タグ別アーカイブ: ミス・マネーペニー

『Bond 24』脚本 ナオミ・ハリスは未読

London Evening Standard(12月13日付)はネルソン・マンデラの伝記映画『Mandela: Long Walk to Freedom』をプロモーション中のナオミ・ハリスとのインタビューを掲載しています。

『007/スカイフォール』でイヴ・マネーペニーを演じたハリス。007シリーズ次回作『Bond 24』(『ボンド24』)でも同様にアクション・シーンで登場するとの噂の真偽については「脚本を読んでいない」とコメント。しかし噂通り、再び現場に出 て活躍するかそうでなくとも少しひねった筋書きがあるだろう、と答えました。

また、ナオミ・ハリスは007シリーズ出演へと導いてくれた ダニー・ボイル監督に感謝をしています。ボイル監督は『28日後…』のセリーナ役に続いて舞台『Frankenstein』にもハリスを抜擢。それを サム・メンデスが観劇、『007/スカイフォール』のイヴ役に決まったとのことです。

ナオミ・ハリス 『Mandela』ホワイトハウス試写会に出席へ

The Hollywood Reporter(11月4日付)によると、『007/スカイフォール』のイヴ・マネーペニー役で知られるナオミ・ハリスの最新作『Mandela: Long Walk To Freedom』試写会が11月7日、アメリカのホワイトハウスで開催されます。

ホストはオバマ大統領。主役ネルソン・マンデラを演じたイドリス・エルバや、マンデラ夫人役のナオミ・ハリスらが出席予定とのことです。

『Mandela: Long Walk To Freedom』は9月のトロント映画祭でワールド・プレミアが行われており、12月5日にはロンドンでロイヤル・プレミアも開催予定。また、アメリカでの劇場公開は11月29日からとなっています。

『Bond 24』 ミス・マネーペニーのアクション増量か

Mail Online(9月12日付)によると、映画007シリーズ次回作『Bond 24』(『ボンド24』)ではナオミ・ハリスが演じるミス・マネーペニーのアクション・シーンが前作『007/スカイフォール』より増えるようです。

MI6 長官「M」の秘書として007シリーズに登場するミス・マネーペニーは、これまでオフィス以外のシーンに姿を見せることはそれ程ありませんでした。しかし 『007/スカイフォール』では秘書となる前にエージェント・イヴとして現場で活躍するマネーペニーをナオミ・ハリスが好演。『007/スカイフォール』 のサム・メンデス監督、ダニエル・クレイグ、プロデューサーらはこのハリスの演技を大変気に入り、『Bond 24』ではボンドのアシスタントとして、さらにアクション・シーンで活躍させたいと考えているとのことです。

現時点でナオミ・ハリスの『Bond 24』出演は公式に発表されていません。『Bond 24』は2015年10月にイギリス、11月にアメリカで公開予定。日本でも2015年年内に公開されます。

ネルソン・マンデラの夫人を演じたナオミ・ハリスの新作『Mandela: Long Walk to Freedom』は11月にアメリカで公開予定です。

『007/スカイフォール』 ナオミ・ハリスが語るミス・マネーペニー

007シリーズ最新作『007/スカイフォール』でイヴ・マネーペニーを演じたナオミ・ハリス。2月16日、ロンドン・エジンバラ間を走る列車『スカイフォール』内で行われた各社とのインタビューで、自身のキャラクターについて語っています。

ハリスが最も気に入っているのはマカオのホテルでイヴがジェームズ・ボンドの髭を剃るシーンだそうです。セクシャルな関係の始まりを思わせるこの場面。台本には続きがあって、ボンドとイヴの間に邪魔が入ることになっていたそうです。しかし撮影前にこの「邪魔」な部分を削除することになり、二人が髭剃りのあとにどうなったかは観客の想像にあえてまかせる形となりました。ハリス自身はこの二人に何も起こらなかったと解釈をしているそうで、もし一線を越えてしまえばボンドとイヴの関係が台無しになると語っています(Digital Spy, 2月20日)。

また、オーディションは計3回行われ、最初の2回では『007/カジノ・ロワイヤル』の電車シーンなど、過去の作品のシーンを演じたそうです。サム・メンデス監督やプロデューサーのバーバラ・ブロッコリが参加した最終オーディションでは、ようやくそのキャラクターの名がイヴ・マネーペニーであると明かされた とのことです。複数作の出演契約を済ませているかとの問いには、答えられないと語ったハリスですが、デスク・ワークだけでなく再び現場で活躍するマネーペ ニーの姿が見たいとの希望をもっています(IGN, 2月19日)。

『007/スカイフォール』のイヴ役 シリーズのレギュラーに?

Express.co.uk(10月14日付)は『007/スカイフォール』の脚本家、ニール・パーヴィスとロバート・ウェイドのインタビュー内容を掲載しています。

二人は第19作『ワールド・イズ・ノット・イナフ』から最新作『007/スカイフォール』まで連続5作の「007」映画脚本を共同担当しています。コンビを組みながらも、執筆はイギリスにあるそれぞれの自宅近くのカフェバーで別々に行い、アイディアなどを互いにメールで交換して作業を進めるのが習慣になっているそうです。

『007/スカイフォール』については、ウェイドがタイトルを考案。2010年の初めからサム・メンデス、ダニエル・クレイグを交え、作品の方向性を話し合いました。また、同紙はエージェントのイヴが「007」シリーズのレギュラーとして今後も登場する可能性を伝えています。

『007/スカイフォール』 ナオミ・ハリスがマネーペニー役の噂を否定

Mail Online によると、『007/スカイフォール』(原題)に出演するナオミ・ハリスはミス・マネーペニーを演じないようです。

同紙は昨年、ナオミ・ハリスはミス・マネーペーニーを演じると報じ、様々なメディアでもこの話題が取り上げられていました。しかしハリス自身が Mail On Sunday の付録雑誌 Live とのインタビューでこれを否定しました。

『007/スカイフォール』のナオミ・ハリス 甲高い声を変更?

Daily Star は、シリーズ最新作『007/スカイフォール』(原題)に出演するナオミ・ハリスが、声を低くするよう指導されたと伝えています。ハリスの声は甲高く、セクシーな女性を演じるためにはもっとハスキーにしなければならないようです。

ナオミ・ハリスは記者会見で自身の役名をイヴと発表しましたが、フル・ネームは未公表です。Daily Star や Daily Mail などはハリスがマネーペニーを演じるとしています。

『Bond 23』 ナオミ・ハリスが新マネーペニー?

Daily Mail によると、英女優ナオミ・ハリスが受けた『Bond 23』のオーディションは、ミス・マネーペニーの役だったようです。

ミス・マネーペニーは MI6 のトップを務める M の秘書で、ダニエル・クレイグが出演した2作以外、全ての007映画に登場しています。

現在、ナオミ・ハリスは出演交渉の最終段階に入ったとのことです。

マネーペニー役のロイス・マックスウェル亡くなる

BBC によると、2007年9月29日、ジェームズ・ボンドの上司 M の秘書、マネーペニー役で知られるロイス・マックスウェルさんがガンのためオーストラリアの病院で亡くなりました。80歳でした。

マッ クスェルさんは1927年カナダ生まれ。ロジャー・ムーアと同時期にロンドンの王立演劇学校へ通いました。ミス・マネーペニーを演じたのは、1962年の シリーズ第1作『007/ドクター・ノオ』から1985年の『007/美しき獲物たち』までで、007シリーズ連続出演記録(14作)を持っています。