タグ別アーカイブ: プレミア

『007/スペクター』 10月26日にロイヤル・ワールド・プレミア開催&英国一般公開

映画007シリーズ最新第24作『007/スペクター』のロイヤル・ワールド・プレミアが2015年10月26日夜、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールにて開催されました。

007.com によると、主な出席者はダニエル・クレイグ、レア・セドゥ、モニカ・ベルッチ、ナオミ・ハリス、クリストフ・ヴァルツ、デイヴ・バウティスタ、サム・メンデス監督、アンドリュー・スコット、レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリ、ステファニー・シグマン、イェスパー・クリステンセン、歌手のサム・スミス、ロリー・キニアら。王室からはウィリアム王子、キャサリン妃、ヘンリー王子が臨席。この他、ソニー社長の平井一夫氏、ソニー・ピクチャーズ映画部門会長トム・ロスマン氏らも姿を見せました。

プレミアの始まった直後の同夜、イギリス国内の劇場では一般上映も開始されています。

『007/スペクター』ワールド・プレミアのレッドカーペットがネット中継へ

英 Sony Pictures によると、2015年10月26日に開催される『007/スペクター』ロイヤル・ワールド・プレミアのレッドカーペットの模様がインターネットで生中継されます。

中継映像ぺージ:
The Royal World Premiere SPECTRE 007

プレミア会場はロンドンのロイヤル・アルバート・ホール。参加予定者はダニエル・クレイグ、クリストフ・ヴァルツ、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、デイヴ・バウティスタ、モニカ・ベルッチ、レイフ・ファインズ、サム・メンデス監督、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソン氏、バーバラ・ブロッコリ氏など。英王室からはウィリアム王子、キャサリン妃、ヘンリー王子も臨席されます。

開始時刻は日本時間10月27日午前2時で、同午前4時頃まで続くと思われます。

ボンド役ダニエル・クレイグと抽選で会えるチャンスが

米チャリティー・オークション会社 Omaze はジェームズ・ボンド役ダニエル・クレイグと抽選で会える企画を実施しています。

このチャリティー企画では、当選者1名とその同伴者がロンドンでダニエル・クレイグと面会。クレイグからは、2015年10月26日に開催される『007/スペクター』ワールド・プレミアとそのアフター・パーティーへのチケットを手渡されます。プレミア参加後は、アストンマーティン・ヴァンキッシュ・クーペを試乗。プレゼントとしてオメガ・シーマスター300「スペクター」リミテッド・エディションも。さらにロンドンへの往復航空券と5つ星ホテル宿泊が含まれています。

応募は Omaze のウェブサイトで最低10ドル(100口)から。寄付金額(応募口数)に応じて当選確率が上がるほか、もれなく提供される品として『007/スペクター』Tシャツ、『007/スペクター』の舞台裏本『Blood, Sweat and Bond』(ダニエル・クレイグのサイン付き、数量限定)などもあります。

18歳以上の日本居住者も応募可能の模様で、締め切りは10月21日(日本時間)。本企画への寄付は、低所得者層の学生を支援する団体 The Opportunity Network のサポートに充てられるようです。

『007/スペクター』 アメリカ大陸プレミアをメキシコシティで開催へ

イオン・プロダクション、MGM、ソニー・ピクチャーズは2015年10月7日、007シリーズ最新作『007/スペクター』のアメリカ大陸プレミアを11月2日にメキシコシティで開催すると発表しました(PR Newswire)。メキシコシティで007映画のインターナショナル・プレミアが開催されるのは今回が初。

『007/スペクター』のプレタイトル・シークエンスはメキシコシティで撮影されており、現地の伝統的な祭典「死者の日」のパレードを背景にジェームズ・ボンドが活躍。11月に行われる同地でのプレミアは、実際の「死者の日」祭りの時期に合わせたものとなります。

なお、ワールド・プレミアは10月26日、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールにて開催予定です。

『007/スペクター』ロイヤル・ワールド・プレミアがロイヤル・アルバート・ホールで開催へ

映画007シリーズ公式サイト 007.com(2015年9月16日付)は、シリーズ最新作『007/スペクター』のロイヤル・ワールド・プレミア「Royal Film Performance」が10月26日、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されると発表しました。

英王室から臨席されるのはウィリアム王子、キャサリン妃、ヘンリー王子。出席が予定されている主な俳優はダニエル・クレイグ、クリストフ・ヴァルツ、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、デイヴ・バウティスタ、モニカ・ベルッチ、レイフ・ファインズら。また、サム・メンデス監督、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリらも参加予定です。

このプレミア主催者は英国映画・テレビ業界人をサポートする福祉団体CTBF。エリザベス女王陛下が名誉総裁を務められており、毎年1作品を選出、英王室メンバー臨席のチャリティー・プレミア「Royal Film Performance(ロイヤル・フィルム・パフォーマンス)」を開催しています。過去に、栄誉ある「Royal Film Performance」作品として選ばれた007映画は、『007/ダイ・アナザー・デイ』(2002)、『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)の2作品。今回の『007/スペクター』は3作目となります。

また、007シリーズでロイヤル・アルバート・ホールがプレミア会場となるのは、『007/ダイ・アナザー・デイ』、『007/スカイフォール』(2012)に続き、3度目です。

『007/スペクター』ワールド・プレミアはロンドンで2015年10月26日開催 英国公開も同日

映画007シリーズ公式サイト 007.com(2015年7月17日付)は、シリーズ最新第24作『007/スペクター』のワールド・プレミアが10月26日月曜日にロンドンで開催されると発表しました。イギリスとアイルランドの劇場公開も同日夜で、アメリカでは11月6日に上映開始となります。

イギリスでは、木曜や金曜日に封切られる映画が多く、『007/スペクター』のような大作が月曜日から劇場公開されるのは異例です。また、プレミア開催と劇場公開日が重なるのは同シリーズ初とのことで、一般的にも珍しいケースといえます。

『007/スペクター』のイギリス公開日は当初、2015年10月23日と公式発表(2013年7月11日付)されていましたが、公開3ヶ月前にこのような修正が必要となったのは、制作(撮影)の遅れが原因かもしれません。

プレミア会場については未発表ですが、これまでも007作品の多くのプレミアが開催されてきたオデオン・レスター・スクエアか、『007/ダイ・アナザー・デイ』、『007/スカイフォール』の会場となったロイヤル・アルバート・ホールのどちらかとなりそうです。

日本の『007/スペクター』公開日は12月4日金曜日です。

ナオミ・ハリス ネルソン・マンデラ伝記映画『Mandela』のロイヤル・プレミアに出席

Mail Online(12 月5日付)によると、南アフリカ大統領を務めたネルソン・マンデラ氏の伝記映画『Mandela: Long Walk To Freedom』のロイヤル・プレミアが12月5日、ロンドンで開催されました。このプレミアにはマンデラ役を演じた主演のイドリス・エルバ、夫人ミニー・マンデラ役のナオミ・ハリスらが出席。英王室からはウィリアム王子とキャサリン妃が臨席されています。

『007/スカイフォール』 でイヴ・マネーペニーとして出演しているナオミ・ハリスは同紙記者のインタビューに応じ、「ボンド・ウーマン」を演じるのはとても気に入っているとコメント。『007/スカイフォール』の成功で人生が変わったかとの質問には、自分は通りを歩いていても気づかれないと返答。しかしたまに会うこともあるダニエ ル・クレイグが街を迂闊に歩けないのは大変な事だと語ったようです。

また、Reuters(12月5日付)などによると、肺を患っていたネルソン・マンデラ氏はプレミアと同じ12月5日、南アフリカの自宅で亡くなりました。95歳でした。

ピアース・ブロスナン主演『The Love Punch』 トロントでワールド・プレミア

Mail Online(9月12日付)によると、5代目ジェームズ・ボンド、ピアース・ブロスナン最新作『The Love Punch』のプレミアが9月12日、トロント国際映画祭で行われ、ブロスナンや共演者エマ・トンプソンらが出席しました。

英仏合作の『The Love Punch』は別れた夫婦が奪われた年金を取り戻すため、協力してダイヤモンド強盗を企む、という筋書きのロマンチック・コメディ。監督はジョエル・ホプキンスで、12月26日からイギリス公開とのことです。

ジュディ・デンチ主演『あなたを抱きしめる日まで』 ベネチア国際映画祭でプレミア

Telegraph(8月31日付)によると、映画007シリーズ7作でM役を務めたジュディ・デンチの最新主演作『あなたを抱きしめる日まで』のワールド・プレミアがベネチア国際映画祭で8月31日、行われました。

デンチが同作で演じているのはアイルランド人フィロミーナ・リー。1952年、10代で未婚のまま息子を生んだフィロミーナは堕落した女性と見なされ、カトリックの修道院生活を強いられることに。幼い我が子もアメリカ人の養子にされてしまいます。消息を絶った息子を想い続けて50年。ジャーナリスト、マーティン・シックススミスの協力を得て、フィロミーナはアメリカへと旅立ちます…。

この映画はシックススミス著の実話『The Lost Child Of Philomena Lee』が原作。映画祭に出席したジュデイ・デンチはもし自分がフィロミーナと同じ境遇に置かれたとしたら「許せるとは思えない」と語ったようです。また監督のスティーヴン・フリアーズは、本作をローマ法王フランシスコにぜひ観て欲しい、とコメントしたとのことです。

あなたを抱きしめる日まで』(原題『Philomena』)の劇場公開はイギリスで2013年11月、日本では2014年3月の予定です。

マーク・フォースター監督 『ワールド・ウォーZ』ジャパン・プレミアに出席

『ワールド・ウォーZ』公式サイト(7月29日)によると、同作の監督マーク・フォースターが29日、東京・六本木で開かれた『ワールド・ウォーZ』ジャパン・プレミア・イベントに出席しました。

レッドカーペットには主演のブラッド・ピットやアンジェリーナ・ジョリーも姿を現し、ファンとの交流を行ったようです。

007シリーズ第22作『007/慰めの報酬』で監督を務めたマーク・フォスターの新作『ワールド・ウォーZ』は8月10日全国公開予定です。