タグ別アーカイブ: ピアース・ブロスナン

ピアース・ブロスナン ブリオーニの2018秋冬キャンペーンに登場

ブリオーニの2018年秋冬キャンペーン「Tailoring Legends」に、5代目ジェームズ・ボンド俳優のピアース・ブロスナンが登場しています。

イタリア・ブランドのブリオーニはコスチューム・デザイナーのリンディ・ヘミングによって、ブロスナンのボンド・デビュー作『007/ゴールデンアイ』(1995)で、ボンドのスーツやタキシードに選ばれました。以降、『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997)、『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』(1999)、『007/ダイ・アナザー・デイ』(2002)と、ブロスナン全作品でボンドはブリオーニを着用。

ボンドがブリオーニのスーツとタキシードを最後に着たのは、ダニエル・クレイグ主演の『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)です。

ピアース・ブロスナン&デイヴ・バウティスタ共演『Final Score』が英国で公開

5代目ボンド俳優ピアース・ブロスナンと『007/スペクター』のミスター・ヒンクス役デイヴ・バウティスタが共演するアクション映画『Final Score』が2018年9月7日、イギリスで公開されました。

『Final Score』の主人公は、元米軍兵士マイケル・ノックス(デイヴ・バウティスタ)。軍の任務中に死なせてしまった仲間の娘をロンドンのサッカー試合観戦へ誘いますが、35,000人収容のスタジアムをテロリスト集団が急襲。観衆は気づかないまま人質となります。ピアース・ブロスナンが演じるのはテロリスト・リーダーの兄弟、ディミトリ。監督はスコット・マン。

デイヴ・バウティスタはピアース・ブロスナンの映画を見て育ったとのことで、ブロスナンの大ファン。共演を経験し人生を語り合う仲になった今は、前よりも一層、熱を上げて尊敬しているのだそうです。

『Final Score』予告編

参照
The Independent
The Guardian
Metro.co.uk
RTÉ.ie

ピアース・ブロスナン作の絵画が140万ドルで落札

People(2018年5月18日付)によると、ピアース・ブロスナン作の絵画が5月17日開催のチャリティ・イベントで競りに出され、140万ドルにて落札されたようです。

競売が行われたのは「amfAR Gala Cannes」。エイズの研究財団がカンヌ国際映画祭の開催時期に毎年開いており、今年で25回目となるガラがアンティーブのオテル・デュ・キャップ・エデン・ロックを会場に催されました。

ピアース・ブロスナンが出品した絵画はボブ・ディランを描いた作品。落札者は不明です。

若い頃のブロスナンは画家志望。イラストレーターとして働き始めましたが、同僚から劇団に誘われたことがきっかけとなり俳優の道を歩みだし、5代目ジェームズ・ボンドに就任。俳優として活躍する傍ら、余暇で絵も描き続けていました。

ブロスナンはピカソやマティスに影響を受けたと語っており、鮮やかな色彩が特徴的。過去にはピアース・ブロスナン公式サイトでサイン入り複製画(ジクレー)が販売されていました。

ピアース・ブロスナン出演『Spinning Man』が米で公開

ピアース・ブロスナン出演の最新映画『Spinning Man』が2018年4月6日、アメリカの一部劇場で公開されました。配給は Lion’s Gate Premiere。同日から、iTunes等での配信も始まっています。

『Spinning Man』はジョージ・ハラの同名小説(邦題:『悩み多き哲学者の災難』)の映画化。女子学生が失踪し、哲学を教える大学教授が第一容疑者に。教授をガイ・ピアースが演じ、ピアース・ブロスナンは彼に迫る刑事役。『007/ゴールデンアイ』でブロスナンと共演したミニー・ドライヴァーは、教授に疑念を抱く妻役で出演しています。監督はスモン・カイセー。

ピアース・ブロスナン出演『The Foreigner』がアメリカで公開に

映画『The Foreigner』が2017年10月13日、アメリカの劇場で封切りとなります。主演はジャッキー・チェン。共演にピアース・ブロスナン。

ロンドンでレストランを営むベトナム出身の移民クアン・グォク・ミン(ジャッキー・チェン)は、IRA絡みの爆弾テロに巻き込まれた娘を目の前で亡くすことに。事件の背後に見え隠れする北アイルランドの政治家リーアム・ヘネシー(ピアース・ブロスナン)を巻き込みながら、クアンは復讐計画を着々と進めていきます。

監督は『007/ゴールデンアイ』『007/カジノ・ロワイヤル』のマーティン・キャンベル。撮影監督は『007/ダイ・アナザー・デイ』のデヴィッド・タッターサルが務めました。

ピアース・ブロスナン出演『The Only Living Boy in New York』が米で公開に

ピアース・ブロスナン出演の映画『The Only Living Boy in New York』が2017年8月11日、アメリカの劇場で公開されました。

大学を卒業したばかりのニューヨークに住む青年が、道に迷いながら成長する姿を描くドラマ。主人公にカラム・ターナー。父親役はピアース・ブロスナン。その父の若き不倫相手にケイト・ベッキンセール。他にジェフ・ブリッジスなど。監督はマーク・ウェブ。配給は Roadside Attractions/Amazon Studios です。

ピアース・ブロスナン出演『The Foreigner』 予告編が公開に

STX Entertainment は2017年6月26日、映画『The Foreigner』の予告編を公開しました。主演はジャッキー・チェン。共演者に5代目ジェームズ・ボンドのピアース・ブロスナン。監督に007映画2作を担当したマーティン・キャンベル。

爆弾テロで娘を失ったイギリスに住む中国人の復讐劇で、原作はスティーヴン・レザー著『チャイナマン』。ロンドン市内でロケが行われ、ランベス橋上のバスを爆破するシーンが実際に撮影されました。

『The Foreigner』はアメリカで10月13日に劇場公開予定です。

ピアース・ブロスナンが追悼文 ロジャー・ムーアは「ヒーロー」

Variety(2017年5月30日付)は、5代目ジェームズ・ボンド俳優ピアース・ブロスナンからの寄稿文を掲載しています。

内容は、ピアース・ブロスナンが自身にとって「ヒーロー」であるロジャー・ムーアのおかげでジェームズ・ボンドを演じるまでに至った人生を振り返りつつ、ムーアを追悼するもの。

ピアース・ブロスナンはイアン・フレミングがこの世を去った日(1964年8月12日)、祖国アイルランドを離れてロンドンへ到着。その週末に両親と映画館でショーン・コネリー主演『007/ゴールドフィンガー』を鑑賞。

しかし、ブロスナンにとって最初の「ヒーロー」と呼べる存在は、テレビ『セイント』でサイモン・テンプラーを演じていたロジャー・ムーアだったそうです。

12歳の時には、両親に連れられた遊園地で列に並び、ムーアのサインを貰ったのだそう。ブロスナンが今までにサインをお願いした俳優はムーアただ一人とのこと。

ムーアが3代目ジェームズ・ボンドになると、その存在はブロスナンの中でより大きくなり、いつしか自分も俳優を志すように。ユーモアでボンドを演じるロジャーは素晴らしい俳優で、憧れだったとしています。

カサンドラ・ハリスが『007/ユア・アイズ・オンリー』(1981)のボンド・ガールに選ばれた際は、夫としてギリシャでのロケを見学。ロジャー・ムーアと再会を果たし、暖かい歓迎を受けたそうです。

なお、ブロスナンはこの際に007プロデューサーのカビー・ブロッコリとも顔見知りに。その後、ドラマ『探偵レミントン・スティール』で人気俳優となり、5代目ジェームズ・ボンド就任へと繋がります。

再びロジャー・ムーアと会うのは、ブロスナンの007デビュー作『ゴールデンアイ』(1995)のセットで。ムーアへの畏敬の念は消えていなかったそうです。最後に会ったのはロイヤル・アルバート・ホールでの、カビー・ブロッコリ追悼の集い。

ロジャー・ムーアの優しさ、慈愛の心に触れることができたのは光栄だったと結んでいます。

ロジャー・ムーアに歴代ジェームズ・ボンド俳優が追悼メッセージ

89歳で死去した3代目ジェームズ・ボンド俳優のロジャー・ムーアへ、007シリーズ歴代のジェームズ・ボンド俳優5人が、それぞれ追悼のメッセージを贈っています。

ショーン・コネリー(初代ジェームズ・ボンド)
ロジャー逝去を聞いて非常に残念だ。我々はハリウッドにしては珍しく長い関係を続け、それはジョークと笑いに満ちていた。寂しくなる。

ジョージ・レーゼンビー(2代目ジェームズ・ボンド)
ロジャーは好きだった。誠実な男だった。本当にいい奴だったよ。

ティモシー・ダルトン(4代目ジェームズ・ボンド)
ロジャーは私にとって優しく寛大な男でした。非常に魅力的で成功を収めた俳優でした。私の思いはご家族と共にあります。

ピアース・ブロスナン(5代目ジェームズ・ボンド)
今朝貴方が亡くなったとの知らせを聞き、心が痛みます。セイントからジェームズ・ボンド……と、貴方は私の人生で大きな存在でした。貴方は素晴らしいジェームズ・ボンドで、私を導いてくれました。世界はこの先もずっと貴方とそのユニークなユーモアのセンスを懐かしく想うでしょう。ご家族とお子さんへお悔やみ申し上げます。

ダニエル・クレイグ(6代目ジェームズ・ボンド)
ノーバディ・ダズ・イット・ベター(*) 愛をこめてダニエル

(*『007/私を愛したスパイ』主題歌の題名で「あなたが最高」との意味)

映画『マンマ・ミーア!』続編製作へ ピアース・ブロスナンも再出演か

Deadline(2017年5月19日付)によると、ピアース・ブロスナンが出演した映画『マンマ・ミーア!』(2008)の続編が製作されます。

ユニバーサルが発表したもので、タイトルは『Mamma Mia: Here We Go Again!』。北米公開は2018年7月20日の予定。監督はオル・パーカー。

続編のキャストは明らかになっていませんが、『マンマ・ミーア!』の主要キャストは続投の方向で調整中の模様。なお、『マンマ・ミーア!』ではピアース・ブロスナンの他に、メリル・ストリープ、アマンダ・セイフライド、コリン・ファースらが出演しました。