タグ別アーカイブ: 日本

「ジェームズ・ボンド 007『カジノ・ロワイヤル』in コンサート」 2018年4月29日東京国際フォーラムで開催へ

キョードー東京は2018年1月19日、「ジェームズ・ボンド 007『カジノ・ロワイヤル』in コンサート」の開催を発表しました。

このコンサートでは、ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド・デビュー作で、デヴィッド・アーノルドが音楽を担当した映画007シリーズ第21作『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)が、フルオーケストラの生演奏をバックに大スクリーンで上映されます。

サウンドトラックの台詞部分を残し音楽を生演奏に置き換えて映画上映する試みは、これまでにも世界各地で行われていますが、007映画で公式実施されたのは2017年9月にロンドンで上映された『007/カジノ・ロワイヤル』が世界初。今回のイベントは日本国内で初となります。また、公開時に劇場で本作を見逃した007ファンにとっては、5千席のキャパシティを抱えたホールの大スクリーンに投影される映像を楽しむことができる、またとないチャンスになりそうです。

イベントの詳細は次の通りです。

タイトル:ジェームズ・ボンド 007「カジノ・ロワイヤル」in コンサート
開催日時:2018年4月29日(日・祝)12時開場、13時開演
会場:東京国際フォーラム・ホールA
指揮者:ニコラス・バック
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
字幕:日本語
料金:S席9,800円、A席7,800円、B席2,800円(税込)
チケット先行発売:1月19日(金)18時より(ローソン・シネオケ会員最速先行)
公式サイト:http://007crconcert-japan.com/

NHK制作の007映画ドキュメンタリーが放送へ 番組は『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』

NHK制作の007映画をテーマにしたドキュメンタリーが放送されます。番組枠は『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』で、エピソード・タイトルが『007 ジェームズ・ボンド誕生の真実』。チャンネルはBSプレミアム、放送日時は2018年1月23日火曜日の午後9時から1時間。

番組ではシリーズ第1作『007/ドクター・ノオ』(1962)の制作裏話などを中心に紹介予定。日本では新作の公開に合わせ、バラエティとして007映画の宣伝特番の放送される時期がありましたが、今回のような日本制作のドキュメンタリーは珍しく、その内容が注目されます。

ダニエル・クレイグ出演『ローガン・ラッキー』 日本公開は2017年11月

ソニー・ピクチャーズ(2017年8月22日付)は、ダニエル・クレイグ出演映画『ローガン・ラッキー』(原題:Logan Lucky)の日本公開が11月に決定したと発表しました。

他の主だった出演者にチャニング・テイタム、アダム・ドライバー、セス・マクファーレン、ケイティ・ホームズ、ヒラリー・スワンクら。監督はスティーヴン・ソダーバーグ。

アメリカでは8月18日から公開。初週末の興行成績は第3位で約760万ドルと低調気味です。

デュラン・デュラン 2017年9月に来日公演へ、記念盤もリリース

デュラン・デュランが9年ぶりとなる来日公演を2017年9月に行います。「ペイパー・ゴッズ・ジャパン・ツアー2017」と題された公演の日程と会場は9月20日(水)が東京の日本武道館。9月22日(金)が大阪のオリックス劇場。

ワーナーミュージックではこの公演を記念して、来日記念盤「ザ・シングルズ 81-85」を9月13日に発売予定。81年から85年までにリリースされたシングル13枚をCD3枚にまとめたもので、全米シングル・チャートNo.1を記録したヒット曲『007/美しき獲物たち』と、同インストゥルメンタル版も収録されます。

元横綱・佐田の山が死去 『007は二度死ぬ』に本人役で出演

NHK(2017年5月1日付)によると、元横綱「佐田の山」の市川晋松さんが、4月27日、東京の病院で肺炎のため亡くなりました。79歳でした。

佐田の山は日本が舞台となった映画『007は二度死ぬ』(1967)に登場。国技館にやってきたショーン・コネリー演じるジェームズ・ボンドに「チケット」を渡す役割で、007シリーズでは非常に珍しく本人役での出演を果たしました。

小説『007 逆襲のトリガー』が国内で発売

KADOKAWAは2017年3月24日、公認007小説『007 逆襲のトリガー』(原題:『Trigger Mortis』)を発売しました。著者はアンソニー・ホロヴィッツ。

『ゴールドフィンガー』(イアン・フレミング著)事件を片付けたばかりのジェームズ・ボンドが再びスメルシュらを相手に戦います。原書は2015年に出版、オーディオ版のナレーションは英国俳優デヴィッド・オイェロウォが務めました。

なお、アンソニー・ホロヴィッツの手がける007小説第2作は2018年春の出版予定です。

ソニー 映画事業のソニー・ピクチャーズ売却を検討中か

New York Post(2017年1月19日付)によると、ソニー株式会社はソニー・ピクチャーズエンタテインメント・インク(SPE)の売却を現実的に検討する段階へ入ったようです。

同紙では複数の情報筋から得た話として「すべての銀行が売却の提案をしている」などと伝えており、急遽来日してソニーへ提案書を出した投資銀行などもあるようです。買収側の企業名は挙がっていませんが、CBSは長年に渡ってSPEを狙っているとされており、近年ハリウッドへ進出している中国系企業もその競合相手になる可能性が。また、ソニーとしては現時点で売却の決定は下しておらず、8月に全米公開予定の映画『The Emoji Movie』の成績を見極めた上で最終的な判断をしたいようです。

一方で音楽分野を総括するソニー・ミュージックエンタテインメント・インク(SME)については、経営が順調であり、CBS・ソニー出身であるソニー株式会社の平井一夫社長はSMEを売却の対象外としている模様です。

米国法人であるSPEの事業は、主軸であるモーション・ピクチャー・グループ(コロンビア・ピクチャーズ、トライスター・ピクチャーズ、スクリーン・ジェムズ、ソニー・ピクチャーズアニメーションの各映画製作レーベルや、配給、ホーム・エンタテインメントなどの映画ビジネスを統括)、ソニー・ピクチャーズテレビジョン(テレビ番組の制作、配給、フォーマット販売など)、ソニー・ピクチャーズスタジオ(映画・テレビ番組の制作施設運営)などの部門に分かれています。

SPEの映画部門は世界興収11億ドルを突破した『007/スカイフォール』などのヒット作を放った影響で、2012年の北米市場シェアはメジャー6社中トップを記録。不振が続くエレクトロニクス部門を支援する役割も果たしてきました。しかし、近年はそのシェアも低下。2016年のシェアは5位で8%と低迷しています。

ソニーとってはエレキが本業本筋であり、SPEなどのエンタメ部門は副次的事業として捉え、特に日本国内ではこれを重要視しない向きもあります。SPEの売却は短期的にソニーへ利益をもたらし、このような見方をする株主・経営陣を満足させそうですが、エンタメ企業としての「SONY」の名はスクリーンやテレビ画面を通じてアメリカのみならず世界で30年近くかけて根ざしてきたもの。映画ビジネスからの撤退は、時に「本業」を支えてきた機能の一つを失うというだけでなく、中・長期的には「SONY」ブランドの求心力低下に繋がり、逆にネガティブな事態を導くことになるかもしれません。

なお、これまでダニエル・クレイグ主演の007シリーズ4作をMGMと共同製作・配給してきたソニー・ピクチャーズは『007/スペクター』後も次回作への意欲を示してきましたが、先日退任を表明したマイケル・リントン会長の後任者が未定になっており、売却の可能性で会社自体が揺れ動くとすれば、MGMとの交渉中断や断念もあり得そうです。

『007/スペクター』ブルーレイ&DVD 日本発売日は4月6日

20世紀フォックスホームエンターテイメントは2016年2月5日、映画『007/スペクター』のブルーレイ&DVDの国内発売日を4月6日と発表しました。ネット配信は3月22日からとなっています。

Amazon.co.jp では同サイト限定商品として、DVD特典ディスクが付いたスチールブック仕様のブルーレイを3000セット限定で販売するようです。

『007/スペクター』 世界興行収入が1千億円を突破

ソニー・ピクチャーズの公式発表(2015年12月21日付)によると、映画007シリーズ最新第24作『007/スペクター』の世界興行収入は先週末までの累計で8億3610万ドル、日本円(1ドル121円換算)で1000億円を超える額となりました。

地域別では、北米がこれまでのところ1億9390万ドル(234億6190万円)、イギリスは1億4290万ドル(172億9090万円)。公開3週目の週末を終えた日本国内の興収は約19億1633万円となっています。

『007/スペクター』興収 国内で初登場第1位

The Hollywood Reporter(2015年12月7日付)によると、日本で12月4日ロードショーとなった『007/スペクター』が週末ランキングで初登場第1位となりました。

全国583スクリーンで上映された第1週末(12月5日・6日)の興収は3億6000万円。11月の先行上映3日間分をあわせた12月6日までの累計額は8億5500万円。

Box Office Mojo が12月7日の時点で表示している12月6日までの『007/スペクター』世界興収額は約7億9200万ドル(北米分は推計値、海外分は日本を除外)。間もなく世界興収は8億ドルを突破する模様です。