タグ別アーカイブ: 悪役

『Bond 25』で女性のMI6エージェントが登場か

Variety(2018年12月7日付)によると、007映画次回作『Bond 25』には、女性のMI6エージェントが登場するようです。

『007/スペクター』のボンド・ガール、マドレーヌ・スワンを演じたレア・セドゥが同役で復帰することが既に報じられましたが、Varietyでもこれを確認済み。

そして、プロデューサー側は現在、レア・セドゥ以外にも二人の女優を探しているそうです。一人はボンドの同僚となるMI6エージェント役を演じ、もう一人はミステリアスな女。

キャスティングはこのように進行しているようですが、キャリー・ジョージ・フクナガ監督が手がけている脚本作業は、まだ終わっていないとのこと。

また悪役には、現在日本で公開中の映画『ボヘミアン・ラプソディ』にフレディ・マーキュリー役で出演しているラミ・マレックが検討中。しかし、マレックはTVシリーズ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』の撮影が2019年3月から7月まで予定されており、撮影時期の被る『Bond 25』出演は難しい様子。

ラミ・マレックはエジプト系アメリカ人ですが、今年8月にはモロッコ系フランス俳優のサイード・タグマウイが悪役候補として報じられていました。誰に決まるとしても、制作側は中東系の悪役を探しているようです。

サイード・タグマウイが『Bond 25』悪役候補を否定

Morocco World News(2018年9月12日付)によると、サイード・タグマウイが『Bond 25』でメインの悪役候補になっているとの報道は「フェイク・ニュース」なのだそうです。

UAEのニュース・サイトThe Nationalは9月9日、サイード・タグマウイがダニー・ボイル監督によって悪役にキャスティングされたものの、ボイル降板で先行き不透明になっている旨を伝えていました。その後、タグマウイ本人がMorocco World Newsに連絡し、「これはフェイク・ニュースだ」と報道を否定したようです。

しかし、事実のキャスティング情報をうっかり喋ってしまったタグマウイが騒ぎの火消しに回っているのか、「フェイク・ニュース」の指摘が正しいのかは不明です。

『Bond 25』悪役にサイード・タグマウイの可能性

The National(2018年9月9日付)によると、007映画次回作『Bond 25』では、メインの悪役を俳優サイード・タグマウイが演じるかもしれません。

サイード・タグマウイは9月8日、滞在中のアブダビで同サイトに対し、『Bond 25』でメインの悪役を演じる可能性がある事を語ったようです。

タグマウイの話では、ダニー・ボイル監督によってキャスティングされたのだそう。しかし、そのボイルは既に監督から降板。新監督が誰になるか分からず、先行きは不透明に。

また、この話を明かす直前にプロデューサー側からメッセージを受け取ったそうです。悪役がロシア人との設定になれば、サイード・タグマウイの採用はなし。中東系になるなら彼にチャンスがある模様。

プロデューサーは、どちらの設定を使うのかまだ決めていないそうです。サイード・タグマウイはフランス生まれで、両親はモロッコ系。

『Bond 25』では既にポーランド俳優トマシュ・コットが、オーディションに参加していたことをエージェント経由で認めており、配役はロシア人の悪役だった模様です。

デイヴ・バウティスタ 『Bond 25』出演に期待できず

Digital Spy(2018年9月6日付)によると、最近のデイヴ・バウティスタは『Bond 25』出演をあまり期待していないようです。

『007/スペクター』に出演しミスター・ヒンクス役でボンドと対決したデイヴ・バウティスタ。『Bond 25』への続投を熱望しており、制作側と以前協議した際は、かなり期待していたようです。しかし、最近の制作準備の状況については、まったく情報を知らされていない様子。『Bond 25』でバウティスタを出演させたいという、制作側の意向が感じられないそうです。

『Bond 25』では、ダニー・ボイル監督の電撃降板を受け、新監督の選定や脚本の見直しなどが行われている模様。混乱が落ち着くまでは、バウティスタの進退も不透明な状態が続くのかもしれません。

ピアース・ブロスナン&デイヴ・バウティスタ共演『Final Score』が英国で公開

5代目ボンド俳優ピアース・ブロスナンと『007/スペクター』のミスター・ヒンクス役デイヴ・バウティスタが共演するアクション映画『Final Score』が2018年9月7日、イギリスで公開されました。

『Final Score』の主人公は、元米軍兵士マイケル・ノックス(デイヴ・バウティスタ)。軍の任務中に死なせてしまった仲間の娘をロンドンのサッカー試合観戦へ誘いますが、35,000人収容のスタジアムをテロリスト集団が急襲。観衆は気づかないまま人質となります。ピアース・ブロスナンが演じるのはテロリスト・リーダーの兄弟、ディミトリ。監督はスコット・マン。

デイヴ・バウティスタはピアース・ブロスナンの映画を見て育ったとのことで、ブロスナンの大ファン。共演を経験し人生を語り合う仲になった今は、前よりも一層、熱を上げて尊敬しているのだそうです。

『Final Score』予告編

参照
The Independent
The Guardian
Metro.co.uk
RTÉ.ie

フィンランド俳優対象の『Bond 25』オーディションが実施に

Ilta-Sanomat(2018年8月31日付)によると、フィンランド俳優を対象とした『Bond 25』のオーディションが行われたようです。

オーディションを率いたのは007シリーズ常連のキャスティング・ディレクター、デビー・マクウィリアムズ。『Bond 25』は彼女にとって14作目の007映画。

マクウィリアムズが面接したのはフィンランドの著名な18人の男優と女優。実施時期は明記されていませんが、18日間以上に及んだとのことで、ダニー・ボイル監督の降板発表前後に行われた模様です。

デイヴ・バウティスタ 『Bond 25』続投を熱望

Express.co.uk(2018年8月31日付)は、『007/スペクター』で悪役ミスター・ヒンクスを演じたデイヴ・バウティスタとのインタビューを掲載しています。

バウティスタは、007シリーズ次回作『Bond 25』への続投を熱望しているとのこと。制作側に自分を売り込んでおり、現在は検討されている段階の様子です。

007シリーズでは、再登場する悪役は非常に少ないため、自分がそうすることで歴史に名を刻み、自慢したいと考えているとのこと。

デイヴ・バウティスタの最新作は、彼が大ファンである5代目ジェームズ・ボンドのピアース・ブロスナンと共演したアクション映画『Final Score』。9月7日の英国公開を控え、プロモーション活動中です。

トマシュ・コット側 『Bond 25』悪役オーディション参加を認めるもトラブルは承知せず

RMF24(2018年8月23日付)によると、『Bond 25』の悪役候補だったポーランド俳優トマシュ・コットの所属事務所が、The Telegraphの報道に関して声明文を出したようです。

The Telegraph(8月22日付)の記事では、ダニー・ボイル監督がトマシュ・コットを007映画次回作『Bond 25』でメインの悪役として採用を希望していたそうですが、ダニエル・クレイグが反対。二人のこの衝突が原因となり、ボイルは監督を降板したとされています。

声明文によると、トマシュ・コット本人と事務所はこのトラブルについては承知していないとのことで、報道が事実か否かについての確認は避けた模様です。一方、ボイル監督の要望でトマシュ・コットが悪役のオーディションに参加したことは認めつつ、採用・不採用の通知はなかったとしています。また、これに参加できたことは光栄だったと記しています。

『Bond 25』悪役とボンド・ガール候補者がプロデューサーと面談中

Variety記者ジャスティン・クロール氏のツイート(2018年8月10日付)によると、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリとイオン・プロダクションは現在、007映画次回作『Bond 25』に登場するメインのボンド・ガールと悪役を演じる候補俳優達と面談中とのことです。

『Bond 25』でこれまでに正式発表されている配役は、主人公ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグのみで、MI6メンバーのM、Q、マネーペニーを演じる俳優も明らかになっていません。しかし、ダニー・ボイル監督映画『All You Need Is Love』(仮題)の7月撮影完了を受け、主要キャラクターのキャスティングは大詰めを迎えているものと思われます。

『Bond 25』手下役オーディションにNZ俳優が複数参加

NZ Herald(2018年8月4日付)によると、映画007シリーズ次回作『Bond 25』のオーディションに、複数のニュージーランド俳優が参加しているようです。

『Bond 25』悪役の手下にはマオリ人が設定されており、ニュージーランドとその隣国オーストラリアの俳優を主な対象として、オーディションが進んでいる様子。ニュージーランドの俳優やエージェントの間では現在、『Bond 25』がホットな話題になっているらしく、同サイトではそのうち有力とされる俳優7人の名前をリストアップ。

噂で最も名前が飛び交っているのがカーク・トーランス。アクション経験があり『Bond 25』に相応しいと見られているのがマヌー・ベネット。ベネットは取材に対し、現段階でコメントできないと返答した模様。ビデオ・オーディションに参加済みとされているのが、ベン・ミッチェルとゼイヴィア・ホランの二人。他に、ヴィニー・ベネット、パナ・ヘマ・テイラー、ロブ・キパ・ウィリアムズの名が挙げられています。