タグ別アーカイブ: レイモンド・ベンソン

『Bond 25』の仮題は『Shatterhand』?

BBC(2019年2月22日付)は、007シリーズ次回作『Bond 25』の仮題を『Shatterhand』と伝えています。

Shatterhandとはスペクター首領ブロフェルドの変名。イアン・フレミング原作『007は二度死ぬ』では、エルンスト・スタヴロ・ブロフェルドが日本にガントラム・シャターハント博士として潜伏。妻の仇を討とうとするジェームズ・ボンドと死闘を繰り広げます。

BBCが情報元として挙げているのは、ハリウッドの制作情報を業界向けに提供しているProduction Weekly。その最新版リスト(有料)では、『Bond 25』の仮題を『Shatterhand』と記述。パインウッド・スタジオで4月6日撮影開始とも書かれているようです。

イギリスでは数日前から様々なメディアによる同様の報道が見られますが、いずれも同じ情報源のようです。

なお、英タブロイド紙のThe Mirrorは『Shatterhand』が仮題と、他メディアに先駆けて2017年7月に報道。その記事では、同作のベースはレイモンド・ベンソン著の007小説『Never Dream of Dying』だと紹介。ベンソンの発言として、映画『007は二度死ぬ』や『女王陛下の007』からのインスピレーションを受けている旨も伝えていましたが、当人は発言自体をしていないと完全否定。記事内容全体の信憑性が疑われ、仮題情報も注目を集めていませんでした。

前述のProduction Weeklyが『Shatterhand』の情報を初めて発信したのは、The Mirror記事より後の2018年6月。同サイトは一般には入手困難と思われる業界情報を扱っており、制作関係者から仮題情報を入手したのかもしれませんが、The Mirrorの報道を採り入れた可能性も。当サイトでは、Production Weeklyの情報入手経路について、昨年から問い合わせを入れていますが、今のところ返答はありません。

しかし、『Shatterhand』はあくまでも“仮題”とされており、これが仮に事実だとしても、最終的な正式タイトルは別になる可能性が十分に考えられます。

『007/スペクター』のタイトル発表前には、制作側がメディアを撹乱させる作戦を実施。偽タイトルを意図的に発信していたことが明らかになっています。


2/24追記
イアン・フレミングの原作タイトルを使い果たして以降、映画007シリーズでは通し番号を付け、『Bond xx』や『Bxx』を仮題(ワーキング・タイトル)・仮称として使う慣わしが続いています。今回も制作会社が『B25』を対外文書の中で使用したことが明らかになりましたが、これまでのところ『Shatterhand』を使っている形跡は見当たりません。

なお、第23作『007/スカイフォール』では、脚本家によって『Once Upon A Spy』『Magic 44』『Silver Bullet』など複数のタイトル案が脚本作成段階で示されましたが、実務的には『Bond 23』や『B23』を仮題として使用していました。

登別市も007誘致へ

北海道新聞によると登別市が007映画のロケ地として名乗りを挙げ、誘致のための署名活動を始めたようです。

これはレイモンド・ベンソンの小説『007/赤い刺青の男』で、ジェームズ・ボンドが登別温泉を訪れており、映画の舞台としても選ばれれば「宣伝効果は絶大」なためです。

同小説中でやはり登場した香川県では、既に6月から署名活動を展開中で、10月を目途に製作会社イオン・プロへ直訴する予定です。登別市は香川県の動きに連携し、市民や温泉を訪れる観光客へ署名を求める予定です。

ただ、これまでジェームズ・ボンド生みの親イアン・フレミング以外が執筆した007小説が映画化されたことはなく、また映画会社にも映画化権がないため、実現はかなり厳しいと思われます。

香川と岡山の両知事が007映画誘致で協力

四国新聞によると、7月30日、香川県の直島町で観光振興などについての会合が開かれ、香川県の真鍋知事、岡山県の石井知事が出席しました。この会議の中で両県は連携して直島へ007映画を誘致することになりました。

直島はレイモンド・ベンソン原作の小説『007/赤い刺青の男』の舞台となっています。