タグ別アーカイブ: 撮影監督

『Bond 25』撮影監督にリヌス・サンドグレン

IndieWire(2018年12月7日付)によると、『Bond 25』の撮影監督にリヌス・サンドグレンが決まったようです。同サイトが直接、当人から確認した模様。

スウェーデン出身のリヌス・サンドグレンは、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー撮影賞を受賞。007シリーズには初登場となります。

なお、『Bond 25』のキャリー・フクナガ監督の母親もスウェーデン系です。

『Bond 25』の撮影監督はリヌス・サンドグレンか

VarietyエディターのKristopher Tapley氏は2018年12月4日、リヌス・サンドグレンが『Bond 25』の撮影監督を務める模様だとツイートしています。

リヌス・サンドグレンは母国スウェーデンでキャリアを積み、近年はハリウッドで活躍し『アメリカン・ハッスル』『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』『ファースト・マン』などで撮影監督を担当。『ラ・ラ・ランド』ではアカデミー撮影賞を受賞しています。

『Bond 24』撮影はフィルムで

HitFix(11月20日付)によると、映画007シリーズ次回作『Bond 24』(『ボンド24』)はフィルムで撮影されるそうです。同作で撮影監督を務めるホイテ・ヴァン・ホイテマがインタビューで明かしました。

ロジャー・ディーキンスが撮影した前作『007/スカイフォール』は、シリーズ初のデジタル作品となっていました。

撮影監督ホイテ・ヴァン・ホイテマ 『Bond 24』参加を認める

AD.nl(11月4日付)によると、オランダの撮影監督ホイテ・ヴァン・ホイテマは007シリーズ次回作『Bond 24』(『ボンド24』)への参加をインタビューの中で認めたようです。

ホイテマは現在ロンドンに滞在中。『Bond 24』準備の為、話し合いを日々続けているそうです。またホイテマが『Bond 24』への参加を決心したのは尊敬するサム・メンデスが監督だったからとのことです。

撮影は年内に始まるとしていますが、詳細は話せない、と語っています。