タグ別アーカイブ: パートナー

『Bond 25』にジャガー・ランドローバー登場へ

DriveTribe(2019年4月5日付)によると、映画007シリーズ最新第25作『Bond 25』にジャガー・ランドローバー社の車両が登場するようです。

車種については、『Bond 25』の劇場公開(2020年春)に先駆け、2019年中に発表される模様。

ジャガー・ランドローバーの車両はシリーズ第13作『007/オクトパシー』(1983)で初登場。これまでに同シリーズ9作で活躍しています。

『Bond 25』でも先行撮影されたノルウェーの湖畔でレンジローバーらしき車両が目撃されていますが、同社の車両は俳優やプロデューサーらの移動用としても提供されており、これがスクリーンに登場するのかは不明です。

『Bond 25』にボランジェ登場へ

The Advertiser(2019年4月4日付)によると、映画007シリーズ第25作『Bond 25』にボランジェが登場しそうです。

インタビューに応じたボランジェ社のコマーシャル・ディレクター、ギィ・ド・リヴォワール氏は『Bond 25』の話題に触れ、今年は007シリーズとボランジェのパートナーシップ40周年を祝いたいとコメント。2019年中に新しい007関連のシャンパーニュをリリースする旨を明かした模様。明言はなかったものの、『Bond 25』劇中にもボランジェが使われるのは間違いなさそうです。

シャンパーニュのボランジェは、映画シリーズ第8作『007/死ぬのは奴らだ』(1973)に初登場。第11作『007/ムーンレイカー』(1979)から正式にプロダクト・プレイスメント契約を結んだ模様で、スクリーン登場は『Bond 25』が15作目。ダニエル・クレイグ作品では新作公開時に銃弾型クーラー付きのボトルなど、趣向を凝らしたタイアップ商品を発売しています。

ハイネケン 『Bond 25』公開日をまだ把握できず

Ad Age(2018年9月3日付)によると、ハイネケンは『Bond 25』の公開日がどこに落ち着くのか、まだ分からないようです。

当初発表された『Bond 25』公開日は、イギリスが2019年10月、アメリカが同年11月の予定でしたが、ダニー・ボイル監督の電撃降板を受け、延期の可能性が取り沙汰されています。

ハイネケンのシニア・ディレクター、ジャンルカ・ディ・トンド氏は、公開日の動きを見守っている旨を語っており、現時点で公開日がどうなるのか同社も把握していない模様です。

ハイネケンは『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997)で007映画とパートナーシップを締結。以降、『007/スペクター』(2015)まで7作連続でその関係を継続。『Bond 25』向けの、ダニエル・クレイグ出演新CMも既にスペインで撮影された模様です。

007映画とタイアップしたハイネケンCMは、新作公開の約1ヶ月半前にリリースされるのが通例とのこと。同社としても『Bond 25』公開日は気になるはずですが、「多少の遅れは大きな問題にならない」とし、静観の構えを示しました。

Orlebar Brown 007映画ポスター柄の水着を発売

英ファッション・ブランドの Orlebar Brown が007映画のポスターやロビーカードのアートワークを柄にした男性用水着(ショートパンツ)を発売します。

デザインは下記の4種類。値段はいずれも245ポンド。発売は2018年7月ですが、既に予約受付を開始しています。

Bulldog – 007 Dr. No(『007/ドクター・ノオ』)
Bulldog – 007 Thunderball(『007/サンダーボール作戦』)
Bulldog – 007 You Only Live Twice(『007は二度死ぬ』)
Bulldog – 007 Live And Let Die(『007/死ぬのは奴らだ』)

Orlebar Brown の水着は、ジェームズ・ボンドに扮するダニエル・クレイグが、『007/スカイフォール』の上海シーンで着用しました。このモデルも現在販売中です。


7/3追記:The Hollywood Reporter(7月3日付) によると、Orlebar Brown とイオン・プロダクションの関係は今後も続く模様。2019年春には第2弾として、ロジャー・ムーア着用のサファリ・ジャケットをイメージした製品が発売される可能性があるようです。

エス・テー・デュポン ジェームズ・ボンド007限定版コレクションを発売

エス・テー・デュポンが新しいジェームズ・ボンド007リミテッド・エディション・コレクションをリリースしました。コレクターセットは世界限定数が400点、ペン類とライター(MINIJET除く)は007シリーズ第1作の公開年にちなみ、それぞれ1962点です。

コレクターセットは、5月に結婚したヘンリー王子への祝いの品として、フランスのマクロン大統領に選ばれたようです。

各商品名は次の通りです。

ジェームズ・ボンド 007 コレクターセット
ジェームズ・ボンド 007 キーリング スピナー ゴールド
ジェームズ・ボンド 007 シガーカッター ゴールド
ジェームズ・ボンド 007 カフリンクス ゴールド
ジェームズ・ボンド 007 カフリンクス ゴールドブラック
ジェームズ・ボンド 007 MINIJET ライター ブラック
ジェームズ・ボンド 007 MINIJET ライター ゴールド
ジェームズ・ボンド 007 ライター ゴールド
ジェームズ・ボンド 007 ライター ゴールドブラック
ジェームズ・ボンド 007 財布 ブラック
ジェームズ・ボンド 007 シガレットケース ブラック
ジェームズ・ボンド 007 万年筆 ゴールド
ジェームズ・ボンド 007 万年筆 ブラックゴールド
ジェームズ・ボンド 007 ローラーボール ゴールド
ジェームズ・ボンド 007 ローラーボール ゴールドブラック
ジェームズ・ボンド 007 ボールペン ゴールド
ジェームズ・ボンド 007 ボールペン ブラックゴールド

ダニエル・クレイグ スペインでハイネケンCMを撮影

Daily Mail Online(2018年5月29日付)によると、ダニエル・クレイグが新しいハイネケンのCMを撮影中のようです。

場所はスペインの都市カルドナで、パラドール(ホテル)として活用されている古城が舞台。タキシードを着用し撮影に挑むクレイグが5月29日、現地で目撃されています。

ダニエル・クレイグは『007/スカイフォール』(2012)と『007/スペクター』(2015)の公開時期にもハイネケンCMに登場。新CMの放送時期は不明ですが、これまでと同様に次回作『Bond 25』が公開される2019年秋頃になるのかもしれません。

なお、カルドナでは数日間、撮影が続く模様です。

仏大統領からヘンリー英王子への結婚祝いはS.T.デュポンの007コレクション

The Telegraph(2018年5月10日付)によると、エマニュエル・マクロン仏大統領は、英王室のヘンリー王子への結婚祝いとして、エス・テー・デュポンのジェームズ・ボンド・コレクションを公式に贈るのだそうです。

5月19日にメーガン・マークルさんとの結婚を控えているヘンリー王子は007ファンとのこと。この「S.T. Dupont 007 Collection」では、ライター、シガー・カッター、ペン、カフリンクスがトラベル・ケースに収納されています。

このニュースはエス・テー・デュポン側が公式発表したものですが、直後に同社は The Telegraph に対し、今回の贈呈にライターも含まれるか100%確実ではない、と伝えたとのこと。ただし007コレクションが贈られることは間違いないようです。

なお、ヘンリー王子はマークルさんの願いを聞いて、数週間前に禁煙したばかりだとのことです。

ジャガー・ランドローバーが『007 Elements』に参加

映画007シリーズ公式サイト 007.com(2018年4月11日付)によると、『007 Elements』のオフィシャル・パートナーとしてジャガー・ランドローバー社が加わりました。

『007 Elements』会場では、映画『007/スペクター』の撮影で使用されたランドローバー・ディフェンダーやレンジローバー・スポーツSVRが展示予定。同社の最新テクノロジーであるAIシステムや、C-X75で使用のリチウムイオン電池なども紹介されます。

なお、ジャガー・ランドローバーの車両は『007/オクトパシー』(1983)でシリーズ初登場。これまで9作の007映画で使われたとのことです。

『007 Elements』は『007/スペクター』のロケ地オーストリア・ソルデンの山頂にて開催されるインスタレーションで、7月12日オープン予定です。

「オフィシャル・ベルヴェデール007マティーニ」が発表に

映画007シリーズ公式サイト 007.com は2017年12月7日、ベルヴェデールとイオン・プロダクションがパートナーシップを締結したと発表しました。これにより「The Official Belvedere 007 Martini」が世界各地のバーで提供されることになります。

「007 Martini」のレシピは、ステアでなくシェイクしたベルヴェデール・ウォッカ(60ml)とドライ・ベルモット(10ml)にレモン・ピールを絞って添えたもの。ウォッカ・マティーニは、ジェームズ・ボンドが映画の中で飲むカクテルとして知られています。

ベルヴェデールは、『007/スペクター』でも同様のパートナーシップを結んでいました。

エス・テー・デュポン 『007/スペクター』リミテッド・コレクションを発売

エス・テー・デュポンは映画007シリーズ最新第24作『007/スペクター』とタイアップした限定商品「007 スペクター コレクション」の発売を発表しました。

(画像はクリックで拡大)

このうち、「プレミアム コレクション」はライン2ライターと筆記具から構成され、カラーはパラディウムとブラック。ライターはモノリシックメタルにギヨシェ彫りの飾面。艶消しと光沢の中間の仕上がりとなっており、007映画のガンバレル・ロゴを模した円筒状のトンネルがライターを通り抜けます。筆記具はラインDのデザインがベースで、万年筆とボールペンの2種類を用意。犯罪組織スペクターが映画に登場した年にちなみ、各品とも世界限定1963個です。

「プレミアム コレクター ギフトボックス」は「プレミアム コレクション」の各品を収めたボックス。カラーはパラディウムとブラックで、それぞれ世界限定150個。

「アクセス コレクション」に含まれるのはクローム仕上げのマキシジェットとミニジェットのライター、そしてシガー・カッター(以上、クロームのみ)。筆記具としてデフィボールペン(パラディウムとブラック)もあります。

いずれの商品にも、007とスペクターのロゴが刻まれています。

なお、エス・テー・デュポン商品は『007/スペクター』劇中にも登場。ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)がラインDのエリゼ万年筆ブラックラッカー&パラディウム、フランツ・オーベルハウザー(クリストフ・ヴァルツ)はラインDのシングル・ガセット・ブリーフケース・エリゼ・ブラックをそれぞれローマのシーンで使用しています。

各商品の問い合わせはエス・テー・デュポン銀座ブティック(TEL: 03-3575-0460)まで。日本発売日は後日改めて発表されます。


「007 スペクター コレクション」 構成商品リスト

「プレミアム コレクション」(パラディウムとブラック)
– ライン2ライター  (220,000円)
– 万年筆  (200,000円)
– ボールペン (170,000円)

– 007 スペクター プレミアム コレクター ギフトボックス(パラディウムとブラック) (865,000円)

「アクセス コレクション」
– マクシジェット クローム (33,000円)
– ミニジェット クローム (18,000円)
– シガーカッター クローム (22,000円)
– デフィボールペン(パラディウムとブラック) (45,000円)


資料&写真提供:エス・テー・デュポン