タグ別アーカイブ: 脚本家

『Bond 25』 2018年秋以降に撮影か、ダニエル・クレイグの進退は不明

Daily Mail Online(2017年3月10日付)が映画007シリーズ次回作『Bond 25』 に関する様々な情報を伝えています。

まず、『Bond 25』のクランクインは早くても2018年秋。従って、公開時期は2019年秋かそれ以降となりそうです。

主人公ジェームズ・ボンド役は今も未定。プロデューサーのバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンはダニエル・クレイグの続投を希望していますが、クレイグはまだ態度を明らかにしていないのだそう。ただし、続投には前向きな姿勢のようです。また、続投するとしても『Bond 25』がクレイグの最終作となる模様です。

バーバラ・ブロッコリは自身がプロデュースしたロンドンの舞台『Strangers On A Train』に出演の英国俳優ジャック・ヒューストンを気に入っているとのことで、クレイグが降りた後の7代目ボンドとして検討している模様。同時に黒人俳優の起用も非常に興味を抱いているそうですが、肌の色は実際のところ関係なく、彼女が求めているのは優れた俳優だとのこと。

また、007シリーズ常連のニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドに『Bond 25』脚本のオファーが出たそうです。前作『007/スペクター』ではリライトに回った二人ですが、次回作を引き受ければ再びメインの脚本家となるようです。

なお、これらのニュースを伝えているのは過去に正確な独占スクープを数々放ってきたバズ・バミグボウイ記者。今回の情報も信憑性は極めて高いと思われます。

サム・メンデス 『007/スペクター』脚本家ジェズ・バターワース作『The Ferryman』を演出へ

The Royal Court Theatre は2016年10月31日、『007/スペクター』のサム・メンデス監督がジェズ・バターワース作の舞台『The Ferryman』の演出を手掛けると発表しました。

『The Ferryman』の時代設定は1981年。収穫期を控えたイギリス・デリーの農村に余所者が現れたことから巻き起こる騒動を描くようです。劇場はロンドンの Jerwood Theatre Downstairs で、上演期間は2017年4月24日から5月20日まで。座席予約(一般向け)は11月4日から。

バターワースは『007/スペクター』脚本家の一人。『007/スカイフォール』でもクレジットはされていませんが、脚本修正に参加しました。


11/1 追記:イオン・プロダクションの007プロデューサー、バーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンの両名も Jerwood Theatre Downstairs での劇をプロデュースします。タイトルは『The Kid Stays in the Picture』。ハリウッドのプロデューサー、ロバート・エヴァンズの生涯を描くストーリーで、演出はサイモン・マクバーニー。上演は2017年3月7日から4月8日まで。

ポール・ハギス ブラック・ボンドを待望

Screen International(2016年9月9日付)によると、脚本家ポール・ハギスはジェームズ・ボンド役に黒人俳優を希望しているようです。

『007/カジノ・ロワイヤル』と『007/慰めの報酬』の脚本を担当したポール・ハギスは、現在開催されているトロント国際映画祭のイベント『Script to Screen Summit』に出席、「自分はブラック・ボンド推しだ」と語りました。

ポール・ハギスは、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリについて、ブロンドのダニエル・クレイグをボンドに選ぶ勇気があったとし、彼女ならやってくれるかもしれない、と考えているようです。

なお、今のハギスには、制作側との接点がもう無いとのことです。

ニコラス・ウィンディング・レフン監督のスパイ映画『The Avenging Silence』 脚本はニール・パーヴィス&ロバート・ウェイド

The Telegraph(2016年7月2日付)によると、ニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドは、ニコラス・ウィンディング・レフン監督の映画『The Avenging Silence』の脚本を担当しているようです。

同紙とのインタビューに応じたレフン監督は、映画007シリーズ6作に参加しているパーヴィスとウェイドの二人が、監督と共同で『The Avenging Silence』の脚本を書いたと語りました。

本作は東京が舞台のスパイ映画。007シリーズのファンで、『007/スペクター』の監督として検討されていたレフン。007映画でメガホンをとる機会は逃しましたが、『The Avenging Silence』は彼流の「ボンド映画」になりそうです。

レフン監督は以前、『The Avenging Silence』は『007/カジノ・ロワイヤル』のマッツ・ミケルセン主演で構想していることを明かしており、このインタビューでもミケルセンが出演するのかと尋ねられましたが、「話せない」と返答し明言を避けました。また、撮影時期も未定の模様です。

ポール・ハギス 007シリーズへの復帰を希望

The Hollywood Reporter(2016年6月10日付)によると、脚本家のポール・ハギスは再び007映画を手がけたいと考えているようです。

『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)と、続く『007/慰めの報酬』(2008)の2作で脚本を担当したポール・ハギスは同誌とのインタビューに応じ、かなりの自由裁量を与えられた『007/カジノ・ロワイヤル』での経験は非常に素晴らしいものだったことをコメント。ハギスの書いた台本をマーティン・キャンベル監督は変更しなかったとのことで、これは作家冥利に尽きるとし、キャンベル監督を高く評価しました。一方、『007/慰めの報酬』では脚本家協会のストライキが発生した為にその後の制作に関与できなかったことや、マーク・フォースター監督がリライトを決めたことについて、不満気です。

もう一度007映画をやりたいかとの問いには、「もちろん」と返答。ただし、今の007シリーズは良いライター達を抱えているとし、ハギスは自分の出る幕ではないと考えているようです。

『007/スカイフォール』 ピーター・モーガン版のあらすじが明らかに

Digital Spy(2015年11月19日付)は、10月にイギリスで出版された映画007シリーズの解説本『Some Kind of Hero: The Remarkable Story of the James Bond Films』から、ピーター・モーガン版の『007/スカイフォール』あらすじを紹介しています。

シリーズ第23作『007/スカイフォール』(2012)で当初、脚本家として加わっていたのがピーター・モーガン。彼の作り上げたトリートメント(あらすじ)の題名は『Once Upon a Spy』で、冷戦時代からスタート。ジュディ・デンチの演じる「M」はその頃MI6のエージェントとしてベルリンに駐在しており、KGBエージェントと男女の関係に。男が亡くなって30年後、息子がMを脅迫。Mは解決のためジェームズ・ボンドを送り込みますが、最後にはボンドがMを殺す事態へと発展するそうです。

しかしモーガンのあらすじは『007/スカイフォール』のサム・メンデス監督やプロデューサーらによって却下。モーガンは『007/スカイフォール』の脚本家を降りることになりましたが、『007/スカイフォール』ではシルヴァがMを「mother」と呼ぶシーンもあり、完成版にはモーガンの影響が色濃く残ったと言えそうです。

なお、モーガン後は007シリーズ常連コンビのニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドが新たに脚本を執筆。最初の草稿『Nothing is Forever』では、バルセロナの地下鉄が爆破されるという設定だったとのことです。

ジェズ・バターワース 『007/スペクター』脚本家としてクレジットに

Sony Pictures(2015年8月13日付)からの情報では、『007/スペクター』脚本家として、新たにジェズ・バターワースの名がクレジットに加えられています。

当初、『007/スペクター』の脚本に取り掛かっていたのは『007/スカイフォール』で007シリーズに初参加したジョン・ローガンのみ。2013年の公式発表ではローガンの名前しか載っておらず、シリーズ第19作『ワールド・イズ・ノット・イナフ』からの常連組であるニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドは『007/スペクター』には参加しないことを公言していました。しかし、2014年6月の Daily Mail は、ローガン作の脚本にユーモアなどを盛り込んで大幅な修正をするため、パーヴィス&ウェイドが呼ばれたと報道。そして2014年12月の制作発表時のプレスリリースには、ローガンに加えてニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドの名も加えられました。

さらに、The New Yorker(2014年11月)は『Mojo』、『The River』などで知られるイギリスの劇作家ジェズ・バターワースが前作『007/スカイフォール』に続いて『Bond 24』(『007/スペクター』)の脚本修正作業に加わったことを伝えており、『007/スカイフォール』ではクレジットされていませんでしたが、今回は脚本家の一人として正式に名を連ねることに。

これにより、『007/スペクター』脚本家は、ジョン・ローガン、ニール・パーヴィス&ロバート・ウェイド、ジェズ・バターワースの4人となります。

『007/スペクター』 ボンド役ダニエル・クレイグが脚本を修正か

Daily Mail Online(2015年6月19日付)は、『007/スペクター』の脚本を、主人公ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグがリライトしていると伝えています。

シリーズ最新第24作『007/スペクター』脚本は『007/スカイフォール』のジョン・ローガンが単独で手がける予定でしたが、途中からサム・メンデス監督たっての願いで007シリーズ5作品を手がけたニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドのベテラン・コンビが再登板し、ローガン単独版の脚本を修正したといわれています。

しかしその後も脚本がうまくまとまらなかった様子で、2014年12月に本撮影が開始された後も、ダニエル・クレイグ自ら修正作業をしているとのことです。

なお、クレイグは、『007/慰めの報酬』(2008)制作時にも、脚本家組合ストライキの為、マーク・フォースター監督と共に脚本のリライトを行っています。

『007/スペクター』は現在も撮影が継続しており、今週末にはロンドン・テムズ川周辺で再びロケ予定でモロッコ・ロケも控えています。『007/スペクター』の世界公開日は2015年11月6日、日本公開は12月4日です。

『Bond 24』 ジェズ・バターワースが脚本リライトに参加

The New Yorker(11月10日号)によると、イギリスの劇作家で、映画の脚本や監督も手がけているジェズ・バターワースが『Bond 24』(『ボンド24』)の脚本修正作業に加わっているようです。

『Mojo』などで知られるジェズ・バターワースは9月に『Bond 24』監督のサム・メンデスやボンド役ダニエル・クレイグと共にパインウッド・スタジオでのミーティングに出席。ジョン・ローガンの脚本に「ひねり」を加えているそうです。

バターワースはクレジットされていないものの、前作『007/スカイフォール』でもリライトに加わっていたとのことです。

『Bond 24』 撮影開始は11月下旬か12月上旬

Mail Online(8月1日付)によると、ニール・パーヴィスとロバート・ウェイドが担当していた『Bond 24』(『ボンド24』)の脚本修正作業が完了、11月下旬から12月上旬にかけて撮影が始まる見通しのようです。

当初はジョン・ローガンが単独で『Bond 24』の脚本を担当していましたが、サム・メンデス監督の強い希望でニール・パーヴィスとロバート・ウェイドが呼び戻されることに。二人はローガンの脚本にユーモアを増やすだけではなく、大掛かりな修正を加えたようです。

出演者はボンド役ダニエル・クレイグの他に、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベン・ウィショーら『007/スカイフォール』のキャストが続投。ボンド・ガールはまだ決定していないとのことです。

映画007シリーズ第24弾『Bond 24』は2015年10月23日イギリス公開、11月6日アメリカ公開予定です。