タグ別アーカイブ: マイケル・アプテッド監督

オーランド・ブルーム ボンド役を希望

BBC(2017年5月3日付)によると、英国俳優オーランド・ブルームはジェームズ・ボンド役を演じたいようです。

最新映画『Unlocked』のプロモーションでインタビューに応じたブルーム。ショーン・コネリーやロジャー・ムーアの007映画を楽しんで観ながら育ったそうです。007シリーズはイギリスの社会基盤の一部だとし、ダニエル・クレイグのボンドも大好きだと語りました。

もしボンド役を手に入れたらどう演じるかとの問いには、イギリス人らしい一方で軽やかに力強く、と返答。007シリーズのファンであることを繰り返しました。

『Unlocked』は007シリーズ第19作『ワールド・イズ・ノット・イナフ』を手がけたマイケル・アプテッドが監督のスパイ・スリラー。罠にはめられた元CIA局員が追手から逃れながらも、ロンドンを生物兵器テロの危機から救い、黒幕の正体を暴こうと奮闘します。

主演はノオミ・ラパス。共演はオーランド・ブルームの他に、マイケル・ダグラス、ジョン・マルコヴィッチ、トニ・コレットら。イギリスで5月5日から公開されます。

マイケル・アプテッド監督のドキュメンタリー『Bending The Light』が上映へ

Deadline(7月28日付)によると、マイケル・アプテッド監督のドキュメンタリー映画『Bending The Light』が8月3日、アメリカの Traverse City Film Festival で初上映されます。

この映画は日本のレンズ職人とユーザーであるカメラマンらとの関係に焦点を当てているとのことで、これまで公開されたことのないレンズ工場内部の映像も含まれているそうです。

マイケル・アプテッドはテレビのドキュメンタリー『Up』シリーズでその名を知られており、映画007シリーズ第19作『ワールド・イズ・ノット・イナフ』の監督も務めました。

『007/ダイ・アナザー・デイ』サウンド・エディターのポール・アプテッド氏が死去

The Hollywood Reporter(7月5日付)によると、サウンド・エディターとしてハリウッド映画で活躍していたポール・アプテッド氏が7月4日、ロサンゼルスで亡くなりました。47歳でした。がんを患っていたとのことです。

ポール・アプテッド氏は映画007シリーズ第19作『ワールド・イズ・ノット・イナフ』(1999)の監督を務めたマイケル・アプテッドの息子。同作でアシスタント・エディターを、続く『007/ダイ・アナザー・デイ』(2002)ではアシスタント・サウンド・エディターを担当しています。

007以外でも父親が監督した『ネル』、『ボディ・バンク』、『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』などの作品に参加しました。

マイケル・アプテッド監督『マーヴェリックス/波に魅せられた男たち』 6月15日公開

映画007シリーズ第19作『ワールド・イズ・ノット・イナフ』のマイケル・アプテッド監督最新作『マーヴェリックス/波に魅せられた男たち』が6月15日から全国の映画館で上映されています。

実在のサーファーを描いたドラマで、出演はジェラルド・バトラー、ジョニー・ウェストン、エリザベス・シューら。アプテッドはカーティス・ハンソンと共同監督を務めました。

マイケル・アプテッド監督 『ナルニア』の宣伝で来日

『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』のマイケル・アプテッド監督は、新作『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』のプロモーションで来日しました。『ナルニア』は20世紀フォックス配給で、2月25日より全国ロードショーが始まっています。

また3月5日からはアプテッド監督の旧作品『アメイジング・グレイス』が銀座テアトルシネマほかでロードショー予定です。