タグ別アーカイブ: 興行成績

『007/スペクター』北米興収が2億ドル突破 世界興収は8億8千万ドルに

The Wall Street Journal(2016年3月21日付)と Box Office Mojo によると、映画007シリーズ最新第24作『007/スペクター』の北米興収の累計額が先週末に2億ドルを突破、これによって世界興収累計は8億8千万ドルを超えました。

北米市場で2億ドルを突破したのは11月6日の公開から135日目となる3月19日のようです。ちなみに、前作『007/スカイフォール』は公開日から15日目で2億ドルを突破し、最終興収は3億ドル以上を記録。世界合計額は11億ドル以上となっています。

『007/スペクター』 世界興行収入が1千億円を突破

ソニー・ピクチャーズの公式発表(2015年12月21日付)によると、映画007シリーズ最新第24作『007/スペクター』の世界興行収入は先週末までの累計で8億3610万ドル、日本円(1ドル121円換算)で1000億円を超える額となりました。

地域別では、北米がこれまでのところ1億9390万ドル(234億6190万円)、イギリスは1億4290万ドル(172億9090万円)。公開3週目の週末を終えた日本国内の興収は約19億1633万円となっています。

『007/スペクター』興収 国内で初登場第1位

The Hollywood Reporter(2015年12月7日付)によると、日本で12月4日ロードショーとなった『007/スペクター』が週末ランキングで初登場第1位となりました。

全国583スクリーンで上映された第1週末(12月5日・6日)の興収は3億6000万円。11月の先行上映3日間分をあわせた12月6日までの累計額は8億5500万円。

Box Office Mojo が12月7日の時点で表示している12月6日までの『007/スペクター』世界興収額は約7億9200万ドル(北米分は推計値、海外分は日本を除外)。間もなく世界興収は8億ドルを突破する模様です。

『007/スペクター』興収 2週連続で全米1位

ソニー・ピクチャーズの発表(2015年11月16日付)によると、映画007シリーズ最新作『007/スペクター』興行収入は、アメリカと海外市場で好成績を収めています。

『007/スペクター』はアメリカで11月6日にリリース。公開第1週に続き、第2週も全米1位の座を獲得。11月16日の発表時点で累計興収は1億3070万ドルとなりました。また、海外では3週連続で週末トップの成績を収めており、累計の興収が4億1310万ドル。北米及び海外市場の合計額では5億4380万ドルとなっています。

『007/スペクター』がイギリスで2015年最大のヒット映画に 公開2週間で

The Hollywood Reporter(2015年11月11日付)によると、映画007シリーズ最新作『007/スペクター』がイギリスで今年最大のヒット作となったようです。

『007/スペクター』は本国のイギリスで10月26日にリリースされ、11月8日まで(2週間)の累計興行収入は9690万ドルに。公開日から15日目となる11月9日には、それまで今年最高の興収額を記録していた『ジュラシック・ワールド』の9730万ドルを突破した模様です。

なお、前作『007/スカイフォール』(2012)は2週間の累計興収が9390万ドルでしたが、最終の興収額は1億5600万ドルを記録して、イギリスの映画史上最大のヒット作に。『007/スペクター』はこの記録を塗り替えるのか注目されています。

『007/スペクター』興収 全米1位で初登場

The Hollywood Reporter(2015年11月8日付)によると、映画007シリーズ最新第24作『007/スペクター』の北米興行収入が初登場でNo.1となりました。

『007/スペクター』は11月6日(金)にアメリカとカナダでリリース。初週(5日夜の先行上映分と6日・7日・8日の週末3日間)の興収は7300万ドル(発表の時点で集計が完了していない為、予測値)となりました。このオープニング週末興収は、前作『007/スカイフォール』(2012)の8840万ドルに続くシリーズ歴代第2位の成績。なお、『007/スカイフォール』封切り時は競合する大作映画がなかった為、『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』と同日公開の『007/スペクター』の興収額は順当なものと見られています。

また、海外市場(アメリカとカナダ以外)では、10月26日のイギリスを皮切りに76カ国/地域で公開が始まっており、全域で週末興収トップを記録。現時点での世界興収合計は3億ドルに到達しました。

『007/スペクター』 北米で公開始まる

映画007シリーズ最新第24作『007/スペクター』が2015年11月6日金曜日、アメリカとカナダで公開されました。

The Hollywood Reporter(11月6日付)によると、上映スクリーン数は007シリーズ最多の3,972。前日夜7時に開始されたプレビューの興収は、525万ドル。世界興収11億ドルを記録した前作『007/スカイフォール』のプレビュー成績460万ドルを上回りました。

オープニング週末興収額はライバル作品の影響があり、ソニー・ピクチャーズ側では『007/スカイフォール』が記録した8840万ドルよりも低い、6000万ドルから6500万ドルと見積もっていました。しかし、6日金曜日の成績が好調な為、最高で8000万ドルに到達する可能性があるようです。

『007/スペクター』はイギリスで10月26日に世界初公開。以降、各国で順次上映が始まっており、日本では11月27日・28日・29日に先行上映の予定です。

『007/スペクター』 イギリスで記録破りの大ヒット中

Deadline(2015年11月1日付)によると、イギリスで公開中の『007/スペクター』が記録破りの快進撃を続けています。

『007/スペクター』はイギリス本国とアイルランドで10月26日(月)夜にリリース。オープニング(最初の7日間)興収が4170万ポンド(6380万ドル)と、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004)の2388万ポンドを超えてイギリスの映画史上の最高記録を更新。通常の7日間興収としても、これまで最高だった『007/スカイフォール』(2012)に替わり、トップになりました。

また、週末3日間(金・土・日)の興収は2040万ポンド(3120万ドル)で、『007/スカイフォール』の2010万ポンド(3100万ドル)を超えました。

『007/スペクター』の上映劇場数は647館で、スクリーン数が2,500と、こちらもイギリスの映画史上最高記録となる拡大公開。さらに、IMAXシアターでは1スクリーンあたりの興収が11万ポンドと、イギリスのIMAXでオープニングの最高記録となっています。

『007/スペクター』興収 英国で前作を上回る滑り出し

Screen International(2015年10月28日付)によると、イギリスにおける『007/スペクター』の興行収入は前作『007/スカイフォール』を超える記録を出し、好調な滑り出しとなったようです。

『007/スペクター』のイギリス公開は10月26日(月)夜から。初の全日上映となった翌27日(火)は630万ポンド(920万ドル)の興収となり、火曜日の成績としては英国史上歴代トップの記録となりました。また、前作『007/スカイフォール』の初日(2012年10月26日金曜日)は620万ポンドで、これをさらに上回る成績です。

『007/スカイフォール』は全世界興収が11億ドルを突破し、ソニー・ピクチャーズ配給作品として歴代1位に。イギリスだけでも1億ポンド超となり、同国史上最高の興収成績記録を保持しています。

ダニエル・クレイグの『Betrayal』がブロードウェイ最高記録を樹立し閉幕

The Hollywood Reporter(1月6日付)によると、ダニエル・クレイグとレイチェル・ワイズが夫婦共演したブロードウェイの『Betrayal』が1月5日、閉幕しました。

公演は2013年10月から14週間の期間限定で、全体の興行収入は1750万ドル。また、12月末の1週間には1,442,086ドルを稼ぎ出し、非ミュージカルとしてはブロードウェイ史上最高の記録を残したようです。