タグ別アーカイブ: フィービー・ウォーラー=ブリッジ

『Bond 25』のQもベン・ウィショー同様ゲイか

ET(2019年6月14日付)は、007シリーズのQ役ベン・ウィショーとのインタビューを掲載しています。

インタビューの2週間後に『Bond 25』の撮影をスタートするというウィショーは、この時点で台本をまだ読んでいないとのことで、一抹の不安を抱えているようです。

インタビュー実施日は不明ですが、ニューヨークの舞台『Norma Jeane Baker of Troy』の上演期間中とのことで、5月と思われます。

ウィショーの他にもレア・セドゥやナオミ・ハリスなどがクランクイン後も台本がないことを明かしていました。キャリー・フクナガ監督やフィービー・ウォーラー=ブリッジは脚本の修正を撮影と並行して続けており、出番の遅いキャストへの台本提供は後回しになった模様です。なお、6月8日付のThe Independentは、フィービーが『Bond 25』の脚本作業を終えたと伝えています。

ETに、Q役は大好きだと語ったベン・ウィショー。

これまでの007シリーズでQのプライベートな部分は描かれてきませんでしたが、ウィショーがゲイであることから彼の演じるQもそうではないかとの憶測が。ウィショーはQのセクシュアリティについて尋ねられると、自分の答えはハッキリしているとしながらも、観客には焦れったいまま謎として残るだろうと語ったようです。

なお、『Bond 25』にはQのネコが登場予定になっており、Qのキャラクターの深掘りが期待されます。