タグ別アーカイブ: ルイス・ギルバート監督

『007/ムーンレイカー』のベアトリス・リベール ボンド・ガールになった経緯を語る

ベルギーの女優ベアトリス・リベール(54)が思いがけず『007/ムーンレイカー』のボンド・ガールになった経緯を Nieuwsblad.be(5月12日付)は伝えています。

モデルを目指して20歳からパリで暮らすようになったリベール。ある日、近隣の女性が、一緒に007映画のオーディションへ行ってみないかと誘ってきたのだそうです。リベールは面白そうだと参加しますが、プロデューサーのアルバート・R・ブロッコリに「ボンド・ガールには相応しくない」と言われてしまいます。当時の彼女はショート・ヘアーで、ボーイッシュな風貌だったとのこと。

しばらくしてジェームズ・ボンド役のロジャー・ムーアとルイス・ギルバート監督が登場。監督はリベールが気に入ったらしく、彼女抜きでは映画を撮りたくないとまで言ったそうです。

ベアトリス・リベールは脇役ですが、『007/ムーンレイカー』にドラックス・ガールズの一人として複数のシーンに登場。当時の写真を今でも大切に持っているとのことです。