タグ別アーカイブ: ルイス・ギルバート監督

ルイス・ギルバートさん死去 007映画3作の監督

BBC(2018年2月27日付)によると、イギリスの映画監督ルイス・ギルバートさんが2月23日、モナコで亡くなりました。97歳でした。

ルイス・ギルバートさんは1920年ロンドン生まれで、幼少から俳優として活躍。

作品賞など5部門でアカデミー賞ノミネートを受けた『アルフィー』(1966)を監督した後、ショーン・コネリー主演『007は二度死ぬ』(1967)の監督に抜擢され、日本ロケを大々的に敢行。その後はロジャー・ムーアがボンドを演じた『007/私を愛したスパイ』(1977)と『007/ムーンレイカー』(1979)も監督しました。

他の代表作には『リタと大学教授』(1983)や『旅する女/シャーリー・バレンタイン』(1989)などがあり、日本を舞台にした『Seven Nights in Japan』(1976)も手がけました。

『007/ムーンレイカー』のベアトリス・リベール ボンド・ガールになった経緯を語る

ベルギーの女優ベアトリス・リベール(54)が思いがけず『007/ムーンレイカー』のボンド・ガールになった経緯を Nieuwsblad.be(5月12日付)は伝えています。

モデルを目指して20歳からパリで暮らすようになったリベール。ある日、近隣の女性が、一緒に007映画のオーディションへ行ってみないかと誘ってきたのだそうです。リベールは面白そうだと参加しますが、プロデューサーのアルバート・R・ブロッコリに「ボンド・ガールには相応しくない」と言われてしまいます。当時の彼女はショート・ヘアーで、ボーイッシュな風貌だったとのこと。

しばらくしてジェームズ・ボンド役のロジャー・ムーアとルイス・ギルバート監督が登場。監督はリベールが気に入ったらしく、彼女抜きでは映画を撮りたくないとまで言ったそうです。

ベアトリス・リベールは脇役ですが、『007/ムーンレイカー』にドラックス・ガールズの一人として複数のシーンに登場。当時の写真を今でも大切に持っているとのことです。