タグ別アーカイブ: ベン・ウィショー

『BOND 24』 Q役のベン・ウィショーがさらに活躍か

Mail Online(2月9日付)は、『007/スカイフォール』で Q を演じたベン・ウィショーが007映画複数本の出演契約を済ませたと伝えています。現時点でウィショーの Q 役再出演は公式発表されていません。

また、同紙のインタビューに応えたウィショーは、『007/スカイフォール』に続けて次回作『BOND 24』と『BOND 25』の脚本を手がけているジョン・ローガンから連絡が入ったことを明かしました。話の内容は次回作の Q の役割についてで、プロットにはどうやら一捻りがあって Q の役割が強化されるらしく、ウィショーは「本当にエキサイティング」だとコメントしています。

他にもこのインタビューでは、ベン・ウィショーが初出演作『ザ・トレンチ/塹壕』の初シーンでダニエル・クレイグの鼻を切ったことや、『007/スカイフォール』には撮影開始の一年前からキャスティングされていたことなども話しています。

『007/スカイフォール』 イギリスで受賞相次ぐ

BBC(2月4日付)によると、イギリスで『007/スカイフォール』がイブニング・スタンダード賞の作品賞を受賞しました。また一般からのネット投票で決まる同賞のブロックバスター賞も同時受賞しています。

また批評家などが選出するリチャード・アッテンボロー英国映画賞の監督賞には『007/スカイフォール』のサム・メンデスが、同ライジング・スター賞には Q を演じているベン・ウィショーが選ばれた模様です。

参照:
London Evening Standard
BBC

ベン・ウィショー セレブ暮らしは嫌い

Mr Porter(1月29日付)は『007/スカイフォール』でQを演じたベン・ウィショーとのインタビューを掲載しています。

派手な人付き合いは避けているベン・ウィショー。街を歩く際に呼び止められることもほとんどないようです。ホテルに住んだりファンに揉みくちゃにされるようなセレブ暮らしは苦手ながらも、好評価を受けるのは嬉しいと語っています。

3月から始まる舞台『PETER AND ALICE』では、『007/スカイフォール』のM役ジュディ・デンチと再び共演しますが、『007/スカイフォール』の撮影中はデンチと一度も言葉を交 わす機会がなく、ロイヤル・プレミアでようやく会話ができたようです。また、007映画の人気の高さを思い知らされ、同作出演は凄い経験だったと振り返っ ています。

ベン・ウィショー&ジュディ・デンチ 『PETER AND ALICE』で舞台共演へ

007シリーズ最新第23作『007/スカイフォール』に出演したM役のジュディ・デンチとQ役のベン・ウィショーがロンドンの舞台で再び共演します。

タイトルは『PETER AND ALICE』。ルイス・キャロル著『不思議の国のアリス』に登場する主人公アリスのモデルとなったアリス・ハーグリーブス(デンチ)と『ピーター・パン』のモデル、ピーター・デイビス(ウィショー)のふたりが1932年にキャロルの展覧会で出会うという設定です。

脚本は『007/スカイフォール』を手がけ、007シリーズ第24作『BOND 24』と第25作『BOND 25』も作業中のジョン・ローガン。演出はマイケル・グランデージ。劇場はロンドンのノエル・カワード・シアターで、上演期間は3月9日から6月1日です。

また Whatsonstage.com によると、5月7日には観客と出演者らの「Q&A」イベントが別途予定されているようです。

PETER AND ALICE
Photo courtesy of Michael Grandage Company
(写真は許諾を得て使用しています / used under permission)

『007/スカイフォール』の俳優3名 次回作『Bond 24』にも出演?

Contactmusic.com(9月19日付)は Daily Mail の記事として、「007」シリーズ最新作『007/スカイフォール』に出演しているレイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベン・ウィショーらが次回作『Bond 24』にも出演する可能性を伝えています。

3名の俳優はオプション契約を結んだとのことで、これが事実とすれば、興行成績や批評などによっては2014年公開とされる『Bond 24』への続投が実現しそうです。また「007」シリーズではメイン級のボンド・ガールが同じ配役で再登場した前例は無く、ナオミ・ハリスがイヴ役で再び出演すればシリーズ初の快挙となります。

なお、主人公ジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグの続投は既に決定済みのようです。

『007/スカイフォール』 ベン・ウィショーのQ役を公式発表

映画『007』シリーズ公式サイトは7月12日、最新第23作『007/スカイフォール』に出演する英俳優のベン・ウィショーが「Q」を演じると発表しました。ベン・ウィショーの出演は2011年11月に正式発表されましたが、役柄はこれまで伏せられていました。同サイトには場面写真も掲載されています。

「Q」(ブースロイド少佐)はジェームズ・ボンドに秘密兵器や特殊装備のボンド・カーなどを開発・提供するQ課のトップ役で、これまでピーター・バートン、デスモンド・リューウェリン、ジョン・クリーズらが演じています。

ベン・ウィショーは『レイヤー・ケーキ』、『Jの悲劇』でもボンド役のダニエル・クレイグと共演しました。

『007/スカイフォール』 ベン・ウィショーの役柄は未だ非公開

The Telegraph(6月30日付)は『007/スカイフォール』に出演するベン・ウィショーとのインタビューを掲載しました。同紙によると、『007/スカイフォール』について尋ねられたベン・ウィショーは、秘密保持契約がある為、役柄について話せないと答えています。

BBC は2011年11月、ウィショーが「Q」を演じると報道しています。

『007/スカイフォール』 「Q」が復活

BBC によると、『007/スカイフォール』(原題)にベン・ウィショーが「Q」として出演することを、本人のエージェントが認めました。

「Q」はこれまでジェームズ・ボンドよりも年上の設定で007シリーズに登場していましたが、ベン・ウィショーはジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグよりも12歳年下です。

『007/スカイフォール』 ベン・ウィショーの役は「Q」?

The Sun によると、『007/スカイフォール』(原題)に出演するベン・ウィショーの役は「Q」とのことです。

ベン・ウィショーが同作に出演することは既に公式発表されましたが、役名はいまだに伏せられています。ジェームズ・ボンドの為に秘密兵器を開発・提供する 「Q」は、『007/ダイ・アナザー・デイ』(2002)でジョン・クリーズが演じたのを最後に、ダニエル・クレイグ主演の前2作では登場していません。