タグ別アーカイブ: ボンド・ガール

ナジャ・レジンさん死去 007映画2作でショーン・コネリーと共演

映画007シリーズ公式サイト(2019年4月8日付)によると、女優のナジャ・レジンさんが亡くなりました。87歳でした。

BBC(同日付)によると、ナジャ・レジンさんはセルビアのベオグラード生まれ。故郷やドイツで俳優として活動した後、1950年代にイギリスへ移住。007シリーズ第2作『007/ロシアより愛をこめて』(1963)ではケリム・ベイの恋人役を、続く『007/ゴールドフィンガー』(1964)のプレタイトル・シークエンスには、ショーン・コネリーの演じるジェームズ・ボンドにハニートラップを仕掛けるダンサーのボニータ役で出演しました。

タニア・マレットさん死去 『007/ゴールドフィンガー』に出演

映画007シリーズ公式サイト(2019年3月31日付)によると、『007/ゴールドフィンガー』(1964)に出演したタニア・マレットさんが亡くなりました。77歳でした。

The Hollywood Reporter(同日付)によると、タニア・マレットさんは1941年イギリス・ブラックプール生まれ。16歳でモデルに。プロデューサーのカビー・ブロッコリが彼女の水着写真に目を留め、『007/ゴールドフィンガー』のティリー・マスターソン役に抜擢したようです。

女優としてタニア・マレットさんの名前がクレジットされた唯一の作品がこの『007/ゴールドフィンガー』。俳優よりもモデル業が気に入っていたとのことです。

また、当初は『007/ロシアより愛をこめて』(1963)のタチアナ・ロマノヴァ役のオーディションも受けていたそうです。

ルピタ・ニョンゴは『Bond 25』に出演しない?

Deadline(2019年2月28日付)によると、ルピタ・ニョンゴは『Bond 25』に出演しないかもしれません。

007映画次回作『Bond 25』のボンド・ガールとして、プロデューサーはルピタ・ニョンゴを熱望していることが先週から報道されていました。Deadlineも28日付で同様に報じましたが、その直後に記事を更新。ニョンゴ側から、彼女の出演は難しい旨の情報が入ったそうです。

『Bond 25』には、『007/スペクター』でメインのボンド・ガールを務めたレア・セドゥが再出演することになっていますが、今度は脇役に回る模様で、セドゥの他にボンド・ガール二人が登場するようです。

『Bond 25』主要キャストは未決定 悪役にラミ・マレックで調整中

Variety(2019年2月27日付)によると、007シリーズ次回作『Bond 25』の主要キャスティングは、まだ決まっていないようです。

先日アカデミー主演男優賞を受賞したラミ・マレックは、『Bond 25』悪役候補として以前から報道。しかし『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』新シーズンとの撮影スケジュールが重なっており、実現は難しいと見られてきました。イオンのプロデューサーらは他の候補者とも面談を済ませたそうですが、マレックをまだ諦めていないらしく、スケジュール調整に奮闘しているようです。

この他、CIAエージェントが姿を見せるらしく、ビリー・マグヌッセンが有力候補になっているとのこと。過去にジェフリー・ライトが演じていた役柄に近いとのことですが、フェリックス・ライターとして登場するのか、Varietyでは明記していません。

また、MI6の女性エージェント役と、『007/慰めの報酬』でオルガ・キュリレンコが演じたカミーユのような役を演じる女優も探しているそうです。この二人は、ダニエル・クレイグが演じるジェームズ・ボンドと長時間絡むらしく、レア・セドゥが演じるマドレーヌ・スワンの登場は、より短時間になりそうです。

キャリー・ジョージ・フクナガ監督は年初に脚本(草稿)を提出したとのこと。スコット・Z・バーンズが大掛かりな見直しに入っているとの報道がありましたが、重要な修正はされておらず、プロデューサーやダニエル・クレイグはフクナガ監督の脚本に満足しているとのことです。

『Bond 25』にマドレーヌ・スワンの回想シーン?

映画007シリーズ次回作『Bond 25』には、レア・セドゥが演じるマドレーヌ・スワンの回想シーンが使われるかもしれません。

フランスのエキストラ情報サイトFigurants.comが2019年1月10日付で掲載した募集要項によると、レア・セドゥ出演映画で少女役が求められており、これはセドゥの演じるキャラクターの子供時代の役とのこと。求められている年齢幅は10歳から14歳。髪はブロンド、目はブルー。水泳が得意な者。1月にパリでキャスティング実施とも記されています。

この要項には、007映画であることを直接示す記述は見当たりません。しかし、少女が襲われ相手を撃ち湖へ逃げるシーンを含む『Bond 25』撮影が3月にノルウェーで予定されていることが報道されており、この少女がマドレーヌ・スワンである可能性が考えられます。

マドレーヌ・スワンは『007/スペクター』劇中、家にいる父を狙った暗殺者をキッチンの銃で迎え撃った過去を語っていました。なお、スワンを演じたレア・セドゥが『Bond 25』に続投することはまだ公式発表されていませんが、キャリー・ジョージ・フクナガ監督が認めています。

映画007シリーズでは、タイトル・シークエンス以外にフラッシュバック(回想シーン)が見られる作品は珍しく、『女王陛下の007』(1969)や『007/ムーンレイカー』(1979)などで短く使われた他、最近では『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)の例があります。


2/27追記:募集要項に記載の少女役は12歳の設定のようです。

『Bond 25』 ルピタ・ニョンゴに出演依頼

Daily Mail Online(2019年2月22日付)によると、007シリーズ次回作『Bond 25』にルピタ・ニョンゴが出演するかもしれません。

プロデューサーのバーバラ・ブロッコリやキャリー・ジョージ・フクナガ監督は、オスカー女優のルピタ・ニョンゴに対し、『Bond 25』に出演してくれるよう、せがんでいるとのこと。しかし、現時点でニョンゴの出演は決まっていないのだそう。

先日、ボンド・ガール候補としてエマ・ストーンの名が報道されていましたが、これについては関係者が否定した模様です。

今の所、ダニエル・クレイグの他に出演が確実視されているのは、『007/スペクター』にも登場したレア・セドゥ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベン・ウィショー。特にハリスの演じるマネーペニーの役割が、より重要になるかもしれないとのこと。

また、ニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドの脚本修正を任されたスコット・Z・バーンズについては、まだ作業の途中とのことです。


2/22追記:マネーペニーの記述を加えました。

ジェマ・アータートンが『Kingsman: The Great Game』に出演

Daily Mail Online(2019年2月8日付)によると、『007/慰めの報酬』のボンド・ガール、ジェマ・アータートンが、スパイ映画『Kingsman: The Great Game』に出演するそうです。

『Kingsman: The Great Game』は映画『キングスマン』のプリクエルで、舞台設定は第1次世界大戦時。『007/スペクター』のM役俳優レイフ・ファインズはオックスフォード公爵を、その子息コンラッドを英国俳優ハリス・ディキンソンが演じる模様で、ジェマ・アータートンの役どころは、コンラッドの教育係ポリー。

その他の出演者は、アーロン・テイラー=ジョンソン、ダニエル・ブリュール、チャールズ・ダンス、リス・エヴァンス、スタンリー・トゥッチ、マシュー・グード、ジャイモン・フンスー、アリソン・ステッドマン、トム・ホランダー。なお、ホランダーは1人で3役を演じるとのこと。

『Kingsman: The Great Game』の監督はマシュー・ヴォーン。現在、イギリス国内でロケ撮影中で、サリー州にある古い軍の研究施設を撮影所として利用しているそうです。

『Kingsman: The Great Game』は2019年11月全米公開予定です。

『Bond 25』はイタリア・マテーラで撮影 ボンド・ガール候補にエマ・ストーンとダコタ・ジョンソンか

イタリア・メディアSassilive.it(2019年2月2日付)によると、007シリーズ次回作『Bond 25』ロケ地として、イタリアの都市マテーラが選ばれたようです。

制作側と地元は昨年末、合意に達したそうで、間も無く発表があるとのこと。同地での撮影は2019年4月6日開始予定。

具体的な撮影想定場所は、大聖堂(Cattedrale)、セディーレ広場(Piazza del Sedile)、リドラ通り(via Ridola)、サンフランチェスコ広場(Piazza San Francesco)、洞窟住居で知られるサッシ、ムルジャ地域。撮影陣の宿泊施設には、パラッツォ・ガッティニ(Palazzo Gattini)など。

ダニエル・クレイグ主演の007映画でイタリアがロケ地となるのは、『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)、『007/慰めの報酬』(2008)、『007/スペクター』(2015)に続き、これが4作目となります。

なお、この地元メディアは、『Bond 25』のボンド・ガールとして、既にキャリー・フクナガ監督が認めたレア・セドゥに加え、エマ・ストーンとダコタ・ジョンソンの二人が候補になっている旨も伝えています。

『Bond 25』で女性のMI6エージェントが登場か

Variety(2018年12月7日付)によると、007映画次回作『Bond 25』には、女性のMI6エージェントが登場するようです。

『007/スペクター』のボンド・ガール、マドレーヌ・スワンを演じたレア・セドゥが同役で復帰することが既に報じられましたが、Varietyでもこれを確認済み。

そして、プロデューサー側は現在、レア・セドゥ以外にも二人の女優を探しているそうです。一人はボンドの同僚となるMI6エージェント役を演じ、もう一人はミステリアスな女。

キャスティングはこのように進行しているようですが、キャリー・ジョージ・フクナガ監督が手がけている脚本作業は、まだ終わっていないとのこと。

また悪役には、現在日本で公開中の映画『ボヘミアン・ラプソディ』にフレディ・マーキュリー役で出演しているラミ・マレックが検討中。しかし、マレックはTVシリーズ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』の撮影が2019年3月から7月まで予定されており、撮影時期の被る『Bond 25』出演は難しい様子。

ラミ・マレックはエジプト系アメリカ人ですが、今年8月にはモロッコ系フランス俳優のサイード・タグマウイが悪役候補として報じられていました。誰に決まるとしても、制作側は中東系の悪役を探しているようです。