タグ別アーカイブ: 訃報

ロジャー・ムーアに歴代ジェームズ・ボンド俳優が追悼メッセージ

89歳で死去した3代目ジェームズ・ボンド俳優のロジャー・ムーアへ、007シリーズ歴代のジェームズ・ボンド俳優5人が、それぞれ追悼のメッセージを贈っています。

ショーン・コネリー(初代ジェームズ・ボンド)
ロジャー逝去を聞いて非常に残念だ。我々はハリウッドにしては珍しく長い関係を続け、それはジョークと笑いに満ちていた。寂しくなる。

ジョージ・レーゼンビー(2代目ジェームズ・ボンド)
ロジャーは好きだった。誠実な男だった。本当にいい奴だったよ。

ティモシー・ダルトン(4代目ジェームズ・ボンド)
ロジャーは私にとって優しく寛大な男でした。非常に魅力的で成功を収めた俳優でした。私の思いはご家族と共にあります。

ピアース・ブロスナン(5代目ジェームズ・ボンド)
今朝貴方が亡くなったとの知らせを聞き、心が痛みます。セイントからジェームズ・ボンド……と、貴方は私の人生で大きな存在でした。貴方は素晴らしいジェームズ・ボンドで、私を導いてくれました。世界はこの先もずっと貴方とそのユニークなユーモアのセンスを懐かしく想うでしょう。ご家族とお子さんへお悔やみ申し上げます。

ダニエル・クレイグ(6代目ジェームズ・ボンド)
ノーバディ・ダズ・イット・ベター(*) 愛をこめてダニエル

(*『007/私を愛したスパイ』主題歌の題名で「あなたが最高」との意味)

ロジャー・ムーアさん死去 3代目ジェームズ・ボンド俳優

ロジャー・ムーア公式ツイッター・アカウントによると、3代目ジェームズ・ボンド俳優として知られるロジャー・ムーアさんが2017年5月23日、スイスで亡くなりました。89歳でした。ガンを患っていたとのことです。

ロジャー・ムーアさんは『007/死ぬのは奴らだ』(1973)、『007/黄金銃を持つ男』(1974)、『007/私を愛したスパイ』(1977)、『007/ムーンレイカー』(1979)、『007/ユア・アイズ・オンリー』(1981)、『007/オクトパシー』(1983)、『007/美しき獲物たち』(1985)の計7作に主人公ジェームズ・ボンド役で出演しました。

遺志により、プライベートな葬儀がモナコで行われます。

クリス・コーネルさん死去 『007/カジノ・ロワイヤル』主題歌アーティスト

The Telegraph(AP、2017年5月18日付)によると、アメリカの歌手クリス・コーネルさんが5月17日夜、デトロイトで亡くなりました。52歳でした。

クリス・コーネルさんはバンド「サウンドガーデン」や「オーディオスレイヴ」でヴォーカルを担当。2006年にソロ名義で映画『007/カジノ・ロワイヤル』の主題歌『You Know My Name』(『ユー・ノウ・マイ・ネーム』)を作曲家デヴィッド・アーノルドと共作し歌いました。


5/19 追記:BBC(5月18日付)によると、死因は自殺と特定されたようです。

『007/カジノ・ロワイヤル』のQ役 ジェフリー・ベイルドンさんが死去

BBC(2017年5月11日付)によると、英国俳優のジェフリー・ベイルドンさんが亡くなりました。93歳でした。

イギリスの映画やテレビなどで活躍したジェフリー・ベイルドンさんは1967年、007シリーズ番外編となるパロディ映画『007/カジノ・ロワイヤル』にQ役で出演。ピーター・セラーズ演じるイヴリン・トレンブル/ジェームズ・ボンドに秘密兵器の腕時計を渡すなどしていました。

ベイルドンさんの演じたQは「Q」印のティーカップで紅茶を飲んでおり、後に『007/スカイフォール』で登場した若いQ(ベン・ウィショー)も同様に「Q」のマグカップを使用しています。

ダリア・ラヴィさん死去 『007/カジノ・ロワイヤル』(1967)に出演

Variety(2017年5月4日付)によると、女優のダリア・ラヴィさんが5月3日、ノースカロライナ州の自宅で亡くなりました。74歳でした。

ダリア・ラヴィさんは1942年、イギリス統治下のパレスチナ生まれ。得意の語学を生かし、ドイツ、イタリア、フランス、スペインの映画に出演。

ハリウッドではスパイ・コメディ映画『サイレンサー/沈黙部隊』(1966)でディーン・マーチンと共演。続けて同様ジャンルの映画『ブルドッグ作戦』(1966)、『007/カジノ・ロワイヤル』(1967)に出演(デテイナー役)しました。

元横綱・佐田の山が死去 『007は二度死ぬ』に本人役で出演

NHK(2017年5月1日付)によると、元横綱「佐田の山」の市川晋松さんが、4月27日、東京の病院で肺炎のため亡くなりました。79歳でした。

佐田の山は日本が舞台となった映画『007は二度死ぬ』(1967)に登場。国技館にやってきたショーン・コネリー演じるジェームズ・ボンドに「チケット」を渡す役割で、007シリーズでは非常に珍しく本人役での出演を果たしました。

ペッパー保安官役のクリフトン・ジェームズ氏が死去 007シリーズ2作に出演

The Guardian(AP、2017年4月15日付)によると、アメリカの俳優クリフトン・ジェームズさんが4月15日、オレゴン州にある娘の自宅で亡くなりました。96歳でした。糖尿病を患っていたとのことです。

映画、テレビ、舞台で活躍していたクリフトン・ジェームズ氏ですが、はまり役は007シリーズ2作で演じたルイジアナ州のJ・W・ペッパー保安官。

ペッパー保安官は『007/死ぬのは奴らだ』(1973)で初登場。ジェームズ氏はロジャー・ムーア演じるジェームズ・ボンドに振り回される南部気質丸出しの保安官(シェリフ)を好演。続く『007/黄金銃を持つ男』(1974)でも旅先のタイでボンドに遭遇、危険な目に遭わされていました。象がペッパーを川へ突き落とすシーンは当初意図していたものではなく、ハプニングだったようです。

ジェームズ氏のペッパー保安官役は好評で、『大陸横断超特急』(1976)、『スーパーマン II/冒険篇』(1980)やテレビ・シリーズ『特攻野郎Aチーム』など、複数の作品で保安官を演じました。

ティム・ピゴット=スミス氏が亡くなる 『007/慰めの報酬』外務大臣役

BBC(2017年4月7日付)によると、英国俳優のティム・ピゴット=スミス氏が4月7日、亡くなりました。70歳でした。

ティム・ピゴット=スミス氏は『007/慰めの報酬』(2008)に外務大臣役で出演。007のパロディ映画『ジョニー・イングリッシュ』(2003)ではMI7トップとして登場。その他、日本でも放映されたテレビ・ドラマ『ダウントン・アビー』(2012)にも出演していました。

英国俳優アレック・マッコーエンさん死去 『ネバーセイ・ネバーアゲイン』のQ役

Daily Mail Online(AP、2017年2月8日付)によると、イギリスの俳優アレック・マッコーエンさんが2月6日、ロンドンの自宅で亡くなりました。91歳でした。

アレック・マッコーエンさんは1925年5月26日、ロンドン近郊の生まれ。俳優として主に舞台で活躍しましたが、映画やテレビにも数多く出演。007映画『ネバーセイ・ネバーアゲイン』(1983)では、不良品の万年筆型秘密兵器をジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)に渡すアルジャーノン(Q)役を演じました。

英国俳優バート・クウォーク氏が死去 007映画3作に出演

BBC(2016年5月24日付)によると、英国俳優のバート・クウォーク氏が亡くなりました。85歳でした。

バート・クウォーク氏は1930年7月18日、イギリス・マンチェスターで誕生。幼少の一時期を上海で過ごした後、再びイギリスへ戻って生活。主な映画出演作には、ケイトー役を演じた『ピンク・パンサー』シリーズなどがあります。

007映画には3作に出演。『007/ゴールドフィンガー』(1964)、『007は二度死ぬ』(1967)、『007/カジノ・ロワイヤル』(1967)でそれぞれ異なる役を演じました。クウォーク氏は後に振り返り、007映画はセットや予算など、とにかく全てが大掛かりでとても楽しい、と語っていたとのことです。