクター』とタイアップし、スーツ・ケース、アタッシェ・ケースやウォレットなど様々な製品がラインナップに。ジェームズ・ボンドが劇中でどの製品を使用するのかは不明です。販売は10月12日から。

Sunspel(サンスペル)
英アンダーウエア・ブランド。ジェームズ・ボンドにアンダーパンツ(コットンのトランクスとブリーフ)やリビエラ・クルーネック・Tシャツなどを提供。『007/スペクター』で新たに作られたリビエラ・ポロシャツ(ショート&ロング・スリーブ)もあり、こちらは期間限定で販売中です。

Omega(オメガ)
ジェームズ・ボンドが『007/スペクター』劇中で着用するのは、NATOストラップの「シーマスター300」と「シーマスター・アクアテラ150m」の2モデル。「シーマスター300」は劇中と同じモデルが、「シーマスター・アクアテラ150m」は特別記念モデルがそれぞれ数量限定で販売中です。

Vuarnet(ヴュアルネ)
フランスのアイウエア・ブランド。ボンド役ダニエル・クレイグが使用するのはグレイシャー・サングラスの「ヴィンテージ」バージョン。現時点で未発売とのことです。

John Varvatos(ジョン・ヴァルヴェイトス)
アメリカのメンズ・ブランド。『007/スペクター』の重要なシーンでボンドが着用するのは「Suede Racer Jacket」。同社ウェブサイトにて販売中。

英国政府観光庁 「Bond is GREAT」キャンペーンを開始

VisitBritain(英国政府観光庁)は2015年10月6日、『007/スペクター』とタイアップした映画ツーリズム・キャンペーン「Bond is GREAT」の開始を発表しました。

これは、映画007シリーズの国際的知名度を利用、ソニー・ピクチャーズとMGMの協力を得て、イギリスの素晴らしさを世界に知らせ同国を訪れてもらう為の宣伝キャンペーンで対象は60カ国。VisitBritain が007シリーズとパートナーを組むのは今回が3度目となります。

日本語に対応した特設ウェブページ「VisitBritain.com/spectre」では、ロンドンで撮影されたVisitBritain 独占の『007/スペクター』舞台裏映像や、ロケ地となったブレナム宮殿、カムデン・タウン、ウエストミンスター・ブリッジ、ロンドン市庁舎の360度イメージなどが楽しめます。また、アストンマーティンの乗車やホテル宿泊などが当たる抽選も。

なお『007/スペクター』では、MI6の場所は前作の最後のシーン同様ホワイトホールにあるとの設定で、カムデン・タウンのステイブルズ・マーケット地下のドックはQの作業場の入口として使われた、とのことです。また、ジェームズ・ボンド役ダニエル・クレイグがホワイトホール(財務省と歳入税関庁ビルの間)を歩くシーンの写真も公開されています。

VisitBritain によると、映画が観光に与える影響は非常に大きくなってきており、イギリスへの訪問を検討している人々の半数近くが、映画やテレビのロケ地を観光したいとの希望をもっているとのこと。そして、イギリスのインバウンド観光は年間262億ポンドの価値を生み出しているそうです。

ボランジェ 『007/スペクター』リミテッド・エディションを発売

ボランジェは、映画『007/スペクター』とタイアップした商品、「スペクター・リミテッド・エディション」の発売を発表しました(prweb 2015年9月14日付プレスリリース)。

この限定版シャンパーニュは、2009年ヴィンテージ。ボトルはボンドの愛用拳銃ワルサーPPKのグリップの質感を似せたブラックのクール・ボックスに収められています。販売は10月1日から。

また同社は、「ボランジェ・スペクター・クリスタル・セット」も発表。フランスの Saint-Louis Crystalworks が制作したこのワイン・クーラーは底面にガンバレルが。トップにはスペクターのシンボル・マークが刻まれています。こちらは307点の限定です。

ボランジェが初めて007映画に登場したのは『007/死ぬのは奴らだ』(1973)。『007/ムーンレイカー』(1979)からは連続で007パートナーとなり、最新作『007/スペクター』まで参加しています。

なお、『007/スペクター』劇中でジェームズ・ボンドが飲むのは、「ボランジェ R.D.2002年」とのことです。

ボランジェ・スペクター・リミテッド・エディション」(PDF)
ボランジェ・スペクター・クリスタル・セット」(PDF)

グローブ・トロッター 『007/スペクター』タイアップ製品を発売へ

グローブ・トロッターは映画『007/スペクター』とタイアップした製品群「Spectre」と「Moneypenny」の発売を発表しました。

「Spectre」ラインには、ネイビー&ブラック・カラーの以下の製品が含まれます。
– 16″ スリム・アタッシェ・ケース
– 18″ トロリー・ケース
– 21″ トロリー・ケース
– 30″ スーツケース
– オーバーナイト&ウォッシュ・バッグ
– パスポート・ホルダー
– ビルフォード・ウォレット
– コート・ウォレット
– ビジネス・カード・ホルダー
– トラベル・ウォレット
– ラゲッジ・タグ

女性向けの「Moneypenny」は『007/スペクター』のコスチューム・デザイナー、ジャイニー・テマイムと協力したもので、以下の各製品には「M」のロゴが付けられています。
– ビジネス・バッグ
– トート・バッグ
– ファイバー・ボード・バニティ・ケース
– タブレット・カバー
– フォン・ポーチ
– パース

これら製品の発売日は2015年10月12日。グローブ・トロッターのロンドン・メイフェア店、ハロッズ、007.com などで販売されます。

ジレット 映画『007/スペクター』とタイアップのキャンペーンを米で開始

P&G は2015年10月1日、カミソリ・ブランドのジレットと映画『007/スペクター』とのタイアップ・キャンペーン「Bond Moments」を発表しました。

ジェームズ・ボンドの世界観からインスパイアされたテレビCMは同日公開に。プリント、インターネット、インストアでも「Bond Moments」が展開されます。アメリカでは、『007/スペクター』とのタイアップを記念し、「Gillette Fusion ProGlide with FlexBall Technology」ホリデー・パックが10月中旬より発売予定で、『007/スペクター』ロケ地であるロンドン、ローマやモロッコ旅行の抽選もあります。

ハイネケンの『007/スペクター』タイアップCMにダニエル・クレイグが出演

The Guardian(2015年9月21日付)によると、ハイネケンが映画『007/スペクター』とタイアップした広告映像に、ジェームズ・ボンド役ダニエル・クレイグが出演しています。

これは1億ドルの予算を費やしたハイネケンのグローバル・キャンペーンの一部で、「The Chase」と題されたCMが、世界各国のテレビや映画館で9月22日から上映されるようです。

映像は1分30秒の長尺。冒頭、ジェームズ・ボンドのテーマをバックに、階段を駆け下りながら悪党一味から逃げるダニエル・クレイグが登場。モーターボードに乗り込んだクレイグと悪党はそのままボート・チェイスに。クレイグのボートに繋がれた女性は成り行きで水上スキーを。結婚式乱入やプールへの着水シーンは『007/死ぬのは奴らだ』のボート・チェイスを彷彿とさせます。また、『007/黄金銃を持つ男』のニック・ナック役、故エルヴェ・ヴィルシェーズも登場。女性が『007/ゴールドフィンガー』のオッド・ジョブのようにシルク・ハットを投げつけるシーンもあり、最後は共に敵を退治した女性へクレイグが「ランチは?」と声をかけて終わります。

ダニエル・クレイグがハイネケンのCMに出演するのは、『007/スカイフォール』公開時に続けて今回が2度目。なお、ハイネケンでは、『007/スペクター』の名が付いたボトルを全世界で5億本以上流通させる計画で、ボトルには『007/スペクター』舞台裏映像などにアクセスできるコードが付けられるとのことです。

オメガ 雑誌「Lifetime」の『007/スペクター』特集号を発行

時計メーカーのオメガは、雑誌「Lifetime」最新号の「Spectre Edition(スペクター・エディション)」を発行しました。

この最新号では、シリーズ最新作『007/スペクター』を特集。主人公ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグとのインタビュー、同作のロケーションを案内する記事などがあります。また、007シリーズとオメガとの協力関係に焦点を当てており、制作裏話も取り上げています。

オメガは年2回、「Lifetime」を発行。これまでにも007映画の特集号を出しています。