タグ別アーカイブ: 監督候補

『Bond 25』脚本をジョン・ホッジが執筆中

Deadline(2018年2月21日付)によると、ダニー・ボイルと手を組んだジョン・ホッジは、007シリーズ次回作『Bond 25』の脚本を書いている最中のようです。

ダニー・ボイルは『Bond 25』監督の有力候補者として昨日報道されましたが、ボイルは007映画用に特定のアイディアを温めており、『トレインスポッティング』などボイル監督作品の多くで脚本を担当してきたジョン・ホッジがそれに基づいた脚本を執筆中とのことです。

MGMとイオン・プロダクションは、完成したホッジ脚本の出来が良ければ採用し、ダニー・ボイルを監督に据えたいと考えているとのこと。ホッジ脚本が不採用となれば、ボイル本人も監督を手がける意志はないそうです。

この場合、MGM /イオン側はニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドが先に執筆した脚本を採用し、ヤン・ドマンジュ、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、デヴィッド・マッケンジーなど別の候補者に監督を依頼する計画があるそうです。

ホッジの脚本は完成するまであと数ヶ月を要する模様で、報道通りに進めば、それまでは監督不在の期間が続くことになりそうです。

『Bond 25』監督の有力候補にダニー・ボイル

Variety(2018年2月20日付)によると、007シリーズ次回作『Bond 25』の監督候補として、ダニー・ボイルが検討されているそうです。

これまで、新鋭ヤン・ドマンジュが最有力候補者だったようですが、MGMやイオン・プロダクションはより著名な監督を求める方針に舵を切った模様。

ボイルは候補者リストの上位にいるとのことですが、今のところオファーはされていないそうです。

なお、同紙はダニー・ボイルが『Bond 25』に強い関心を抱いており常に007映画の監督就任を望んでいたと紹介していますが、『007/スカイフォール』(2012)公開後に当人は、大作である007映画の監督には興味がない旨を発言しています。

ダニー・ボイルは2012年のロンドン・オリンピック開会式の演出を担当。ジェームズ・ボンドをダニエル・クレイグが演じ、エリザベス女王は本人が登場。『007/私を愛したスパイ』風のパラシュート降下を披露し観衆を沸かせました。

クリストファー・ノーラン 『Bond 25』監督就任の噂を否定

Daily Mail Online(PA、2018年2月18日付)によると、クリストファー・ノーランは、007シリーズ次回作『Bond 25』を自身が監督するとの噂を否定したようです。

クリストファー・ノーランは2月18日11時15分(ロンドン時間)から放送予定の BBC Radio 4 の番組『Desert Island Discs』に出演。この番組では、もし無人島に行くなら持ち込みたい音楽などをゲストに尋ねていますが、ノーランは『女王陛下の007』のサウンドトラックなどを挙げたようです。

話題が2019年公開予定の『Bond 25』の監督に及ぶと、ノーランは「自分じゃない、全く違う」と否定。プロデューサーのバーバラ・ブロッコリやマイケル・G・ウィルソン、それにサム・メンデス監督は素晴らしい仕事をしている、と評価した上で、自分は特に必要とされている訳ではない、とコメント。しかし、007シリーズからは常にインスピレーションを受けており、いつの日かぜひ監督したい、と語ったようです。

クリストファー・ノーランはこれまでに007プロデューサーらと複数回面談していることを公言。昨年から彼が『Bond 25』を監督するとの噂が度々流れており、ファンの間では、アカデミー賞の会員投票締切り後か受賞式前後のタイミングで、ノーラン起用の発表があるのではと期待する向きがあります。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『Bond 26』の監督をやりたい

Screen Crush(2017年12月28日付)はドゥニ・ヴィルヌーヴ監督とのインタビュー記事を掲載しています。

007映画次回作『Bond 25』の監督候補で、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリやダニエル・クレイグとも話し合っていたことを認めているヴィルヌーヴ。映画『Dune』の契約を済ませており、これが『Bond 25』の監督就任を阻む要因となっていることをこれまでにも明かしています。

ヴィルヌーヴはタイミングの問題があることを今回改めて強調。既にヴィルヌーヴはブロッコリに対し、『Bond 25』はやりたいが先約がある、と返答済みなのだそうです。

『ブレードランナー 2049』を引き受ける際も、先に『メッセージ』を完成させることが条件だったとコメント。007映画の監督はやりたいが、一旦取り組み始めた作品には、後戻りせず完全にコミットするのが自分の流儀だと語りました。

なお、『Bond 25』に続く『Bond 26』の監督ならどうかと尋ねられたヴィルヌーヴは、「ぜひ」と返答しています。

クリストファー・ノーランに『Bond 25』と『Bond 26』の噂

Reddit(2017年12月7日付)に、007シリーズ次回作『Bond 25』とそれに続く『Bond 26』に関する興味深い噂が投稿されています。

ニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドの書いた『Bond 25』脚本はダニエル・クレイグの最後に相応しいもので、ヤン・ドマンジュの監督する公算が高いと見られていたようですが、契約はせず数ヶ月に渡って保留状態に。その間もイオン・プロダクションはドゥニ・ヴィルヌーヴなど複数の監督候補者の検討を続けているようです。

そこへクリストファー・ノーランが参上し、独自アイディアを披露。イオン側はこれを気に入ったようで、古い脚本を破棄する可能性があるとのこと。ノーランは『Bond 25』に何らかの形で関与し、『Bond 26』で監督として参加するかもしれないとのことで、基本的にイオンは様々な可能性を模索中の段階にあるそうです。

また『Bond 25』完成後には、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンが引退し、イオン・プロダクションが保有する007シリーズの権利を売り渡す可能性が高いことも指摘しています。

このRedditユーザーは、ヤン・ドマンジュが『Bond 25』監督候補者になっていることを、映画業界サイトが報じる1年前に指摘済み。自身は英国映画界とのコネクションがあることを示唆していますが、真偽の程は定かではありません。

007次回作『Bond 25』の監督にクリストファー・ノーラン?

スペインのファン・サイト Archivo 007(2017年12月2日付)は、007シリーズ次回作『Bond 25』監督に、クリストファー・ノーランの起用される可能性が高いと指摘しています。

同サイトは、米英の異なる筋から得た情報として、ノーランが『Bond 25』の作業を開始しており、公式発表の時期は2018年1月か2月頃になりそうだと伝えています。

このサイトは先月にも、複数のノーラン作品でスタント・コーディネーターを務めてきたトム・ストラザーズが、『Bond 25』に登用される可能性の高いことを報じていました。

007ファンで知られるクリストファー・ノーランは、007プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンやバーバラ・ブロッコリらと、数年間に渡って007映画監督就任の協議をしていたことを認めており、話し合いは少なくとも『007/スカイフォール』制作前から始まっていた模様です。

以前からノーランには、新しい俳優を使って007映画をやりたいとの希望があるとされていますが、『Bond 25』ではダニエル・クレイグの続投が既に決定済み。ノーランが心を変えて、クレイグ=ボンド作品の監督を手がけることにしたのか、その去就が注目されます。

『Bond 25』監督は2018年頭までに決定か

RTÉ(2017年11月16日付)は、イオン・プロダクションのプロデューサー、バーバラ・ブロッコリとのインタビューを掲載しています。

007次回作『Bond 25』制作準備の進行具合を問われたブロッコリ。最重要課題がダニエル・クレイグを戻すことだったとし、これについては満足気。そして、現在は脚本の作業中で、決定事項は少なく、監督も未だ決めていないことを明かしました。しかし、2018年頭までには、諸々の主要事項を決めたいとの希望を語っています。

また、ブロッコリが制作を手がけるスパイ映画『The Rhythm Section』は11月からアイルランドで撮影中。007映画を同国で撮影する可能性を尋ねられると、アイルランドのスタッフや風景は素晴らしいと評価。次回作での可能性は明言しなかったものの、将来また戻ってきたいと、答えています。

ポール・マクギガンは『Bond 25』を監督せず 制作側と意見の相違か

The Scotsman(2017年11月14日付)によると、ポール・マクギガンが『Bond 25』を監督しない理由には、意見の相違があったのかもしれません。

同紙はバーバラ・ブロッコリがプロデュースを手掛ける映画『Film Stars Don’t Die In Liverpool』で監督を務めたマクギガンにインタビュー。

ポール・マクギガンは『007/カジノ・ロワイヤル』の頃から、007映画監督就任の可能性をブロッコリと話し続けていたことを明かしていますが、『Bond 25』でも彼女と話をしたようです。

しかし、この次回作『Bond 25』はやらない、とマクギガンは明言。その理由についてマクギガンは、自分や制作陣が望んでいない為ではなく、彼らが違う所にいるからだ、とコメント。マクギガンとプロデューサーらとの間で、意見の相違が生じた可能性があるようです。

ただし、マクギガンは以前のインタビューで、007映画の監督は「夢」と語っており、将来の作品で監督に就任するのかもしれません。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ 007映画の監督就任は「タイミングの問題」

The Playlist(2017年11月9日付)は、ドゥニ・ヴィルヌーヴとのインタビューを掲載しています。

ヴィルヌーヴ監督は現在、映画『Dune』の脚本に取り掛かっているところで、多忙とのこと。007映画次回作『Bond 25』の監督候補となっていることに話題が及ぶと、ダニエル・クレイグとはぜひ仕事をやりたいし、007映画の監督ができればうれしいとコメント。そして「これはタイミングの問題だと思う」とも語りました。

ドゥニ・ヴィルヌーヴは今年7月の報道で、ヤン・ドマンジュ、デヴィッド・マッケンジーらと共に『Bond 25』監督の有力候補者として伝えられました。その後、ダニエル・クレイグがヴィルヌーヴ推しであることも報じられましたが、ヴィルヌーヴは『Dune』の撮影を控えており、スケジュール的な問題を抱えているとされていました。

MGMとイオン・プロダクションは『Bond 25』の北米公開日を2019年11月8日と決定済みですが、クレイグの願いを叶えてヴィルヌーヴを同作の監督に就任させるためには、公開日を延期する必要がありそうです。

『Bond 25』監督候補のポール・マクギガン 『007/カジノ・ロワイヤル』でも最終候補者だった

The Sunday Times(2017年11月5日付)はポール・マクギガン監督とのインタビューを掲載しています。

イオン・プロダクションのバーバラ・ブロッコリがプロデュースする映画『Film Stars Don’t Die in Liverpool』で監督を務めたポール・マクギガン。マクギガンは同作での仕事が高評価された様子で、007シリーズ次回作『Bond 25』の監督候補に。

「007映画を是非やりたい」と語るマクギガン。『007/カジノ・ロワイヤル』監督の選考では、最後まで残った二人のうちの一人だったそうです。その後の007映画でも毎作ブロッコリと話をしていたものの、スケジュールの都合で監督就任はできなかったとのこと。

『Bond 25』の監督について興味があるかを尋ねられたポール・マクギガンは、夢はまだ諦めていない、と語っています。